ほぼ30代からの心理学

どうやったら人に心から興味が持てて親しい関係を築けて、それが心地いいと思えるようになるんでしょうか。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日もいただいたご質問にお答えしております。

よろしければどうぞ。

浅野さんへの質問

 

こんにちは。浅野さんのブログを読むと、自分の気持ちへの疑問がすっと納得いくような気分がして助けられてます。
そんな浅野さんに聞いて欲しくなってしまって、今回思い切って質問させていただきます。

 

最近、というか見て見ぬふりをし続けてきたのですが、どうも自分の感情が薄くなってきている気がしています。
自分に関する他人に興味がわかないです。
自分の好きな音楽や、テレビや、本、そういったものには積極的に関われるのに
自分のために他人と関わろう、という気持ちがないです。
求められたら、接するのはいいのですが…。

 

小さい頃から母親との関係がうまくいってないのも関係してるのかなと思います。

 

母は、わたしが産まれてから精神的な病気になってしまい、わたしが小学生の頃などは母が癇癪を起こしたとき泣きながら恨みがましいものを見る目であんたを産まなきゃよかったと言われたことが何度もあります。
自分を守るため?なのか、わたしは母親にいつも歯向かって、言うことを聞かずそれなら産んでくれなくてよかったのになどと反抗していました。
何度も何度も喧嘩になりました。
家出をしたこともあったりして、そうすると夜の公園に1人でいるのですがとても落ち着いたんです。
どうしてわたしは愛されないのだろう
普通の母親が欲しいなぁなどと思っていたように思います。

 

大人になるにつれ、母親とは前ほど喧嘩はしなくなりました。
ですが、わたしは母親に親しげに話しかけてこられると拒否のような感情が出てきてしまいます。
誰かと親しくなることに少し嫌な気持ちがしてしまいます。
恋愛などになると、どう相手に関わっていいのかもわからなくなります。

 

そうして、段々人に関わらなくても1人で落ち着くという気持ちに安定していきます。

 

でも、本当はもっと人に興味をもったり自分の中に他人も取り入れたりしてみたいんだと思います。
どうやったら人に心から興味が持てて親しい関係を築けて、それが心地いいと思えるようになるんでしょうか。

 

(なつさん ※原文のまま掲載させていただきます)

なつさん。いつもご覧いただきありがとうございます。

そして、勇気を持って質問を送ってくださってどうもありがとう。

それではあなたのご質問に僕なりにお答えしたいと思います。

***

お話を読ませていただいて、なつさんはご自身の心の様子、よく分かっていらっしゃるんだな、と感じましたよ。随分と頑張ってご自身のことを見つめてこられたのではないかな、と僕は思いますし。

あえて先に理屈っぽいことを書くとしたら、たしかにお母さんとの関係が、あなたの心に影響を与えているように、僕も感じます。

>どうしてわたしは愛されないのだろう
普通の母親が欲しいなぁなどと思っていたように思います。

それは・・・長い間切ない気持ちを抱えておられたんですね。

ただ、これはいい悪いという話ではないんですが

なつさんが、こういった「内省」を一人で続けていたり、一人になると気持ちが落ち着くといった経験、また仕方のないことだけれどお母さんとの衝突を続けると、「愛されない私」というセルフイメージばかり強まってしまうかもしれませんね。

だから、コレは誤解なんだけど、あなたの感情や感覚、イメージの世界で「私は愛されない」といった感覚が強まってしまっても不思議ではないかもしれないですね。

>誰かと親しくなることに少し嫌な気持ちがしてしまいます。
恋愛などになると、どう相手に関わっていいのかもわからなくなります。

もしそうだとすれば、その結果「私を知られたくない」という嫌悪感や、今の私のまま人と関わることへの困惑が起きたり、どう関わっていいのかという迷いや分からなさがでてくることも考えられることです。

でもこれは心を癒やしていくことである程度変えられるかもしれませんよ。

>大人になるにつれ、母親とは前ほど喧嘩はしなくなりました。
ですが、わたしは母親に親しげに話しかけてこられると拒否のような感情が出てきてしまいます。

きっとオトナになって、なつさんはいろいろな事情を理解されているんでしょうね。それは素晴らしいことですよね。

だから、その理解があなたの心のレベルにまで落ちていけばいいですね。

そうなると抵抗感や不安も消えていくかもしれない。

まだ、どこかで母に抵抗したい気持ち、我慢している気持ち、切ない気持ち・・・いろいろなものがココロの中に残っていても不思議ではない状態かな、と僕は感じましたよ。

こういった過去の感情が色濃く残っていると、僕達の心の時間が止まることがあるんですね。

過去に感じていた感覚、感情がそのままあるイメージの世界が、なかなか変わっていかないような感じですね。

>でも、本当はもっと人に興味をもったり自分の中に他人も取り入れたりしてみたいんだと思います。
どうやったら人に心から興味が持てて親しい関係を築けて、それが心地いいと思えるようになるんでしょうか。

そう思えていることが素晴らしいことだし、なつさんの変化の兆しなんでしょうね。

日常レベルでできることであれば、人のいいところを見て観察したり、自分のいいところ、価値に興味を持って意識していくといいですよ。

どうやら今のところ、人が怖れの対象になっているようなので、それを少しづつ変えていくイメージですね。

また、普段から使う言葉としては「ありがとう」を意識して使うようにする、といいますか。はじめは感情がこもっていなくてもいいので、許しや感謝の言葉を使う習慣をつけるといいですね。

すると自分の中でいい感情を感じることにつながり、その結果自分のイメージもいい方向に変化しやすくなり、人にも近づきやすくなりますし怖れも低減するでしょう。

これを継続してやってみてください。最低3ヶ月ぐらい。

ただ、それでも追いつかないなら、カウンセリングの時間短縮効果(例えば、一人で1年かかる作業を、カウンセリングで短縮するようなイメージ)も考えてみてくださいね。

あなたの心を丁寧に見つめて「感情やそのパターンの解放」をしていくと、止まっていた感覚、イメージがより良い方向に動き出すことがあると思いますよ。

 

最後になりますが、
 
大事なことは、なつさんが今まで頑張って一人で自分の気持ちと付き合ってきた、ということではないでしょうか。
 

あなたが一人で頑張れるベストを尽くしてきたんではないかなと。

だからどうか、今までの自分をネガティブに見てほしくないなと願っています。懸命に頑張ってきた自分を認めてあげてほしいなと思います。

そして今からでも、誰かと気持ちを分かち合う経験や、自分自身をより良く見つめる方向に動けば、心のバランスも解消し、親密感に近づけるようになると思いますよ。

以上、何か参考になれば幸いです。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...