恋愛・夫婦の心理学

弱音が吐けないパートナーとどう向き合ったらいいですか?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今週末は大阪で今年最後の癒しのセミナーを担当しています。今回のセミナーも美しいものがたくさんですね・・・。

この仕事をしていて何が喜びかって、人の美しい部分を見させていただくサポートができるってことにつきるなぁ・・・と思うんですね。

なお、12月23日から年末にかけての名古屋面談カウンセリングに数枠だけキャンセルが出ております。

この機会にご利用いただけますと幸いです。

それでは今日のコラムです。

短いですがよろしければご覧ください。


弱音が吐けないパートナーとどう向き合ったらいいですか?

こういったお仕事をさせていただいているとそのようなご相談を伺うことがあります。

もちろん自分自身が弱音が吐けない、泣けない・・・というご相談もありますが、

パートナーが弱音を吐けないまま耐えている、泣かずにグッとこらえている・・・どうにかしたいけど・・・というお話を最近は伺うことが多いでしょうか。

そんなときって、ついこう言いたくなるんですよね。

「そんなに無理をしなくてもいいんじゃないですか」と。

でも、僕はこう感じることもあるんですよね。

「あぁ、無理したいんですね、きっと」

無理をしていることがいい悪いではなくて、ですね。

無理をしたいぐらい何か感じて、思っていることがきっとあるのかなぁ・・・と思うんです。

そしてそういったものの多くは、愛情であることが多い気がします。

自分のプライドを守るのも、自分の生き方・やり方を変えないのも。

それって誰かのためってこと、意外と少なくないんですよ。

普段気付かないですけどね。それはご本人も、周りの方も、ね。

でもそこにはいったい誰に向けた、どんな気持ちが隠れているのか?

それが見えると・・・もしかするとパートナーさんとの向き合い方や、あなた自身の扱い方も変えていけるかもしれないですね。

今日は短いですがこの辺で。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...