ほぼ30代からの心理学

許しの話をかんたんにまとめてみました。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、ブログ更新が随分とお久しぶりになっておりましたですねぇ。

さて皆さんのGWはいかがでしたでしょうか?

僕は長期セミナーでトレーナーを担当。原トレーナーと神戸で長期の癒しのセミナーに参加しておりました。

その後で家に帰ると、水道が壊れたの、掃除機が壊れたの、まぁいろんな解毒?が起きておりまして、パパ業に戻っていたわけでございます。

今日からまたカウンセラーモードに戻っておりますので、カウンセリングなど、またご利用くださいませ。

それでは今日のコラムです。

短いですがよろしければどうぞ。


許しは人のためならず。

情けは人のためならず、の応用のような言葉なんですけどね。

よく私達カウンセラーは「許しましょう」なんて言葉を使います。

自分を許しましょう。

あなたの許せない人を許しましょう。

あなたが感じられない感情を感じることを許しましょう。

いろんな形で「許し」という言葉を使います。

ただ、ぶっちゃけ「なんで許さなきゃいけないの?」というご質問も多数受けるのです。

なるほど・・・とそのご質問に納得しつつも、許しの効果についてご説明させていただくことも多いんです。

実はですね、「あなたに許せないものがある」ということは「あなたが受け取れない(結果的に与えられない)ものがある」ということを意味します。

例えば、あなたが「自分の言葉使い(方言)にコンプレックスがあり、それが嫌だ(許せない)」と感じていたとしましょう。

僕は方言って個性や文化的な意味があるものであり、どこかアクセサリーのようなものだと思うんですよ。

だから、使うもよし、使わないもよし、だと思うんですね。

しかしあなたがその方言を嫌っていると、あなたは「その方言」を肯定的には捉えられないですし、同じ方言を使っている人に嫌悪感を感じたり、方言自体に劣等感を感じるかもしれませんよね。

そもそも、その方言(文化)をバックボーンに持っている自分自身を嫌悪しかねないとも考えられるわけですよ。

しかし同じ方言(文化)をバックボーンに持っていても、自由にそれを開放し楽しんで生きておられる方もいるかもしれません。

すると、あなたが「同じ方言(文化)」をバックボーンに持っている人と同じように、自分を表現し、楽しんで過ごすことが許せない、ということにもなるわけですよね。

ここではあえて方言というキーワードを用いましたけど、この部分にいろんな言葉(オトコ・オンナ、私、パートナー、親、友人、生き方、今の仕事・・・)を当てはめてみるとわかりやすいでしょうかね。

自分が嫌っている・許せないものがあるということは。

あなたにとって「何かしら受け取れないもの」を作るということになる。

それはあなたにとっての制限にもなれば、足かせ・窮屈なルールになることもあり得ますし。

受け取れないので頑張る(与える)という方向に物事を考えてしまい、若干燃え尽きを作りやすくもなり、時には、受け取れないので『慢性的に自信がない』という問題を作ることもあるようですよ。

もちろん「制限があってもそれでかまわない」という考え方を否定したいわけじゃないんです。

そうではなく、もしあなたの毎日が何かしらの制限、ルールで縛られていたり、受け取れないものがあるからこそココロが燃え尽きているならば、あなたの許せないものを許してみるといいでしょうね、という話です。

また、「許せない」という感覚があるところには、恨みつらみ、誤解、劣等感のたぐいが眠っていることが多いので、許せないという感覚を所有しているだけで「受け取ること」が阻害されやすい傾向があるんです。

だから、今のあなたにとって「許す」ことで、あなた自身が楽になることってたくさんありますよね、と。

一つ一つ許しを実践すれば、生きにくさや制限のかかった感覚から抜け出しやすくなれますよ。

そんなお話をさせていただくことが少なくないんですね。

あなたの許せない何か?ってなんでしょう。

そしてもしそれが許せたら、どれだけ楽になれると思います?

ま、僕は、今年のGW、そんな発想から、いろんな癒しをたくさん作っていた、というお話でした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...