恋愛・夫婦の心理学

私がもっとキラキラ前向きな女性になれば、夫も喜ぶのだと知りました。私に頑張り方を教えてくれませんか?

頑張り方を教えてほしい。これ、バーンアウトの可能性も・・・


例えばこんなケース。

半年前に夫の浮気が発覚。それから数ヶ月、もう私は散々泣いて、夫に感情をぶつけてケンカして、夫婦関係がどん底にまで転げ落ちました。
あんなに幸せだった家庭が一気に崩れるだなんて今も信じられないんです。
それから紆余曲折を経て、夫もやり直すことに同意をしてくれ、今はなんとか夫婦関係を維持できています。が、一度壊れた関係はなかなかもとに戻らないようです。
今、夫は自分に趣味に没頭し、家にはいますし、子供には関わってくれていますが、いないのと同じような状態。私も夫にうまく関われないでいますし、いつも「またいつ浮気するんだろう」という不安を感じています。
それでももう一度、夫との関係を修復したいんです。また昔のような夫婦に戻りたい。浅野さん、夫の前でもっとキラキラした私になれればいいと思うんです。頑張り方や気持ちの持ち方を教えてください。

ネガティブな発想がボンボン浮かぶ時は、燃え尽きている時、とも言える

僕のクライエントさまって、ホント根性がある、と以前にも書かせていただいたんですけどね。

『愛深き忍耐女子』なんて勝手に僕はイメージしていますけど。

普段からお仕事に、家事に、育児に熱心で、1オペなんてなんのその。私がしっかりしていれば・・・と奮い立たせて日々戦う忍耐強い奥さん、彼女さんがめちゃめちゃ多いんです。

だから僕もつい、応援したくなるというか、熱が入ってしまうのですが。

だから「あの、今だからいえますけど、最初に浅野さんに出会った時、ちょっと怖かった・・・」なんて話を後で伺うハメになるんですけどね・・・。

あぁ・・すみませんすみません、またやらかしてますかぁ・・・。

(あ、最近の僕の中のトレンドは、『愛深き忍耐女子』『何様?系男子』『偽りのフェミニスト』この3つなんですよ(笑)そのうち解説すると思いますのでお楽しみに。)

ただ、実際に「よくお越しいただきましたね」とカウンセリングルームでお迎えする奥さん、彼女さんって、ホント気持ちの面で「目一杯感」を抱えておられることが多いんです。

そりゃそうですよね、そこまで踏ん張ってこられたのだから・・・。

僕はそう思うんですけど、そこ振り払うように「どうしたらいいですか?私頑張りたいんです。」っておっしゃってくださる方多数。

・・・めちゃめちゃ頭が下がるというか、凄いですね、と個人的には感じているんです。尊敬です、ホント。

でもね、カウンセラーとしてはまた違った視点でサポートさせていただくんです。

『〇〇さん、あなたは今、きっと普段から「頑張ること」を考えていないと、これからどうなっちゃうのだろう、とか、「このままではマズイ」など、ネガティヴなイメージや未来ばかり思いつきません?』

多くの方はこれに同意してくださるんですけどね、これ実は、もう今の状態で心はバーンアウトに近づいている可能性があるんです。

愛深き忍耐女子の皆さんからは、よく『ネガティブなことばかり考えている私が悪いんだと思うんです』なんてお声も伺いますけど、いやいや、そうなっている事自体、ある意味「あなたの心がもうちょっと休みたいよ」というメッセージを出しているとも言えるんですよ。

例えば、私達の体が疲れると、急に眠気が襲ってきて体を強制的に休めようとするように。

私達の心も「いろんなネガティブなことを思い出させること」で、あなたに「ちょっと休もうよ」というサインを送り続けていると、僕は見ることがあるんですね。

頑張れるなら頑張りたい、けれど気持ちがついてこない・・・。

そんなときほど、自分への休息を与えるときなのかもしれません。


こんなはずではなかった、と自分を追い込むより、プロセスを信頼しよう

例えば、ご夫婦の問題で、ご主人が問題を起こしたけれど、一応もう一度やり直す方向に向いているのであれば、今がチャンスなんだと思うんです、あなたが元気になるためのね。

しかし、愛深き忍耐女子の生態の基本原理は

「少しでも時間や気持ちの余裕ができると、すぐ頑張る、仕事する、スケジュールをつくる」

なんですよね・・・。

今、掃除しなくてもいいじゃんというときに掃除してるとか。今、そんなに無理して豪勢なお料理作らなくてもいいじゃん、というときに、いつも以上に家族を喜ばせようとしたり。

これも愛がなせる業なんでしょうね。

しかし、あなたのその内面で「こんなはずじゃなかったのに・・・」と涙しながら、お掃除やお料理、お仕事されている方、僕はめちゃめちゃたくさん見てきました。

確かにあなたの身に起きたことを受け容れるのはたしかに辛いこと。

しかし、あなたの人生のプロセスはここで止まるわけじゃないはずです。

だから今は、ちょっと休みましょう。

一人の時間、作ってもいいんですよ。自分が喜ぶこと、してもいいんです。それが結果的に夫や家族にとてもいい効果を発揮すること、多いんですよ。

ぶっちゃけて言えば、今は人を愛している場合じゃない、ってこともあるんです。

これ、逆の立場になればよく分かる話で。

あなたの近しい人が病気になって苦しんでいる時に、入院先の病院から抜け出して、家で料理していた・・・なんて光景を見たら、あなたはどう思うでしょうね。

どこか今を振り切るために無理をしていたい気持ちも分からんでもないんです。何か役に立っていないと不安、という思いも分からなくはないんです。

が、それこそが、今、あなたの心のダメージが疼いている証拠かもしれない。そこを癒すことでそこまで無理をしないで済むことも多いんですよね。

だからまずあなたの心がオーバーフローを起こしていることに気づいて、その対策をしましょう。

あなたが燃え尽きては取り返しがつかないでしょう?

ちゃんと元気になって、あなたが上手に心のエネルギー配分ができるようになれば、キラキラした私にだってなれますよ。

僕も、物事にはプロセスがある、その流れが大切だよね、と感じながらサポートさせていただいていますから。

まずは休みましょう。その辺の休む計画も、一人で頑張らず誰かと相談して一緒にやっていけると最高ですね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...