恋愛・夫婦の心理学

娘の寝グズりで改めて気づいた素敵な愛し方の法則 ~幼子をあやす方法はパートナーの愛し方につながる?~ その2

心理カウンセラー浅野寿和です。

さて、今日はわが娘がぐっすり寝てくれているので、ブログ更新(笑)

では昨日の続きのコラム。

よろしければどうぞ。


ではでは、娘の寝かしつけに連戦連敗だった僕が、どうしたら娘が泣き止んだか。

それは『娘を見る』です。

え?見るだけ?って感じかもしれませんねぇ。

でもまぁただ見るだけではないんです。心を向ける、ですねぇ。

助産師さんや義母を見ていて感じたんですよ。

「この人たちは目で見ているわけじゃない。子供を説得しようとしているわけではない。

その心を向けている。本当に愛しているという心を向けているのだろうな。」

これは僕の大師匠の教え

「カウンセラーにとって必要なもの、それは『』である」

に通じるものがあります。

人を見る眼を養う。まぁ言い方を感じれば「相手をどう見るか?」でもあるのですが、「どんな眼で相手を見るか?」なのですね。

それは分析力でも問題を指摘する力でもない。心理学の知識ではない。

愛の眼です。

こちらの自意識からできるだけ抜け出して、「相手をどう感じ、どんな眼でその人を見る」のか?

すると、その人の葛藤が見えてくる。どうして悩んでいるのか、その理由が見えてくる。

そして、その人の愛が見えてくる、ということ。

きっとそんな感じだと僕は解釈していますよ。

ただ、この愛の眼を激しくブロックするもの。それが「自意識」や「自己嫌悪」ですよ。

「自分なんてさ、どうせね・・・」

「私だって頑張ってるよ!なのにね!」

とあなたに言わせる、あのおなじみの感覚、発想です。

僕たちはいつも自信があるわけじゃないと思う。それで普通だと思う。

ただ、例えばね。

「子供さんを寝かせること」ができないという部分で親が悩めば、親はきっと自分を責めるかもしれない。

どうして寝てくれないの、静かにしてくれないの・・・と悩み、無力感を感じるかもしれない。

そしてストレスを感じたり、ご近所迷惑になるとか、お母さんなのに・・・とさらにご自分を責めるかもしれない。

それ、親が愛ゆえにそう思うのだろうと僕は思うのですよ。

ただね、自己嫌悪があると、この自己嫌悪ゆえに自分が責められることを怖れてしまうことも多い。

「もう泣き止んでよ・・・」

なんでも「背負いこんで一人で愛する人」は、どこか自意識の方向に返ってきてしまう。

そして、うまくいかない現実をコンプレックスや問題意識を持ちすぎてしまうのかもしれないですよ。

その結果「今」をコントロールしたくなるかもしれません。

それは恋愛でも夫婦でも同じ、かな?

ただ・・・。

多くのご夫婦って、本当は子供さんもパートナーさんのことも相手を大切に思っているのんですよね?

だから、「自分なりのやり方」を使って愛して、それがうまくいかないことで傷つくんですよね?

そうなると相手を責めたくなるし、そりゃー仕方ないことだと僕は思います。

でもね。

あなたにとっての「本当は相手が大切だ」って思いや動機が、先に強く前に出てくれば、問題なんてそうそう起きないと思いますよ。

まぁ最初は難しいけど、ある意味慣れですよね。

「あなたが感じていることに自負を持つ」こと。

自分の心の根っこにある気持ちを「許す」。

これって自信ですよね。

僕の目には、娘を抱く助産師さんや義母は、それができていたようにみえたんですよ。

「娘を泣かせないようにしよう」ではない。

「ちゃんとしなきゃね」ではない。

それも愛だけど

『心から抱く』

『あなたが大切なんだよー』という思いを、その自意識から出て娘のほうに向けていた。

まぁ僕もこういう仕事してますので、この手の感受性を高めるトレーニングはしてきましたから、うすうす感じとるんですよ(笑)

すると、やっぱり娘はピタッと泣き止むんですね。

悔しくて、それが(笑)

普段「愛だよ、愛」と語ってる僕が、娘を大切に思うがゆえにビビってしまったことを超恥じたわけです。

だから、僕も真似てみた。集中して、自分より娘を見て声かけする・・・。

と、泣き止むじゃないですか。

・・・なるほど、そういうこと。

そう思うんです。

愛するがゆえに、こちらが心を砕くこともいいけれど、こちらのほうが愛する側にも愛される側にも優しい方法かなーと。

僕は少なからず、そういった、ある意味師匠から学び取った思いを皆さんに伝えたいなと思いながら、カウンセリングしていこうと思っていますしね。

では、この話が恋愛などのパートナーシップとどうつながるのか?

それはまた次回に!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...