恋愛・夫婦の心理学

「愛したい私」と「愛されたい私」どっちが強い?

心理カウンセラー浅野寿和です。

このテキストは、本日アメブロ・恋愛テクニックにアップしたものです。

よろしければご覧くださいね。

o020002001472262782186

さて、今日は「愛したい私」と「愛されたい私」という話。

 

恋愛をすると、多くの方が、「愛したいなー」「愛されたいなー」と感じると思うんですね。

 

ただ、僕達はその時々で、「愛されたいのに・・・」と強く感じたり、「愛したいのに無理・・・」と切ない思いをすることってあるのかなぁ、と思うんですよね。

 

それは同じような状況であっても、人によって思うことが変わるといいますか。
例えば、「彼と今、ケンカしちゃって。その後ちょっと連絡取ってなくて会ってません」という人がいたとして。

 

彼ともっと関わりたいのに。彼にごめんもいいたいし、傍にいたいなと思う人もいれば。

 

どうして彼は関わってくれないんだろう、私の気持ちも考えてほしいな、と思う人もいるでしょう。

 

どっちがいい悪い、という話ではなくね。
また、恋愛スタイルの傾向が固まっちゃっている方もいるかもしれません。

 

私は愛したい人。どんなことがあっても彼のことが好きだし、彼と大切な時間を過ごすためなら頑張れると思う。

 

私は愛されたい人。大切にされているなぁと思えば思うほど、彼のことがもっと好きになる。

 

コレもどっちがいい悪いという話ではなく、ですね。
ただ、『それ、たまに逆をやってみると、意外とうまくいくこともありますよ?』といったご提案を僕からさせていただくことがあります。
例えば

 

『私は彼を愛したい人。だから彼が困ってるなら支えげあげたいんです』

 

その思いは素晴らしいんですよね。

 

しかし、そんなあなただからこそ、彼もあなたのお役に立ちたいと思うかもしれない。もちろん、彼なりにですけどね。

 

それを受け取ってみてもいいかもしれない。

 

特に愛したい人の恋愛のご相談って「お互いの愛情がぶつかってる」というケースが散見されます。

 

彼も人の役に立ちたい思いが強い人なら、きっと『あなたの役に立てないことで凹むかも?』というね。

 

愛してるんだから凹むなよ~、というのはお気持ちは分かりますが(笑)そういった男性って意外と多いんではないかな?と思います。
だから愛情を受け取ってみる。

 

ありがとうを使う。

 

あなたに向けられた彼の気持ちに気づいて、感じてみる。

 

すると、親密感をより感じられるようにもなっていきます。

 

『えー彼、私のことをそう思ってたの?』という新たな気づきがもたらされることもありますしね。

 

どこまで支えればよくて、どこから相手に任せればいいのか?も見えてきて、無理のない関係性を作るキッカケにもなることがあるんですよ。

 

逆に

 

『私は愛されたい人です』という場合。

 

テーマは無力感であったりすることが少なくありません。

 

愛されキャラって親密感を作るのが上手で、周りを明るくするし、いい気分にさせるので素晴らしいんです。

 

しかしパートナーとの関係がこじれると、『私は何もできない』といった部分に陥りがちとも言えそう。この感覚を所有することが、時に傍にいる男性の罪悪感を刺激したりもするんですよね~。

 

だから、あなたなりに彼を応援してみる、励ましてみる、が有効なことも多いんです。

 

私が彼の(心の)支えに慣れることの実感があると、彼のことを包み込めたりもしますし、あなたの自信にもつながりますね。
実はいつものあなたの愛し方の「逆パターン」をたまに取り入れる。

 

こうすると凝り固まった関係が徐々にほぐれていくケースがあります。
ただですね。

 

心の面では、できれば「愛したい私」と「愛されたい私」はケンカしてないほうがより穏やかで、上手く愛せます。

 

心理学では「統合」という言葉を使いますけど。

 

私は愛する人、私は愛されたい人、というキャラ設定は、ある意味心の影を作ることもあるんですよね。

 

そして心の影になった方を、あなたが嫌う、ということも起きる。それはムリ、と思うことを作ってしまう。

 

それはそれで恋愛上の「一つの制限」になったりしますし、嫌う必要のない要素を嫌う・・・つまり、あなた自身の心に何かしらの嫌悪感が芽生えるキッカケにもなりえます。

 

そんな時はこんなイメージを作って、新しい私のイメージを作ってみるのもありなんですね。

 

『愛したい私と、愛されたい私。

 

どっちもいいね。

 

じゃ、この2つの私を一つにまとめたイメージができるとしたら、どんな私だろう・・・』

 

そこで出来たバランスの取れたイメージは、全く別のものになることもありますよ。そのイメージがあなたの心のなかで心地よいものになると、さらに心のバランスがとれ、安定していくと思います。

 

※ちなみに、イメージが上手く出来ない、何だかネガなイメージが出てきたという場合は、どうしてそうなっちゃうのか?を見つめるチャンスでもあります。なので凹んだり、自分を嫌う必要はないんですね。むしろ「愛したい私」や「愛されたい私」以外の感情をイメージしている場合があるので、「それは一体なんだろう・・・」と考えてみるのもいい感じです。
 
 
今日は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。
 
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...