恋愛・夫婦の心理学

愛されるだけの心のキャパシティが、その当時の私にはなかった?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日はちょっとだけリクエストにもお応えしようと思い、更にブログを更新。

短いですがよろしければどうぞ。


『別れた彼のことが全然忘れられないんです・・・。

痛みがなくなってくれません。楽しかったときのことを思い出して少し気持ちが楽になって。

でも実際はもういなくて。

一体どうしたらいいんでしょうか』

***

もし、別れの痛みがそう簡単になくならない痛み、なら、それぐらいあなたがその彼に自分の一部を明け渡していたのか?

それとも、心の支えになっていたのか?

今まで信じられなかったものを信じさせてくれた彼、なのか?

それぐらいあなたにとってとても価値のある大きな人、そう感じている可能性があるかもしれませんね。

だから引っ張る・・・というか、引きずる。

んー、個人的にはそれぐらい、あなたにとって大きな存在との別れなら、なかなか執着心や痛みが消えないこともあるかもしれないな、と思います。

ただ、ちょっと気になるのは

僕達が自分自身にとって大きな存在、と思う人と出会った時。

自分自身の存在をどう感じているのか?って、あんまり考えないことなのかな?とも思います。

妙な言い方ですけど、その彼が、一人の人間で、一人の異性で、あなたと対等な存在、といった感覚があるなら、まだ自分自身の存在まで否定するような、どこにもすがるものがないような感覚まではやってこないかもしれませんね。

また、あなたにとって出会ったことがない、あなたの想像を超えるレベルで私を受け入れてくれるパートナーとの関係は・・・

たまにあるんですけど、「別れを予感させやすい」と言いますか。

訪れた幸せの中で、しかし、何処かで今のような状態になることを、あなた自身が予測していたかもしれないんですよね。

これはあなたの自己価値や、自分どう扱っているかに起因すること。

とにかく怖いのは自分を小さく扱うこと。

私を小さく扱えば誰かが気づいてくれるかもしれない、という願い。

でもそこ、誰かが気づいてくれるのは、私の小ささ、なのかもしれないんですよ。

だから、実際にあなたが愛されてもそれほど喜べないし、信じられない、事も起きて、だから別れがやってくることもあるんですね。

いい悪いは別にして、「それぐらい愛されるだけの心のキャパシティが、その当時の私にはなかった」といった感じで。

それぐらい、私が私を信じられなれなかった、ような感覚といいますか。

でも、そこで失ったものが大きいなら、たしかにそれは辛い出来事なんだろうと僕は思います。

あなたにとってとても大切だった彼を、痛みのシンボルにするのか?それとも自己価値のシンボルにするのか?

あの人と愛し合えた、付き合えた私、をどう扱い、認識するのか?

そういったテーマが実は目の前にあって、自分の価値を受け取る~私が彼をちゃんと愛していたこと~を見つめたり、愛せなかった後悔を私の学びに変えることが、求められているのかもしれませんよ。

焦らずゆっくりでいいから、今の自分をいたわって。

その上で、この恋愛の学びに気づいたり、自分の価値に気づけるまでいけるといいんですけどね。

何か参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...