恋愛・夫婦の心理学

めっちゃいい人がハマるパートナーシップの罠? ~愛したい人の最大の弱点~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

えーなかなか他原稿が終わらず相当に手こずりつつ、娘の遊び相手&寝かしつけにコミットする毎日。

久しぶりに原稿が書けないという事態に陥り、「あー久しぶり♡」って感じですね。

このウンウン唸る感覚を今しばらく楽しんでみようと思います。

それでは今日のコラムです。

短いですけどよろしければどうぞ。

 


いわゆる「愛したい人」の弱点?ってのがあるんですね。

これは愛する気持ちが強い人だけの話でなく、人を支えるお仕事をされている方も同じかなぁと思うんですけど。

その弱点とは「無力感」ですねぇ。

そもそも人を支えよう、愛そうと思うと、その心に持っている愛が強い人ほど、無力感にとても敏感になるものなんですよね。

さらにその思いが純粋であればあるほど、どうしても無力な感覚は伴いやすいのです。

 

だから無力な感覚を感じないように僕達はいろんなことをしますよ。

そのうちの一つが「人との関係を避けること」であったりするんです。

例えば、めっちゃいい彼だったのに、急に音信不通になったなんてケースを考えていくとき、僕はこういった想定をしていたりもするのですよ。

いい人ほどね、無力感を感じたくない。

自分が情けない存在だと思うことを許せない。

それがプライドだと言ってしまえばそうなんですけどね。

でもそのプライドには何かその人の願いがあるのではないかなぁ?と僕は思うんですよね。

だから、今は大切な人と関わることを避ける人もいる、という話でした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...