恋愛・夫婦の心理学

重い女にはなりたくない。でも寂しくなると重くなりそうな私の心にあるものは・・・え?『復讐?』 その2

心理カウンセラー浅野寿和です。

いやはや、もう世の中のママさんには脱帽でございます。

妻もそうですが、子育て中のママさんの凄さをまざまざと感じる毎日でございます。

子供を見て「自分もこんなだったのか」と思うだけで、父と母に1週間ぐらい温泉旅行をプレゼントしたくなる感じですなぁ。

え、それは補償行為?罪の意識の埋め合わせ?

いや、そうであってもいいから、そうしたい(笑)感謝しか出てこない毎日です。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


昨日のコラムの続きです。

どうして今カレの前で、つい重い女になってしまいそうなワタシになってしまうのか?

そこに隠れている感情を、あえて言葉を選ばずに書けば『元カレへの復讐心』

その可能性って意外とあるある、ですよ。

人によっては悲しみ、時には『怨念』『呪い』まぁ、いろいろですね。

『愛憎』という言葉がありますが、愛があったがゆえに憎いという思いね。

コレは一つの「被害者意識的ストーリー」なんですけどね。

例えば、あなたにとってあり得ないほど好きだった彼、との別れ。

コレは時に、どうやっても忘れられない記憶になることがありますね。

『あれだけ愛し合えていたのに、あんなに幸せだったのに』

そう思えば、もう一度あの甘美で幸せな経験を、と願う気持ちが出てきても不思議ではないですよね。

いや、本気で好きだったからこそそう思うのかもしれませんが。

しかし、もうあの幸せって手に入らない、あの感覚はやってこないと思えば思うほど。

どこかで『大好きな元カレともう一度向き合いたい』と思う気持ちが残っても不思議ではないんですよね。

そして、どこかあなたの内面でそんなつもりはなくても。

『どうしてワタシの前から去ったの・・・』みたいなね。そんな怒りというか、元カレへの愛ゆえにその裏返しの感情を、あなたの潜在意識下で持っていたとしても不思議ではないんです。

コレを僕は『元カレへの復讐』と言っているんですね。

大好きだったけど、もう元カレのことは忘れよう、次の恋に向かおう。

あなたが意識でそう思って、次に出会ったカレの傍にいる。

しかしその今カレの前で『カレがどこかにいってしまいそう・・・』と感じるなら、それは不安ですよね。

この事実を『過去の恋愛の傷』と分析することは意外と簡単です。

過去に恋愛で大きく傷ついた経験があるから、あなたが寂しくなると不安になる、とね。

ただ僕はそれだけじゃないよね・・・なんて思うことも少なくないんですよね。

『もしあなたの心が、今もまだ元カレを愛していたとしたら』

その影響の方が、今のあなたの恋愛スタイルを重くしている可能性って高いよねと思うんです。

僕達はときどき、こういった意識を持つことがありますね。

『あなたが大好きだった人に傷つけられたとき。

どこか、ずっと傷ついたままでいることで、相手に気持ちを見てもらえるし、理解してもらえると思う』

意識でそう思っている場合だけでなく、ココロの中で被害者意識的なスタンス、時には傷ついたままのワタシでいる感じですね。

コレを例えるならば

『風邪を引いたときだけ学校が休めるので、学校に行きたくない時に風邪をひこうとする子供』

みたいな感じかなぁ。

『許されたい』のですかねぇ、どこかでね。

ワタシの元を去った元カレに対して『ダメだった私のことを許して(もう一度愛して)』と感じている感じ。

ね、この感覚が今カレの前で出てきたとしたら、重さを感じません???

もちろんあなたの意識で『元カレのことはもう無いわ』と思っているなら別の話ですが。

そうではなく、どこかでまだ『思い出は美しすぎて』的な感覚で元カレとの関係を思うことがあるなら、潜在意識では悲恋のストーリーをまだ持っている可能性がありますね。

コイツが今の恋愛を重くするという話や、自立女性の男嫌いを作っているという話は意外と少なくなさそうなのです。

ただココで何が辛いかというと

実際、元カレはあなたの前にいないのですから、あなたの心はずっと傷つき続けているままになってしまうことです。

だから、そこで出てくるのが怒り。時には恨みや復讐心になります。

もちろんそんな意識がなくともココロの中でそう感じている可能性があるって話。

そして少し想像してみてください。

元カレに対して怒りや恨みなどを持っているワタシのコト、今のカレが全力で好きになってくれると思う?

