【オススメ記事】

忍耐女子が心を癒すと最強になる理由 その2

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日も僕は東京です。んー今日もいい天気だ。

今週金曜は名古屋で「ほぼ30ワークショップ」、土曜は名古屋でカウンセリングを予定しておりまして、日曜に今年最後の大阪出張カウンセリング(既に満席)に伺います。

今週金曜・土曜のカウンセリング、まだまだご予約いただけますので、ぜひともご利用くださいませ!

そして今日、もう4年近く続けてきました「ほぼ30代からの心理学ワークショップ」について、大切なお知らせをしますね。

その前に今日のコラムです。

よろしければどうぞ。


自分を大切に扱うことを学べば、忍耐女子は最強になれる

最近、カウンセリングではとにかく「自分をいたわりましょうね」と僕からお話することが多いんです。

もちろんご質問いただく「男性のキモチ」や「彼の傾向とその対策」について語る時間も多いんですが、つまるところあなたの癒しが大切ですよ、とお話するんです。

それぐらいカウンセリングルームにお越しいただく方が、いろいろな状況で目一杯頑張っていらっしゃるからなんですけどね。

もちろんそういった皆さんは「私が頑張ってる自覚なし?」なので、僕も必死というか、いやいやコレ以上頑張るんじゃなくてね・・・とお話してばかりのような気がします。

ちなみに最近は僕が勝手に忍耐女子という言葉を使っているからか「私、忍耐女子ですか?」と聞いてくださる方もいらっしゃるんですよ、ありがたいことに。

ただ忍耐女子って、僕からすると「愛の才能に溢れた人」という意味なので、そうですよ、とお答えしています。

稀に忍耐女子=我慢ばっかりしている私、と勘違いされているようなので、そこはちょいと違いますよ、とお伝えしておきたいと思います。

ただ前回のコラムにも書きましたけど

パートナーシップとは

『パートナーシップとは、そこにいるお互いの感情が共鳴し、その感情を分かち合うことで成立している』ものなんですね。

だから、私達が考える心理学の上での「パートナーシップがうまくいく秘訣」って

「いかにあなたがゴキゲンで、そのココロを軽くしているか?」ということに尽きるんです。

そのあなたの感情が共鳴して、パートナーのハートに影響するんです。

もちろんパートナーの感情もあなたに共鳴しますのから、お互いにそうできればいいんですが・・・・

いかんせん、多くの男性は女性ほど「感情を上手に感じることができない生き物」でもあります。だから男性の感情の付き合い方は「我慢」が圧倒的に多いんです。

だから女性も我慢すると、パートナーシップの中で分かち合う感情がとてもヘヴィーなものになってしまいがちなんですね。これがパートナーシップがいい方向に向かない理由になっていることが多いんです。

もちろんそれは女性だけの問題ではないのですが、見方を変えれば「どこかゴキゲンで普段からその心を軽くしている女性」は男性から好かれやすい、とも言えるのです。

***

が、多くパートナーシップがうまくいかなくなる時・・・「一緒にいても辛い」と感じたり、「息が詰まる感覚」がして、『君と(あなたと)一緒にいても大変なだけ』と感じているようです。

でもその正体は「お互いの響かせ合っている感情」の影響で、特に忍耐女子のみなさんが持つ「愛情や才能に何か問題がある」とは僕はあまり考えないのです。

僕に相談してくださる方は、ホント僕が頭が下がる思いがするぐらい、皆さん頑張っておられます。だから僕も心情的に熱が入っちゃうんですけどね。

これからの私の恋愛・婚活、彼との関係、ご夫婦の関係、このままだとどうにもならないから、なんとかしたい。

そんな思いを持ってきてくださいます。

そんなみなさんにとってのパートナーシップが上手く行かない理由を突き詰めて考えていくと・・・

「私が私をある意味『モノ扱い』してしまっている」

そんな心の状態に行き着くことが多いんです。

モノ扱い、と書くと少し大げさなように見えるかもしれませんが、ちょっと想像してみてください。

もし、あなたが誰よりも愛する男性が、自分をモノ扱いしてボコボコにしていたとしたら。

「もう俺なんてダメなんだから」と自分を諦めてお酒に飲まれたり、自分を傷つけるような行動ばかりしていたら、あなたはどう思います?

きっと、イラッとするか、とても悲しい思いを抱えないでしょうか。

一緒にいる意味あるの?って思いませんか?

もし、あなたが自分に悪意はなくとも我慢ばかりしいていたり、私に価値を見ず、モノ扱いしていたとしたら、あなたの傍にいる男性も同じような思いを持つようになりますよ。

そして、男性は女性と違い、ものすごいスピードで無力感を感じて、「俺は君のために何もできない・・・」とあなたの前から去ろうとしますよ

なかなかね、「私が大変なのに、なんで男の人が去ろうとするのか」と疑問に思われる方のお話も伺いますけど、結構な確率でこの無力感の影響は大きいですね。

・・・私だってたくさん我慢しているし、彼のために頑張っているのに、どうして彼は離れていくの?

その答えが、あなたが無理をしすぎているから、男性が無力感や罪悪感にハマるのだとしたら、めちゃめちゃ悔しくないですか?僕はお話を聞いて悔しいですよ、ほんとにね。

しかしパートナーシップの問題がこじれすぎる前に

『忍耐女子のみなさんがその我慢していた感情や、つい我慢するする心の癖を解き放つ』

それだけで、関係性が変わっていくってことは、確かに起き得ること。

「あなたは愛する人のために、私を大切にしてくれますか?」

私が私をモノ扱いしない、ちゃんと丁寧に、大切な存在として扱う。

それがあなたの真実のパートナーへのギフトです。

それだけで忍耐女子のパートナーシップはうまくいくことが多いんです。

次回はその具体的なケーススタディを書きます。


※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら!

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...