恋愛・夫婦の心理学

全力で好きになっても、パートナーとの溝ができる理由 その1

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は大阪・江坂のミスタードーナツのコーヒー飲みながらブログを書いてます(笑)

ここは僕がカウンセラーを目指して学んでいたときからの「たまり場」だったんですよね。だから来るたびに、なんだか落ち着きますね。

***

さて今日のコラムは昨日からの続きですけれど。

ただですね・・・。

今日、大阪面談カウンセリングにお越しいただいたクライエント様とお約束しちゃったので、途中から「今日のカウンセリング忘備録」的なコラムに変化します。

ということで、途中からいきなり話の方向性が変わるように書いていきますが・・・よろしければお付き合いください。

 


それでは昨日のコラムからの続き。

「ある心の状態」が強くあればあるほど、パートナーシップは亀裂が入りやすいんですよ、という話の続きです。

じゃ、それってなんだ?という部分ですが。

一言で言えば、「罪悪感」ですね。

あれ?期待はずれでした???(笑)

でも、罪悪感と聞いて「私が悪いって言うの?」と思えば思うほど素直になれなかったり、つい突っかかってしまう・・・というシンプルな話だけをここで書きたいわけじゃありません。

どんな形にしても

あなたが「本当は相手のことを思っている」のに、「あなたの気持ちと言動が一致しない」から、パートナーシップがうまくいかない・・・ってことも起きえること。

そのパターンは意外と数多く存在しますよ、というお話。

その話を今日は一つ書いていこうと思います。

***

で、ここからが今日の忘備録ですよ~OKですか?(笑)

とかく「罪悪感」って感情はいろんな感情を刺激しますよ。

例えば「不安や怖れ」・・・怖いから素直になれないとか、パートナーに遠慮してしまうとか。

例えば「正しさ」・・・間違ってる?という思いに反発するように、今の私の愛し方にどこかこだわってしまうこともあるでしょうし。

その中でも、特に今日の忘備録として書いておきたいこと・・・

それは「好きになったら全力で」愛する女性がめちゃめちゃ陥りやすい罠でもあり、あなたが相手に好きになってほしいと思うからこそしてしまう罠でもあるのですが。

この続きは今日の20時に。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...