【オススメ記事】

罪悪感は自発性を削ぎ落とすって考え方

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

昨日は1日ウインクあいちで講座三昧。

そういえば今日、ウインクあいちの1Fに人だかりが・・・。

お、これはついに僕の時代が来たか?と思いこんでみたものの、ただ単純にコンサートの影響があった、という話。

ふふーん、自己承認は欠かさないようにしよう(笑)

それでは今日のコラムです。

よろしければどうぞ。


これはパートナーシップでも、自分に対してもそうですが。

人は罪悪感を向けると、自発性を持たなくなることが多いようです。

これを言い換えますと、

僕たちは「お前が悪い」と言われて、自発性を持って行動することはまぁ稀だよ、という話。

子供時代に、宿題しないあんたは悪い子だ!と叱り飛ばれた時、「あぁそうか、もう宿題がやりたくてたまらないよ、ありがとうママ!」と思う子供はきっと稀、という感じでしょうか。

あとになって、「親は真剣に僕の事を愛していたからあの時怒ったんだな」という理解とは、ちょっと別の話です。

転じて、パートナーに「あなたは私を理解していない」「ダメな人だ」と言う。

ときには、パートナーに無関心を装う。

そんなことをすると、時にパートナーは渋々行動するでしょうけれど。

そんなことを続けていれば、多くの場合、相手が自発的に何か行動することはなくなりますし、あなたに興味関心を持たなくなることは意外と多いことなのだろうと思います。

ま、これだけ書くと、なんだかココロが痛む話になるわけです・・・。

ただ、カウンセリングをしているとですね。

パートナーなどに「あなたが悪い!」と言いたくて言っているわけじゃなく。

そういう発言をするというアイデアしか持っていない人、つまり、ずーっと自分自身に「自分が悪いのでは?」という思いを向けて、それによって自らをコントロールしてきた人もいれば。

あまりに悲しくて、寂しくて、ついそう言ってしまう人もいらっしゃるようです。

意外とそういった心理を見ていくと、

「自分自身に疑いや罪悪感の目を向けている」ことが多い方ほどそうなる、と言えそうです。

すると、自分自身の価値・自身などを感じにくくなりますし、結果的にパートナーやお友達、時には仕事もそうですが

自分から積極的に相手に(物事に)関わる意欲より、うまくいかないのでは?といった不安が強まってしまい、自発的に行動することが少なくなる。

つまり、なんだかやらされている感、義務感がないと行動できなくなったり。

あなたは、物事しっかり頑張ってるんだけど、その結果の自信を感じられない、といったことも起きるようです。

もちろん、罪悪感もときに必要なものなのですよ。

罪悪感がなければ、自分の間違いや態度に気づき、改めることもできないし、反省もできないわけですよね。

しかし、闇雲に罪悪感だけを強めていくと、「自分から望んで、自分から進んで行動することを制限してしまう」ということです。

だから、その投影(鏡の法則)で

「私に対して相手が望んで自発的に行動してくれないのではないか?」

なんて不安にとらわれてしまって、相手を責めちゃうというパターンも実は存在します。

もちろんパートナーシップや対人関係では、相手の問題というものもあるでしょう。

しかし、あなたがどうも必要以上に「自分を責め続け、罪悪感の目を向け続けてしまう」ことで起きているパートナーシップの問題、というものも実際に存在するようですよ。

そのあたりの、あなたの心の状態を客観的に見つめ、気づいていない自己攻撃や、必要のない罪悪感ゆえの言動などを手放して、自分を許す、自分を大切にすることも、実はパートナーシップを幸せな形でロングランさせるために、時には復縁、関係性修復に効果的なことってとても多いのです。

ただ厄介なのは、

なかなか癖は一人では修正が難しいことと

自分の発想が正しいと思いこんでいるので、どの感覚が過剰な自己攻撃や罪悪感的な心の動きなのかが、自分では見えないこと

かもしれません。

ときに、「自分を責めることは正しいこと、必要なこと」と普通にしれっとエゴは言いますのでね。

そのあたりは、心のプロと向き合っていただいて、あなたの心の状態をチェックし、より楽な形で前向きになっていくことを考えてみてもいいのかもしれませんね。

※だから僕に会いに来てくださいね♡という宣伝でした(笑)

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...