恋愛・夫婦の心理学

パートナーシップの再生プロセスを考える その8 ~もしもあなたが大切なパートナーや家族を傷つけてしまったと思うなら、○○に気づくといいですよ~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日はそろそろ決着をつけなきゃなぁ・・・と思っているコラムの最終回直前って感じのコラムを書きます。

実は書きたいコラムが山ほどあって、お客様からのリクエストもいただいているのですが、おっついてないなぁ~(笑)

頑張って書きますので、ぜひぜひこのブログのブックマーク、もしくはLine通知登録、よろしくお願いしいます。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


前回のコラムの続きです。

「私の中の感情が扱えないとき、私達の言動はどうしても制限されてしまう」

とてもシンプルなことなんですが、しかしこの考え方が僕達をとても分かりにくい存在にしてしまうことって、往々にしてあるわけですね。

本当は好きなのに、「恥ずかしくて」好きと言えない。言うのが嫌だと感じる。

本当は大切に思っているのに、「怒りを感じるので」、ついキツイ言葉を使ってしまう。

本当は素直になりたいのに、「自己嫌悪が強いので」、どうせ自分なんて、と表現してしまう。

意識しないと気づきにくいかもしれませんが、そういったことは山ほど起きていると思いますよ。

そこに抵抗する方法の最も簡単なものは、きっと我慢です。

私の中で感じる気持ちを我慢して、「きっと相手にはこう伝えればいいだろう」と思う言葉を伝える努力をする。

もちろんそれが間違いだとは思わないですが、そんなことがずーっと続けばウンザリしそうですね・・・。

恋愛・夫婦関係・仕事がウンザリだ・・・という方って、この状態にある方も少なくなさそうです。

つまり、私の気持ちを我慢して良いことを言い続けてきた「いい人・優しい人」って可能性が高いってことなんですが。

多くカウンセリングで伺うお悩みの多くは、今回取り上げている男性のケースも同じ原理で動いています。

「あなたの本当の気持ちを相手に分かりやすく伝えることが難しくなっている」

今回取り上げているケースの場合は

「ある男性が、自分の愛するパートナーさんやお子さんに対して、本人には悪意があるわけでなく、パートナーにも子供にも怒りたくて起こっているわけではない、のについ怒ってしまう」

そんな状態です。

ただココで考えるべきは、「自分は怒りたくないんだ」という表現だけでは、ちょっと足りない、ということ。

もちろん、自分自身が怒りたくないということに気づくことも大切なことですよ。それがないという状態は逆ギレ近いか、「オレだってツライんですよ・・・」といった、被害者意識を持っているという可能性がすごく高いので。

それは罪悪感に支配された発想なので、いくら怒りたくないと伝えても、お互いになかなかスッキリしないし、自分を許せないままかもしれません。

「僕は私は、どうして怒りたくないのに、怒ってしまうのだろう・・・・」

「一体何が理由で起こってしまうのだろう・・・」

そう考えていくと、意外と、男性の中に、

日々プレッシャーを感じて仕事をしている自分がいたり

ツライ苦労を選んで家族を守ろうとしている自分がいたり

自分の仲間や自分の親父が、そうやって家族を守ってきたという学びなど・・・

いわゆる「オトコはこうあるべき」というモデル(観念)があって、それをトレースするようにオトコとして生きている方も少なくないんです。

その結果、自由さや孤独を我慢して(禁止して)生きていることにつながり。

そのあなたの禁止を破る子供さんに、強いストレスを感じてつい怒ってしまう・・・という事が起き。

あなたが子供に怒る大義名分を作らなきゃいけなくなるので、「もっと強い子にしないと」と言った発想が生まれているケースも少なくないんです。

ただここでいうね、あなたが目指す男性のモデルってね。

一言で言うと、あなたのオリジナル、じゃないんですよ。

あなたらしさ、でもあるけれど、あなたが見て学んで採用した男らしさって部分もありそうですよね。

ここ、意外と当たり前に流されそうですけど、僕はかなり大きなポイントだと思っているんです。

この続きは今日の20時に。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...