恋愛・夫婦の心理学

「分からない」は苦痛と不安を煽りますからね・・・。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、 今日から細々と短いコラムを多くしていこうかなぁと思います。

たまにまた長文を書くかもしれませんけどね(笑)

よろしければどうぞ!


「分からない」は苦痛を呼ぶ。

「分かる」と安心する。

特にプライドの高い人ほど「分からない」ことに苦痛を感じますね。

またネガティヴな意識が強まっている時は「分からない」が、自己攻撃のスイッチになることもあれば、「恥」になることもありますしね。

その結果、パートナーや周囲の人との関わりを拒絶する方もいるかもしれませんね。

「私、今、彼にシャットアウトされています。」

そんな男性のお話もちらほら伺いますが、そりゃ男性が超不安になってるケースは多いものです。

そもそも。

分からないことは恥にしたり、自分を責める理由にしなくてもいいと僕は思うわけです。

ただ、分からないことで自分を恥じ過ぎたり、自分を責めすぎると、その後、理解しただけではココロが落ち着かない・・・というケースも多々あり、できれば「分からない」という状態は放置しないほうが良さそうなんです。

それは自分のことも、パートナーのことも同じです。

また、たとえあなたに「分からないコト」があっても、心が安心感を感じていれば、そんなに問題にはならないこともあるんですよね。

だから、どれだけあなたのココロを安定させておくかは、パートナーシップの質に直結すると僕は思いますよ。

そして、あなたの周囲にいる「分からない」とを怖れてあなたとの関わりを絶っている人がいれば、まず安心感がないのだな、と見立てることも意外と有効ですよ。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...