恋愛・夫婦の心理学

やっぱり家庭的でないといい結婚はできないですか?というご質問。微妙にガチで答えてみる

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、昨日の記事の続きと言いますか

「やっぱり家庭的でないといい結婚はできないですか?」

というご質問も、実際に結構な確率でいただくんです。

という事で今日も?このご質問ネタに応えてみたいと思います。

今日は昨日とは違い「短め」ですが、よろしければお付き合いください。


「やっぱり家庭的でないといい結婚はできないですか?」というご質問。

僕的に言いますと、「結婚している私」と「今の私」を同じで語っているところが気になります。

もちろん僕たちは「今、を通じて未来を見ている」ものですから、自然なことなんですよ。

ただ僕はこういったお話にお答えさせていただくときに大切にしている視点があります。

人って、相当頑固になったり怖がらない限り、変化するし、気も変わりますし。

その場その場で、置かれた状況に適応していく力があると思うんですよね。

だからそりゃ「完璧にやらないと意味がない・・・」といった理想を描くとアレですけど。

きっと未来の自分はそれなりにやってんじゃないでしょうか?

それぐらい、自分を信じてみてもいいんじゃないでしょうか?

とはいえ。

私達にとっては、「起きてもいないことを不安に思うこと」もまた心の防衛反応としてありえることです。

が、まぁ、身も蓋もない話かもしれませんが、出ないお化けは怖がってもしょうがない部分もありますので、とりあえず・・・地に足付けましょうか~。

意外と自分ってすごいんだよ、って感じていきませんか?

んーこの考え方・・・適当でしょうか?

でも、僕がカウンセリングの現場にいますと、実際にそう思うんですよね。

人って変わるし。

自分をもう一度信頼する力もあるし。

人を愛する力も、与える力も、受け取る力もある、って思うんです。

それを信じるか?

僕にしてはちょっと珍しい言葉を使いますが、いわゆるハイヤーマインドとつながるか?

それともエゴの声に惑わされて「無理だよ・・・」と感じるか?

どっちがいいですか?という部分。

ただですね。

エゴって、あなたが「傷つかない為」に持つ発想、心の声なんですけれども。

結果的に、あなたが傷つくようなことにエネルギーをそそぐように仕向けるんです。(自己否定とかね、諦めとかね、あーやだやだ。)

それでも、私たちはたいていは、その声がもたらす結果に気づかず、エゴの声が正しいよ、とその声に耳を傾けようとします。

 

本来、私が傷つかない為の「防衛」だったはずが、結果は満たされず、時には傷ついてしまうんです。

 

無論、自分のことが信頼できないときって、発想も凝り固まるし、応用力も失われるので、なかなか自分が凄いんだよって思えないこともあると思うんですよね。

それをダメなことだとか、闇雲に否定したいわけでは・・・僕はそうは思わないんですよ。

悩んじゃうことってありますよね。それがあなたにとって大切なことならば、やっぱりそう思いますよね。

でも、自分って変化するし、いい方向性に変わる可能性は常にあると思うんですね。

もしあなたが自分をネガティヴに捉え過ぎる癖があるならば、その逆の部分「」信じられるようになってみてもいいのかなぁ?と思うんです。

ま、ここも選べるようになっておく、ということを僕は結構おすすめさせていただきます。

この選べるというのがミソでして。

「完璧にできないと意味がない・・・」というものまたエゴなわけでして・・・。

ただ・・・私たちの世界にはこんな言葉があるんですよ。

エゴの声と真実の声、圧倒的に強いのはエゴの声の方なのだ。

だから、つい自分の心を守る方向だと思って、エゴの声を信頼してしまいます。

「こんな私では、良い結婚はできないよ」とね。

いやいや、

「良い結婚をするために今の私にできていることは何?

「これから何が手に入って、何ができるんだろう?」

「私はどんな未来を欲して、どんな変化をしたいと想っているだろう?」

と思ってもいいわけですよね?

だから、僕達カウンセラーはそこを強力にプッシュすることもあるんです。

(僕の場合もはやお節介かもしれませんが・・・)あなた以上にあなたを信頼したいと感じている部分もあるのです。

よく言うじゃないですか。

「できない理由より、できる理由を考える」

コレがなかなか難しいときがあるのは、まず「目的がないとき」ですね。

目的がないのに難しいことには取り組まないですし。

でもそもそもは、「できない理由を考える心の声のほうが圧倒的に大きい」という事実もあるのです。

ということで、僕からのご提案は

「できない理由を考えてもいいけれど、できる理由も考えよう」を

「おせちもいいけど、カレーもね」

ぐらいのノリでできると、まぁ楽しくなってきますよ、いろいろと。

そういう意味では癒やすべきは、ハートブレイクやあなたの観念・・・特に「深刻さ」なのかもしれませんね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...