恋愛・夫婦の心理学

ちゃんと失恋する、ということ その1

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今朝起きると若干肌寒かったんですよね。

この感じ、季節外れの秋を彷彿とさせる感じで好きですねぇ。

季節感で感じるものが変わると、なんだか思い出す記憶も違うんですよね。

んーますます人の心は面白い(笑)

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


最近、テレビを賑わしている女性タレントさんの、恐喝云々の事件を見ていてふと思うんです。

結局は、心のダメージ、今までにあった絆がなくなって、その痛みを何かで埋め合わせようとしても、埋まらないものも出てくるのな、と。

不安や不足感が消えないこともあるんだろうし、それは理性を超えてしまうものなのかなぁ、と。

こんな仕事をしているとふっと、そう思うんですね。

我が師匠がいつも言いますよ。

『本当の強さは、弱さに入る強さである』

だから、向き合えない痛みって、あまり放っておかないほうがいいんだろうけど、でも向き合いたくはないよねぇとも思います(笑)

何でこんな話を書いているか?といいますと。

先日クライエント様からこんなメッセージをいただいたんです。

(好きだった彼との)恋愛は、カウンセリングのおかげで、失恋をちゃんと出来た気がします。

これ、僕からすると、とてもありがたいメッセージですし、「凄いなぁ」って思うんですよ。

このクライエント様はいわゆるハートブレイクの経験をされたわけですけど。

確かに失恋ってとても切ないし、苦しいものですから、できれば経験したくないことですよね。

しかし、どうしたって恋愛をすれば、この失恋という現実もやってくることがあって。

これを葛藤しつつ、しかし、ゆっくり受け入れながら、丁寧に心を扱っていくと「ちゃんと失恋できる」こともあるんです。

つまり、その痛みに支配されない私に徐々になってく感じですね。

ざっくり心が傷ついた状態のままではなく、ココロをさらに自由に、そして強くしていく感じで。

僕たちはどうも辛いことがあると、自らのココロを守るために、『痛みを否認』していることが少なくないものです。

まぁそうしないとやってけないこともあるわけです。

だから、たとえ今の現実が痛みを伴うものでも、痛いとは認めないし、受け入れたくもない、という感覚がやってきてしまうものでしょう。

それゆえに「パートナーはどう思ってるの?」「パートナーのキモチをもう一度取り戻したい」と思う方もいらっしゃるけれど、多くの場合、それはうまくいかない事が多そう。

なぜなら、あなたが向き合っているのは、「相手があなたを愛せないという痛み」だから。

昔のように愛してほしいし、愛し合いたいと思う気持ちは痛いほど分かるけれど。

それがムリだと告げる相手にも、また何か痛みがある。

あなたの痛みと相手の痛み。それだけを見せあっても辛いだけですしね。

この続きは今日の20時に。


※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら!

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...