恋愛・夫婦の心理学

仕事に恋する彼ばかり好きになる恋愛パターン ~手放し。そして『選択』しよう、そうしよう~ その2

心理カウンセラー浅野寿和です。

最近、お客さまからのリクエストをいただく原稿ネタがたくさん!めっちゃありがたい!

のですが、僕のタイピングがついていっておりません(笑)

順次書いてまいりますのでお待ちくださいませ~。


ココで考えられることの一つに、女性性の問題があります。

女性性とは、慈愛、女性的な包容力、愛、理解、優しさ、美しさ、豊かさ・・・そういったいわゆる女性と言われて想起されるような心理イメージ近いもの。

そこにブロックがかかってる、ハートブレイクがある、と考えるのが、女性性の問題。

ただ、実はパートナーシップがうまく行けば(あなたが男性を愛するプロセスが進めば)、女性性の問題はある程度整うこともあると僕は思うのです。

なので、「どうしてあなたには魅力も愛情もいっぱいなのに、そのプロセスに入っていかないのか?」という、心のあり方を見つめていくことになるんですよね。

そこで出てくるのが『心のバランス』。

コレの発想で考えると、なるほど・・・ということが見えてきます。

典型例は『元カレ』『別れた夫』の影響。

どういうことか、説明します。

まず『心はバランス』でできている、コレが基本的な考え方です。

で、ですね。

あなたの何故かハマる恋愛パターンに前提条件に『男性は仕事に恋をしている』という前提条件があるとします。そういう人を何故か好きになる・・・。

これはココロの中で、いわゆる『三角関係』を意味することがありますよ。

彼 → 仕事

ここで有名なバランス理論を用いて考えますと(バランス理論については、昔々に書いたこの記事をご覧ください

・あなたは彼が好き。

・彼は仕事も好き。

・あなたは彼が好きな仕事が嫌い(邪魔)。

・あなたが彼に私と仕事どっちがいいの、と思っていて、それでも彼が仕事を取ると。

まず、あなたは「今のあなたがより強く感じる感情」を残します

なので、多くは「彼が好きだから、私が我慢する」という話になるのです。

しかしそれも耐えきれなくなると、「あなたは仕事が好きな彼を嫌いになる(諦める)」ことになります。

コレは、この構図になると、どうしても逃れられないこと、でもありますね。

だから、時に切ない恋愛になることも多いのです。

が、この話だけで終わると、やっぱりどうにもならん・・・ということになります。

そこでもう一つの「心のバランスの考え方」を引っ張り出して考えてみましょう。

この続きは次回に。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...