恋愛・夫婦の心理学

仕事に恋する彼ばかり好きになる恋愛パターン ~手放し。そして『選択』しよう、そうしよう~ その1

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さーて、今日もまだ東京におります。朝からコーヒーをいただきつつ、ブログを書いております。

月曜の朝は僕にとって憩いのひととき。ぼーっと、ほーっとできる時間です。

それでは今日のコラム。

とても多いご相談の一つ「仕事に恋する彼ばかり好きになる恋愛パターン」についての考察。

それではどうぞ!


一言で言えば、『仕事に恋する彼ばかり好きになる恋愛パターン』の多くは、

その心の内面で『心のバランスが取れていない』もしくは『あなたの心に三角関係がある』

そんな状態になっていると、よく起こることだと考えられます。

これ、浮気や不倫、って話ではなくですね・・・。

***

僕はよく男性心理をお伝えするときに

依存心を抑圧している(自立的な)男性ほど、『仕事に依存性を持つ=ハードワークする』ことがある

とお話することも多いんですけども。

じゃ、私は彼に対してどうしたらいいんですか?という話になっていきます。

ここ、ただの結論だけ書くと、『彼を愛する』ということになります。

しかし、これがうまくいかない・・・という話も多いものなんですね。

特に努力家、情熱的、自立的な女性ほど、ここでお悩みになるようですし、悲しみを抱えていても、彼に態度にイライラして諦めちゃう方も多いようです。

そこで・・・ぶっちゃけて言います。

『あなたがあなたの心の状態をうまく整理できていないと、パートナーシップの中であなたが彼と距離を置く理由を持つので、あなたが男性の愛情を気づかないうちに蹴散らしていることが多い』

そういったことも実際のカウンセリングの現場にいると、見えちゃうんです。

『彼もどこかあなたの気持ちにを掴み損ねている』というケースもあるんですよね。

だから男性とつい気持ちを探り合う。

いつも駆け引きのある恋愛になっちゃう。

どこか距離がある関係になってしまう。

もちろんこれって辛いし切ないことですけど、起こり得るのかなと思います・・・。

ちなみにこれは『いつも仕事ばっかりしている彼』を選んでしまうあなただけでなく。

『今度こそは辛い恋愛をしないぞ!』と思い、バリバリ仕事をするオトコじゃなく、穏やかで優しい彼を選んでも、彼が近づいてこないケースにも応用できる考え方。

こういった恋愛パターンが見え隠れする恋愛のご相談を伺うと、

『私の気持ちを彼に強く掴んでほしい・・・けど・・・』

『男性って最初はグイグイくるじゃないですか、でもその後がね・・・』

『強くココロを引っ張ってもらわないと好きになれない』

そんなクライエント様のお声をたくさん伺います。

もちろんそれも大切なお気持ちですね。否定されるべきことじゃないと思いますよ。

でも、なぜそう思うんだろう・・・と僕がツッコむこと、意外とありますね(笑)

そしてこれ。

どこか恋愛に自信がないからグイグイ来てほしいと思っている、という女性ばかりじゃないようなんですよね。

ちゃんと愛するチカラもあり、マインドも適度に自立していて、「この方がどうして恋愛で悩むのだろう・・・」と思う方ほど、この罠にハマっていることが少なくないとも言えます。

そんな皆様からの『もういい加減、私、結婚したいし、幸せになりたい!』というご依頼。

僕はいつも応援したいなーと思うんですよね。

ちなみにこの問題を見つめる考え方は、とてもシンプルで難しい話ではありません。
(実際にそのブロックを外すとなると、ある程度お時間は頂戴したいわけですけど)

そこで今日は、女性側の恋愛心理ブロックについて今日は書いてみますね。

ちなみに今日のコラムはチクッとするかもしれませんので、念のため・・・。

***

さて、いつも仕事に恋する彼ばかり好きになる・・・という恋愛をされている女性のお話。

多く、そういった女性が好きになる男性は、恋愛となると確かにナイーブな人もいるのですが、普段は女性に対して、紳士的であったり、グイグイ迫るタイプの男性も多いのです。

もちろんハードワーカータイプも多いですね。

ただ、このような男性はいわゆる『恋に慣れていないタイプ』もしくは『ハンタータイプ』であることも多く、だからあなたが恋をするまではとっても情熱的だけど、付き合うと急にテンションダウンなんてことが起きます。

いや、あなたのテンションが上がると、相手のテンションが下がるという減少が起きる。

そして、なぜかかいつも恋愛が長続きしない・・・というループにハマる。

だから、ある程度女性が愛するプロセスがないと、前に進まん・・・ということが十分に起き得るのですね。(あなたが犠牲的になるわけではなくて、好きだから愛する、ですよ)

ただ、この『女性からパートナーシップをリードする』ということに、深層心理で強い不安や恐れを感じている女性の皆さんも少なくないようで。

だから、彼を愛したいけど、その手が前に出ない・・・。

いや、逆に迷惑なのではないか、嫌われちゃうのではないか、といった思いに駆られる方も少なくないようです。

この時点で女性の内面に『自立(一人でいる、関われないという意味)』が見てとれるんですよね。

この女性側の『自立』が、男性との距離、つまり親密感をブロックしている可能性って意外と多いよね、と僕は思うんです。

この続きは明日。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...