ほぼ30代からの心理学

実は不安なんだよね、と言い出せないのはプライドの問題もあるけれど・・・

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日はもう一つ思いついたことがあったのでコラムとして残しておきます。

特に「できる人」であったり、「できる人」と周囲から見られていたり、「できる人」でないとマズい・・・と思っている方が、その内面で悩まれていることについて。

しかし、それって「プライドが高いだけなんじゃね?」「性格が悪いからじゃない?」と思ってしまいがちなことについての話です。

よろしければどうぞ。


「実は不安なんだよね」「こんな悩みがあるんだよね」

仕事、恋愛、夫婦関係、子育て・・・いろんな場面で僕たちは悩みますよね?

しかし、それがなかなか相談する・悩みを言い出せないから、どうしても一人で思い悩むことって少なくないのかもしれません。

僕も同じで、悩みがないと言ったら嘘になるし、僕に問題がないわけじゃない。

でも、楽なんですよ、生きている事自体がね。

なぜなら「聞く」ことができるから。相談できる人がいる、からですね。

自分の悩みを打ち明け、相談することは、あなたを周囲の人に知らせることでもあり、結果的に人が役に立てる状況を作り出すことにもなりますね。

しかしそれがどうにもうまくできないなぁ、と感じるときほど、それって「プライドの問題じゃね?」と思われる方も少なくないのです。

ただ、僕にとってはこのプライドの問題は2次的な問題という意識で捉えることが多いんです。

なかなか人に不安を打ち明けられない。

そんな心の状態の中で横たわる観念は、「人に与えるものがないのに、人と関わる意味がよく分からない」という部分なのかもしれません。

つまり、頼ることがどうしても難しい。申し訳無さを感じてしまったり、自分が迷惑な存在では?と考え込んでしまう、そんな癖があるのかもしれませんよ。

これ、特段良い子・良い人を担ってきた方だけにある問題じゃなくて、誰もが普通に生活している中で起こり得ることだと思いますよ。

自分が人に貢献できる時は、関わってよし。

しかし、何も貢献できない時は、関わる意味がないし、逆に自分が負担になるから関わらない。

そんな感覚。

これね、よーく考えてみると。

あなたは、「人が私のことを受け入れ、理解するわけがない」と思い込んでいることに似ているのです。

要は、私に与えるものがない時に、「人は敵」のように感じている。

では、なぜそうなるのか?

これ、投影(鏡の法則)で考えるとシンプルに答えが出てきます

実は、「あなたがその内面で、何もできない自分を死ぬほど嫌って、意味がないと罵って、時には叩きのめしているから」ってことは多いようです。

あなたの中にいる、まるで鬼軍曹のような私が、何もできない無力な私にムチを打ち続けている。(ひぃぃ・・・)

だから、私が何もできないと、人がムチを打ってくるのでは?という感覚がする。

実際、過去に、人からひどく何もできない自分を責められた経験があるなら、この感覚を強化する材料になるでしょうね。

これ、恐怖ですよね?

めっちゃ怖いですよねぇ?

そうなりゃ、もう・・・誰だって怖いと思いますよ。

そして、この怖れを人と関わる時に感じていれば、そりゃ自分を守りたくなりますよね。

だから、人に不安や悩みを打ち明けられないし、関わりたくなくなるのかもしれませんよ。

怖すぎて・・・。

だから、何もできない自分を晒して、人にムチを打たれることを恐れているから、つい「高い心の防波堤(=プライドのこと)」で、自分を守って傷つかないように、気づかれないようにしているのかもしれませんね。

その結果、ネガティヴな意味での自立はとても強まると思うんですけどね。

そんな時。

確かに「あなたが人を信じて頼る」ことで、この問題は解決するといえば、ある意味そーなんですけど。

それがなかなか難しいと思うなら、「自己承認」や「自己肯定」は欠かせないのですね。

自分に手厳しく接するのではなく、自分を受け入れマルをつける、どんな自分にもですよ。

これが上手にできると、まぁネガティブな投影(鏡の法則)から抜け出せる。

つまり、自分を「何ができるか?」ではなく、「存在として」肯定することができると、自分が自分を追い込んでいないだけ、人に追い込みかけられるかも?という感覚が減る。

なので、「ちょっとばかり人にお願いして悩みを聞いてみようか」「自分だけでは答えが出ないから、相談してみようか・・・」と思いやすくなるでしょう、という話。

なので、毎日自分を大切にしましょうね。

褒めましょうね。

私は私でいいよ、と自分に言いましょうね、という話につながります。

もちろんトラウマレベルの恐怖にはヒーリングぐらい深く癒やす方がいいケースもありますが、基本的には、この自己承認の積み重ねが、自己批判の習慣から抜け出せる方法となるわけですよね。

そこを時間短縮してサクッと前に進みたい時は、カウンセリングやセミナーに出てね♡という話につながるという、なんともありがたーい話なのです(笑)

そう考えると、

不安だと言えない、相談できない、甘えられない、強がっちゃう・・・といったお悩みに対して

「私ってプライド高くね?」「性格悪いからじゃない?」

という回答は、僕の視点では、解決どころか、更にこじらせる理由になりそうなので、サッサッと手放しちゃってくださいね、という話なのですね。

そこを手放さないと、今度はあなたが、なかなか相談しないパートナー、私をアテにしない部下や同僚に、「君ってさ、プライド高くね?なんだかやな感じだね」と、同じこと思っちゃうかも?言っちゃうかも?ですよ♡

あーやだやだ。

そんなに僕達ってダメじゃないし、悪いものではないよ、というね。

むしろ問題や悩みには、どこか自分を罰さなくてもいいような、別の理由がある(心の面では)と僕は分析しているし、信じているんですよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...