MENU
恋愛と男性心理

あれだけ優しかった夫(彼)が豹変しちゃいました・・・その時まず私にできることは? その2

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。


今日もあえて「短く」に書きますが、ぜひじっくり読んでみてください。

それではよろしければお付き合いください。
 


「あれだけ優しかった夫(彼)が豹変しちゃいました・・・

彼は今、どうなってしまって、一体何を感じているんでしょうか?」

そんなご相談をお受けするケースについて。

そんな男性の表面的に見てすぐわかるのは「怒り」ですよね。

ものすごく怒っているのでしょう。

が、その怒りがその男性のすべての感情か?と言いますと、きっとそうではありません。

もちろん今はきっと表面化しないので、見えないかもしれませんが。

さて、今までとても優しかった夫(彼)が、急に豹変する、ということは、その男性の中で「何かしらの理由があって抑圧していた感情」があったということを暗に示唆している、と僕は思うんです。

そして、その抑圧している感情をあなたの前で表現すること、開放することを、その男性は嫌い、拒んでいた。

それはその男性の中にある、怒り、不満、無力感、罪悪感・・・いろんなものがあったのかもしれないですね。

しかしその男性が自ら抑圧し続けてきた感情を、ついに耐えきれず表面化させたとすれば。

その男性が優しい人、どこか平和主義であればあるほど、「感情を表面化させてしまったこと自体」に「強い罪の意識」を持ったり、強い「自己嫌悪」を感じることもあるんですよね。

「あぁ・・・ついにやってしまった・・・あれだけ耐えていたのに。もうこんな俺はダメ人間だ・・・」

男性が、そう感じてしまう度合いだけ、きっとあなたの前で悪い態度や素直ではない態度、時にはあなたや彼自身を傷つけるような言動を取るかもしれません。

どこか自己破壊的な衝動にかられる感じでね。

そもそも生真面目な方ほど、物事筋を通したい人、家族や仲間を大切にする人ほど、そうなる傾向があるな、と僕は思います。

俺は、誰も傷つけたくない。

なのに、大切な人を傷つけてしまった。

今まで自分の気持ちをw我慢していたのに我慢できず爆発してしまった・・・。

この罪の意識が、その男性を豹変させていること、少なくないと僕は思いますよ。

だから、あなたがその男性の態度を一方的に責めれば、彼はより自分の罪悪感を強めるでしょうし。

その男性を心配し、オロオロすれば、それはそれで「俺のせいで君はそうなっている・・・」と彼の罪の意識は増えるかもしれません。

そうなると余計に二人の関係に溝ができるかもしれないですよね。

ということは、まずあなたが落ち着くことを目指してみてもいいかもしれないですね、こういったケースでは。

そんなご提案を僕からさせていただく事って少なくないんです。

彼もあなたも、ボカーンと爆発した感情を扱いきれていないと、あんまりいい方向には行かないし、焦るし、良かれと思ってお互いに自分を傷つけるし・・・。

あなたが本当にもう一度、パートナーシップを紡ぎ直す、とお考えなら、僕からのご提案は

「あなたの気持ちを落ち着けましょう」

「今、一体何が起きているのか?を客観的に知りましょう」

「何が良くて何が悪い・・・という発想をこれ以上強めないでおきましょう」

そしてなにより

「不安を動機にして行動しないこと」

相手を誤解したまま行動すれば、必ずと行っていいほど、あなたも相手に更に誤解されますから、関係性は良くなるどころか硬直しますしね。

あなたはパートナーとして、きっとその男性のことをよくご存知のはずです。

しかし、人は緊張すると周りが見えなくなるように。

あなたのココロが緊張し、余裕を失うと、本来見えているものが見えなくなってしまうこともあります。

こんな時こそ

「たとえ時間がかかったとしても、じっくり向き合ったほうが得策かも、ですね」

と僕はお伝えしています。

僕自身、この手のプロセスは今までたくさん扱わせていただきましたので、そう実感しているんです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...