ほぼ30代からの心理学

その『妥協』の目的は その1

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。

短いですがよろしければどうぞ。


『二人の関係が壊れないように。より良いものになればいいなと思って。

私、もしかすると長い間、妥協してきたんです。

夫との関係は、私がずっとその妥協点を探すことばかりしてきたような気がします。

でも、もう疲れたんです。もう限界、っていいますか。

夫は一体私のことをどう思っているんでしょう・・・』

そんなお話を伺うことって少なくないような気がします、最近特に。

私は二人のために、どこまで私の思いを妥協できるか?どんなことなら受け入れられるのか?

これ以上、もう私の気持ちを放っておいたら、私がだめになってしまう。

でも、どうしたらいいのかもわからない。

本当は二人で幸せになりたいと思っていたのに、どうしたらいいのでしょう。

そんなお声も伺います。

この女性の「妥協」のような心の動き、確かに男性には伝わりにくいかもしれないですね。

そんなとき女性に向かって「言いたいことがあるなら言えばいいんだ」という男性も少なくなさそうですが、それができたら苦労はしないんです、というお声も多数伺います。

そんなことを云われれば、突き放されたような、私のことを全く理解していないような気持ちになるかもなぁ・・・と僕は想像もします。

私がどこまで相手を受け入れればいいのか?

ここにある「受け入れる」という思いはたしかに愛情なのかもしれません。

女性が男性を受け入れることによって、より男性が成功する、癒されるということも実際に起き得ることです。

もしあなたが、自分の気持ちの置き所を探せるあなたは、もしかすると、愛することが上手なのかもしれませんね?

その自覚、ありますでしょうか。

そして、愛することが上手だからこそ、恐れてしまうことも大きくなる、失敗を恐れる気持ちも強くなるのかもしれませんね。

だから、なかなか妥協が止まらない方も少なくないようです。

しかし。

もし、あなたがそれによって深く悲しみ、傷ついているなら、その心の動きは愛のような犠牲なのかもしれないな、と思うんです。

そして、そういった行為ほど、何故かパートナーにうまくあなたの真意を伝えないことも多い。

カウンセリングをしているとそう感じることがとても多いんです。

そして、きっとこの妥協のような心の動きには、何か目的があるはずです。

そのあなたの目的がありつづけ。

それが達成されるまで、その妥協が止まらないことも少なくない。

だから、その目的に気づかないままでいると、更にパートナーとの関係があなたの重荷、人によっては十字架になることもあるようですね。

そして、その妥協を作る目的って、もちろんいろんな答えがあると思うんです。

ただ、僕が思うことは

「あなたがずっと昔から願っていたこと」

であることは少なくないのかもしれないですね。

その目的に気づいて、そこにある感情が開放されると、実は妥協ではなく、自分の意志でパートナーに向き合うことも可能になっていくんですが。

その話はまた次回にでも。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...