いや、今カレが好きになってくれても、あなたは全力でワタシを今カレに明け渡せますか?

もしあなたの意識とは別に、その内面で『元カレ』のことを好きでいたり、怒っているワタシを、今カレにささげたらどうなるでしょうか?

素直に愛され、ワタシも素直に愛せると思います?

どこかあなたのココロの中に妙な違和感や引っ掛かりを感じることって無いでしょうか?

今カレの前で幸せだよ、といいながらも、ちょっと違うと感じているワタシがいないでしょうか?

更に深い部分へ進みます。

心理的には『大好きだった元カレ=あなたの傍にいる男性』のように、認識されることがあります。

すると、あなたが元カレに対して、愛されなくなる不安や怒りをもっているとすると。

なぜか今カレにあなたは、愛されなくなる不安や怒りを持つ可能性が生まれます。

「投影の法則」の応用ですね。

あなたがあんな辛い失恋をもう味わいたくないと思っていれば、こう感じても不思議ではないんです。

そしてもしあなたが、『ワタシが愛されなくなる不安や怒り』を男性に持っているとしたら。

そんなワタシ自身のことをどう認識するでしょうか?

見捨てられ不安を持っている女、重い女、手がかかる女・・・

言い方がいいか悪いか別にして、あなたがあなたのことをそう感じているとしたら、あなたは今カレのことを全面的に信頼して愛せるでしょうか?

今カレにワタシを愛させるでしょうか?

安心して恋愛ができちゃうでしょうか?

長くなりましたがこんな感じで、なぜか今の恋愛をしているワタシを重く感じるということがありえますね。

そんな皆さんにとってはたしかに

「カレにいろいろ言っちゃって重くなって、カレが引いちゃうかも?と思っても、気にしなくっていいっすよー」

という僕のアドバイスは

「でも、そう思いたくても思えないんです」

という切なるご感想として返ってくる可能性はあるよね、と僕も経験上感じてはいるんですよ。

ということで、そんなみなさまにとって

「これ、やればいいよ」

というメソッドは、許しです。

あの大好きだ
った元カレを許すんです。

そこに「元カレとも思い出は美しすぎて的なストーリー」や「痛い思いや恨みつらみ」を持ち続けるのではなく。

ちゃんとあなたの中で『元カレとの関係を終わらせる』

完了ともいいますし、あの恋からの卒業ともいえそうですが。

それはすなわち、元カレ大好きだったワタシと、その元カレの幸せを願う感じ。

ありがとう、お互いに幸せになりましょう・・・とスッキリいえたらOKですね。

すると、元カレへのわだかまりや、そこに眠る感情を消化できるので、あなたにとって「今、ワタシを愛してくれるカレ」に対する感情がスッキリします。

ありがとうも言えれば、あなたからのカレへの愛情や信頼も素直な形になるので、カレの言動で振り回される罪悪感や不安が減っていくわけですねぇ。

ちなみにこの許しにですが。

そこに妙なロマンティックなストーリーは持ち込まないほうがいいと僕は思います。

めちゃめちゃ夢のない話ですが、めちゃめちゃリアルに元カレを許し、手放すほうが楽ですね。

なぜなら時にロマンティックなストーリーは悲劇のもたらす痛みの『鎮痛剤』的作用があるんです。

そうすることが結果的に『あなたの悲劇的ストーリーへの執着』にもなるので、僕はあんまりおすすめしていませんよー。気持ちは痛いほどわかりますけどね。

ということで、最近そんなお話が多かった気がしますので、近日中にこの手の『カウンセリングのレポート』を作成させていただこうと思うわけです。

Jさん、あなたのリクエストにお答えしますよ!ぜひ楽しみに待っていてくださいね!

ということで今日はココまで!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...