恋愛・夫婦の心理学

自分のために恋愛すると、相手のために別れたくなる? ~今の彼と結婚していいのか?別れるべきか?~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、僕は今、福岡に移動中。そろそろ播磨(すごい例えだ・)あたりですね。

お久しぶりに福岡で講座・セミナーを担当します。

さ、今晩はどこでラーメン食べるかなぁ?とワクワクしてるだけという話もありますが(苦笑)

本当はセントレアから飛ぶ予定でしたが、予定の都合で地を這いつつ向かっています。

ということで、福岡・九州地区の皆様、説明会・講座などでお会いできましたら光栄です。

明日の講座などの詳細はこちら

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


例えばこんなケース。

私、凄い失恋をして辛かったときに、今の彼と出会いました。その時は誰かにそばに居てほしくて、つい、その彼の優しさに甘えてしまったのだと思います。だから付き合うことになったんです。

ただ、彼と付き合う中で、彼はとてもいい人なんだけど、「この人でいいのかな?」と思うようになって。すごくわがままですよね、私。自分でもすごくそんな自分が嫌なんですけど。

そんな彼が最近、私に「結婚しよう」と伝えてくれました。私も結婚はしたいし、その彼の気持ちは嬉しいんですけど、彼の気持ちに応える気持ちにはなれません。

むしろ、まだ昔の彼のことが好き・・・そう思ってしまうんです。

私、どうしたらいいでしょうか。今はそこまで気持ちがないけど彼と一緒になったほうがいいのでしょうか?もう自分の気持ちが分からなくなっています。

そんな優しい彼のこと、傷つけるのって悪いな、って思います???

これは何が良くて何が悪い、という話ではないのですが。

このような恋愛の中での葛藤って、そもそも「あなたが自分が救われるための恋愛を始めた」から、「あなたが彼のことを真剣に思う」ようになると、何故か申し訳なくて別れたくなっている、という解釈もできるのですよ。

「私、本当は好きじゃないのに付き合った」

僕はね、こんな言葉で真実を覆い隠さないでほしいなと思いますよ。

むしろ、あなたや彼のためにもならない理由で、二人が寄り添っていた時間をダメにする必要はないのかもしれませんね?と思います。

「私の好きじゃない人と、一緒にはなれない」

それはそうでしょう。そこに何の罪があるというのでしょう?

だから、彼のことを心から好きになれない自分を責める必要はないでしょう。

でもね、コレはある意味投影(鏡の法則)が働いている話でもあって。

もしですよ・・・。

あなたが、好きな人から「私のことを簡単に好きじゃなくなられる」ことを恐れたり。

過去のパートナーが、あなたから気持ちが簡単に離れて、追いかけてもどうすることもできなかったような失恋経験があるなら。

あなたはそう簡単に「人のことを嫌いになれない」と思いますよ。

どこか、私が経験して辛かった「別れ」を、今度はあなたが何のミスも犯していない彼に与えてしまう。

そう思うだけで心が痛みますよね。

だから、彼のことで悩むのかもしれないですよね?

「彼はいい人なのに、申し訳ないことをした」

そうあなたが罪悪感を感じるのは、きっとあなたの心がちゃんと生きている証拠。そこに彼に対する配慮もあると思うんです。

でも、罪悪感ベースの言動は誰も救われないし、お互いに自分を責めるだけかもしれません。

だから、あなたが彼のことを思うなら。

あなたが彼の愛情から逃げないことです。

今までの彼の愛情を、心から感謝し、受け取ってみてください。

妙な言い訳をして「もう愛さなくていい」だとか「嫌われるような態度」をとって、自分の気持ちをごまかさないこと。

彼は一生懸命あなたを愛してくれたのなら、彼のその愛情にふさわしい私でありつづけてみてください。

もしそれができないのであれば、どこかであなたは「彼がかわいそう」と思ってる可能性がある。

「もし、私が彼の立場だったら耐えられない」

どこかでそう思うから、余計に胸が痛むのかもしれないですよね。

でもこれ、悪意なきマウンティングかも?ですよ。

そんなに彼は勇気のない、意気地のない、愛のない人なのでしょうか?と僕は思います。

もし、あなたが彼にできることがあるなら、心からの敬意と感謝を伝え、彼の尊厳を誰よりも尊重してほしいな、と僕は思いますよ。

その上で、お互いの未来について、たとえ別れることになっても、彼の思いに感謝して真摯に向き合う。

それがお互いの許しにつながります。

その結果はきっと痛み分けのような別れではなく、卒業になるでしょうし、彼とさらに深い気持ちの繋がりができたなら未来を共に歩むことにもなるかもしれないですしねー。

そしてもし、あなたがこのように彼と接することができたなら。

実は、あなたのこの問題を作った理由の部分

「好きだった元カレから受けた失恋のダメージ~あの頃本気で元カレを愛した私~」をも、かわいそうな存在ではなく「素晴らしい存在」だったのだ、と思えるようにもなる可能性がありますよ。

僕はそう思います。

つまり、このあなたのプロセスに、誰もかわいそうで惨めな人など「いない」のではないでしょうか。

あなたが、愛してくれる彼の前で、この事実に気づくことができるかどうか?なのでしょうね。


※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら!

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...