恋愛・夫婦の心理学

今、辛いのはあなたに愛がないからではない。~特に東海地区にお住まいの皆さんへ~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日から僕は今年最初の東京出張カウンセリングに伺います。どうぞよろしくお願いします!

今、この記事を新幹線内で書いているのですが、うーん、なかなか列車が動きません(笑)

ただこんな機会もなかなか体験できることではないので、思いきり楽しむことにしています。

昨日から名古屋はシンシンと雪が降り、あぁこりゃ明日の新幹線は遅れるな・・・と思っていたんです。



いつも乗ると決めている時間の新幹線では間に合わないだろう、と。

そこで、なんだよ~って困っていても僕がつまんないので(笑)時間読みを楽しむことに。

・・・新幹線がおおよそ「到着に40分遅れる」というアナウンスがあるのだから、おそらく1時間弱は、電車の到着が遅れるだろう・・・。

そして、浜松までは速度を落として運転、とのこと。そこでおおよそコレぐらい時間がかかるだろう。

ということは、この時間のチケットを取って、ホームで待ち時間を潰し、きしめんでも食べていれば・・・。

で、このぐらいの時間のロスがあって普通なので、きっと東京にはコレぐらいにつくだろう・・・。

と、遊びにしていたんです。

で、今、予想通りになってますね(笑)

んーなかなか僕の読み、当たるじゃないの・・・と自画自賛中です!

アンラッキーを恐れず、受け入れて楽しんでしまえば、意外と気分も良くなりますね。

そして今日の新幹線の中ではもう仕事が捗る捗る(笑)快適です。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


ご夫婦のご相談でも、恋愛のご相談でも「伺うご相談」というのは多種多様ですが。

やっぱりご相談頂く内容に、地域性、というものを感じることって少なくないんです。

現時点で僕は「名古屋・東海地区」だけでなく、「東京・大阪」でもカウンセリングをさせていただいていますが(現時点で・・・と書いている部分が意味深ですが・・・)

とくに東海地区にお住いの方のご相談って、「強い忍耐」がベースになっている方って少なくないと感じています。

「私が今、どうするか?幸せをどう選択するか?」ではなく。

「私が誰かに迷惑をかけないか? 」

「私は他の人と違った行動、プロセスを歩んでいる妙な人ではないか?」

「私は他の同性の人より劣っていないか?」

そういった感覚を強くお持ちの方が多いようなんです。

だから、今がつらくても、悲しみに打ちひしがれても、簡単には音をあげない。

いや、もう無理だ、私には耐えられない・・・と感じてしまうことに、強い悲しみや罪悪感をお感じになる方が多いように思います。

どこか「私がダメになってしまう・・・」ということをとことん怖れる方も少なくないんですね。

それはプライドが高い、ということではなく、今の状況にギリギリまで耐えるために、そうされている方がとても多いんです。

その中で、少しでも良いから私のストレスや辛い気持ちを逃がす事を考えます。

これももちろん今の状況に耐えるためですね・・・。

僕自身、名古屋のカウンセリングルームで恋愛やご夫婦のご相談をいただくと、こういった発想が強くお持ちの方が多いかも・・・と思っているんです。

皆さん誠実・堅実なんです。そしてとても真面目です。

だから、どうしても自分に批判的になりすぎてしまうんですね。

そんな時、僕はクライエント様にお伝えしていることがありますよ。

「今、あなたが辛いのは、うまくパートナーシップをまわせないのは、あなたに愛がないからではないと思いますよ。

まず、視点を変えましょう、ガラッとね・・・。」

だから今の私を恥じる必要なんて無い、と僕は思います。

今、あなたが踏ん張っている日常。あなたの愛は、あなた自身のためになっているでしょうか?

そう、考えて良いんですよ。まずこの許可を出してみませんか?

あなたが人を愛すること、今を守るために頑張ることは素晴らしいことです。

しかしそのために痛みに耐え、今を変えないことは、出来る限り一時的である方がいいと僕が思います。

山を超えて、下る・・・そんなイメージのように。

しかし、ずっと上り坂が続くような感じがするなら、心のなかに何かがあるんです、そこにはね。

そもそも人は強いですが、そんなに強くない部分もありますよ。

少なからず長い間、犠牲に耐えることはなかなか難しいのです。

だから、耐えれば耐えるほど、どんどん自分が嫌いになっていく方もいます。それは誤解なんだけど、とても切ない出来事です。

また、あなたがあなたらしくいられなくなると、きっとあなたを大切に思う人も、自分を責めるでしょう。

「犠牲は人に犠牲を強いる」

不思議ですがなぜかそうなってしまうのです。

だから、誰かが犠牲していると、あなたの大切な人(パートナーや家族、お子様など)も犠牲しはじめることがあるんです。

あなたを救うためにね。

だからどうか、あなたの幸せを培うパートナーシップを、あなたの背負うべきモノにしないでいただきたいなと思うんです。

今、あなたの心のなかに、誰かいますか?

あなたの支えになってくれる人がいるでしょうか?

誰に申し訳ないと感じていますか?

本当はアテにできる人と、疎遠になっていないでしょうか。

たった一人で耐えていないでしょうか?

ありがとう、、、、と心から言える心の余裕はありますか?

今うまくできなくても構いません。それはあなたが頑張った証なのだと思います。

そのために、もう一度歯を食いしばるのもいい。

ですが、そのまえにゆっくり私を見て、ゆっくり許すことから始めてみましょう。

毎日、自分によく頑張ってきたね、と伝えてみてもいいでしょう。

辛いね、本当に頑張ってきたね、と言ってみてもいいでしょう。

自分を責めるのではなく、自分とつながってみてください。

すると、うまくいくと心がホッとするかもしれませんし。今まで流したことのない涙が流れるかもしれません。

それはあなたの心が浄化されていく一つのプロセスかもしれません。

あなたの心ががんじがらめになっている、その気持ちを、ゆっくり溶かすことを考えてもいいかもしれませんね。

そして新しい考え方を手に入れて、より無理のない気持ちのカタチで毎日を過ごすことを優先するんです。

そのために行動する。

すると、もっと上手な愛し方、無理のない過ごし方を学ぶ心の余裕もできてきますしね。(これ、とても大事です!)

あなたが幸せを感じる心の土台ができ上がってくると僕は思いますよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...