恋愛と男性心理

シャイな男性の恋愛心理について

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

昨日から大阪滞在中ですが、完全に季節感を見誤りました・・・。そろそろ朝晩は涼しいだろうと季節を先取りした結果、・・・大阪の気温は高め。

んーこのあたり、詰めが甘いですねぇ、自分でそう思います。

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いくださいね。

いつもブログを拝見していますが、この度、付き合って2年になる遠距離恋愛の彼のことで思い切ってご相談させていただきます。

 

私達は海外との遠距離なためなかなか会えず、この夏こそ会おうねと言っていたのですが、諸事情により延期となってしまいました。普段、感情表現をしない彼が、会いたいと言うことと、会えなくて残念と言ってきてちょっと驚いたと共に嬉しかったです。その話の流れで、2ヶ月後の彼のお誕生日に何が欲しいかメールで聞いたところ、固まってしまいました。ひと月経って再度聞いてみたのですが、殻に閉じこもったまま出てきません。

 

彼は、浅野さんの多数のクライアントさんの中でも、恐らく群を抜いてシャイで、自信がない反面、ものすごく私を大切に大切にしてくれて、一生懸命な感じに誠実さを感じます。ですが、幼い頃、両親と生き別れたせいか、自信の無さや、ブログで良く出てくる見捨てられ不安みたいなものがあるのかなと感じます。私を大好きなのも、本心からとも思いますが、一方で嫌われることをすごく怖がってるから、という側面もあるのかと思います。

 

ですが、見た目がハンサムなので、ご両親の愛を存分に受けられなかったとしても、道行く人、ご近所のおばさん達、クラスの女子などにももちろんモテて、自分の魅力や存在感にも気づいてても良さそうだと思うのです。が、それがかえって、外面と内面のギャップへの自信の無さを強め、現に、見た目はカッコいいのに中身はね~…と、冗談でですが、よく野次られています。

 

こんな彼ですが、受取下手で上述のように、今回、殻にこもってしまったのですが、この状態を浅野さんはどう思われますか?そもそも男性とは、与えたい気持ちはあっても、受け取りたい欲は弱いものなのでしょうか?ちなみに一昨年はたっぷりのプレゼントを、昨年はラブレターのみを送り、いずれも半端なく喜んでくれました。私の時も、大量のプレゼントな送られてきます。

 

長くなりましたが、彼の今の心境、受け取り上手になむてもらう秘訣、また、彼の性格そのものについて、教えていただけたら幸です。(私への気持ちが冷めたから、というのは現状ないので、それ以外の可能性でお願いいたします)

 

では、これからもブログを心より楽しみにしています。

 

(※Cさん 原文を掲載させていただいています)

 

シャイな男性ほど、期待と失望という感覚に敏感なことも・・・

自立男性と孤独感。

ご質問ありがとうございます。

なるほど、彼と会えないのは残念ですし、今は彼が閉じこもってしまってるんですね。

男性が殻に閉じこもる理由は人それぞれと言ってしまうとあれですが、いろんな理由があると思うんでですね。

僕も彼の全てが決して分かるという意味ではないのですが、一つ感じ取れるのが「孤独感」でしょうか。

それは傍にいると「人から嫌われるのは嫌」と見えると思うんですが、心理的には分離感を怖がっている、だから常に分離しているという一見すると不思議な状態になっている可能性があるかなぁ、と思うんです。あくまで可能性の話ですけど。

どこか分離感にしろ、寂寥感にしろ、その人が「避けたい感情がある」とき、そもそも分離していれば、そんなに強い感情を感じないだろう、と行動することがあるんですよね。

そしてそういったときほど、できる限りそうっとしていたい、と思うことも実際にはある話です。

>外面と内面のギャップへの自信の無さを強め、現に、見た目はカッコいいのに中身はね~…と、冗談でですが、よく野次られています。

>一昨年はたっぷりのプレゼントを、昨年はラブレターのみを送り、いずれも半端なく喜んでくれました。私の時も、大量のプレゼントな送られてきます。

このあたりのテキストから、もしかするとそんな気持ちを彼が感じているのかもしれないですね、という可能性が考えられそうですね。

>そもそも男性とは、与えたい気持ちはあっても、受け取りたい欲は弱いものなのでしょうか?

多くの自立男性は受け取りベタ、とも言いますけどね。受け取りた意欲がないわけではないと思うんです。

しかし、自ら「受け取りたい」と上手に表現することが苦手な男性は多いかもしれませんね。

求めることと、拒絶で傷つくリスクを同時に考える人もいるでしょうし。そこに葛藤があるといいますか。

人によっては求めること(人とつながること)がタブーになっていたり、苦手すぎて、与えること「どう関わればいいのか?」にばかり意識がとらわれている方もいらっしゃいそう。

これはいいか悪いかは別にして、今まで「多くを求めないことで頑張って毎日過ごしてきた」という方も実際にはいらっしゃると思うので。

そう考えると、その内面で自分のお誕生日に興味はあっても、だからといって何か特別自分から求めることはしないという方もいらっしゃるでしょうし。

期待と失望の話

更に言いますと、このような感情を持っている男性は、期待して失望することを避けたいと思っている可能性があるんです。

それは

自分が期待して失望すること
自分が期待されて失望すること。

その両面で、です。だからシャイな方ほど、自分から求めることも、自分が与えていることも積極的に自己肯定していない可能性がありますね。

その彼があなたに対して何かしら求めることをチャレンジしたのであれば、それなりの勇気が必要だし、それゆえに固まっちゃう・・・ちょっとした停滞モードになることも考えられなくはないんです。

あんなことしてよかったのかな?あんなこと言って嫌われなかっただろうか・・・。

僕達は時々そういった思考の迷路にハマりますけど、こういったモードに彼がなっている可能性もありえるかなぁ・・・と思うんです。

>恐らく群を抜いてシャイで、自信がない反面、ものすごく私を大切に大切にしてくれて、一生懸命な感じに誠実さを感じます。

Cさんも「愛はある」とおっしゃってくださっている部分が、僕からすると頼もしいといいますか、素晴らしいなぁ、と思う部分でもあります。

だから、お互いのペースが違う時、ちょっと驚いてしまうこともあるかもしれませんが、その違いを認めあっていけたらいいですよね。

いわゆる「信頼関係」「絆」は期待や失望のストーリー
を書き換えてくれるものになりそうですね。

何か参考になりましたら幸いです。

ご質問ありがとうございました。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...