恋愛と男性心理

自分が犠牲している(無理して疲れ果てている)ことに気づくには○○が必要かも?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


なんだか最近、頑張ってんだけど報われない感がすごい。

パートナーとの関係をより良くしようとしているけれど、消耗感が半端ない。

何をやってもうまくいかない気がする。

それ、もしかすると犠牲からくる行動、かもしれませんね、という話。

また、犠牲が悪いと捉えるのではなく。

犠牲は、あなたは頑張っているけど、あなたを幸せにしない行動パターンだから、できれば気づいて手放したいですね、という話です。

ただ、自分が犠牲している(無理して疲れ果てている)ことに気づくには

「しがみつき」や「被害者意識」が、ココロの中に眠っているかも?

に気づくことが必要かもしれませんよ。

***

例えばです。

ある人が、「どこか自分に自信がないから、安定した仕事につきたい」と思い、安定した仕事についたとしましょう。

もちろんその仕事がいい悪いだの、そういう話じゃありません。

しかし、安定した仕事についたとしても、「私、自信がないし」という部分が変わっていなければ、仕事が続けられるかしら?と不安になる人もいるかもしれない。

それがさらに深刻化すれば、自分にはこれぐらいしかできないし・・・と思い、その仕事が自分に向いていなくても、しがみつくかもしれませんよね。

せっかく仕事についたけど、しんどい割に給料安いし、なんだか報われない。なんだかこの仕事で潰されてしまうかもしれない(被害者意識)と感じる。

でも、自信がなくて転職するなんて考えられないから、この仕事を続けるしかない・・・。

そう思ってしまうと、今をなんとかやり過ごすしかない・・という犠牲が続くんです。

この時、安心を求めて就いた安定した会社が、今度はあなたを苦しめているように感じます。それは犠牲というより、「私にはそれしかない」とあなたが感じる現実になんでしょう。

少なくとも、あなたの好き、も、得意なこと、も、全て感じられなくなってしまいそうですね。

※この「仕事」の部分を、「恋愛」や「夫婦関係」に変えて読み替えてみてください。

だから自分が犠牲しているときほど、被害者意識やしがみつきがあるものです。

そして、どこか自分を信頼しないままでいるのかもしれませんね。

こんな時、たしかに仕事の内容は変えがたいですけれど。

あなたが自分をもっと信頼したり、被害者意識やしがみつきを手放すことはできるかもしれません。

だから犠牲はどこか自作自演~あなたが悪いというより、あなたの誤解や心のあり方によって起こること~とも言えるんですよ。

その犠牲を手放して、あなたの思うような生き方をすることは、あなたの意欲で叶えることも可能だ、というお話でした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...