ほぼ30代からの”仕事に活かせる”心理学

職場での人間関係でイライラしています。 気が強い女の子がどうしても苦手で大嫌いです その2

では、今日のコラムの続きです。

>まず自分に自信を持つこと、流されない自分になることが大切だと思うのですが、なかなかできません。

おっしゃるとおりですね。自分が他人の感情に流されないようになると、確かに冷静に相手を見つめて対応できるようになると僕も思います。

理想的なのは「あなたが相手の感情に巻き込まれないように、攻撃性を手放し罪悪感を感じないマインドのあり方」を見出していくことですね。

ただ、ここであなたが「どこまでチャレンジするか」という前提もありそうです。

それによって僕のご提案も変わってきますよ。

***

例えば、職場の彼女の言動をかわせればいい、というお話ならば、「その場の感情で動かず一人で抱えない」ということになります。

そのために、あなたの心に余裕が必要。普段からのストレスケアの重要性が高まります。

そのために、いいも悪いもなく、今のあなたの気持ちを吐き出せる場所やあなたの味方を持つことです。

誰かに話を聞いてもらって、「そうだよねぇ、それはイライラするよね」「あなたが悪いわけじゃないよ」なんて言ってもらえるとちょっと楽になりませんか?

感情を抱え込まず解放して、心に余裕があれば、多少のことは受け止められるようになり、その結果自分のことが肯定できるようになるかもしれません。

職場の上司にご相談になったとのことですが、それはとてもいい事ですね。ちゃんと相談することができないと結構辛い話になっていきますからね。

一方、「コレを機会に、自分の軸をしっかり持ってどんな人ともうまく関われる私になりたい」という場合。

まずは何より「あなたの心の余裕を作る」が前提なんですが、僕はもう少し踏み込んだご提案をします。

まずはあなた自身の中に「自分を責めちゃっている部分」がないかチェックしてみてください。

人に何か言われる時に心が揺れたり不安定になるなら、何かしらの「自己否定」のようなものがあっても不思議ではないんですよね。ここに罪悪感的な自己概念があります。

例えば

私はもっとしっかりしていないといけない=私はしっかりしていないかも?
私はどこかうっかりミスをしがちだ=私はミスをしてしまう人だ
私はもっと頑張らないといけない=私は怠け者だ?

そういった内面の自己否定に気づいて「まぁそれでいいじゃん、それも私じゃない」と認めてあげること。自分に対する厳しくなりすぎている意識があるなら、それを緩めてあげてください。

そもそもあなたがそこまで自分に手厳しくする必要があるのかなぁ・・・といった風に見るといいですね。

あなたの自己否定があるところに、人の言動が響くものですからね。そういった観念を緩めることも大切ですね。

それによってあなたのココロが楽になり、寛容さが持てるようになるかもしれませんね。

ココロの深いレベルでそれに取り組むならカウンセリングは確かにおすすめです。

また、更にこういった対人関係の問題を楽にしたいと思われるなら。

あなたが「あなたを責めるような言動をする人」を理解できずにいて、怖れを感じている可能性について考えてみてください。

あなたに分からないことは「怖れを感じる」の法則です。

おそらくこういったタイプの人は、人を責めることに意味を見出しているのではなく、自分の居場所を確保したいがために(存在理由を確かめたいがために)人にきつく当たる、そんな反応をするタイプなんでしょう。根っこに隠れているマインドは劣等感かもしれません。

だから、あなたを批判することに意味があるというより、自分を守るために人を責めている。

しかしどんな事情があれ、私たちは人を攻撃すると「罪悪感」を感じるので、人と仲良くすることはさらに難しいと感じるようになりますね。

だから、また周囲から責められるのではないか?という「怖れ」が出てくる。

そういった心の動きが繰り返されると、自分のペースで物事進めないと不安になっていきます。

もしかすると、相手はそういった心の動きを持っているのかもしれない。

そういった理解を進めて、あなたの中の攻撃の意識を手放しましょう。

「この人も大変なんだな、怖いんだな、きっと何か事情があるんだろうな」と理解していくことです。

コレによってあなたが得られる恩恵は「あなたが相手に対して攻撃性を持たない分、あなたの内面の怖れや罪悪感がなくなっていく」こと。

決して相手を調子に乗らせるわけではないので(そういったエゴの声もバンバン聞こえてきますけど)誤解のないようにお願いします~。

そして、相手の攻撃は「助けを求める声だ」という理解をしていくことです。

私達の心理学のリーダーシップの原則の中に「攻撃は助けを求める声」という格言のようなものがあるのです。

相手が何かしら自分を責める時、それは「私にはうまくできない」「私はあなたに助けてほしい」というメッセージが出ていることも多いものです。

そもそも私達の好意にも悪意にも、どちらにしても相手の興味を引くという効果があります。

だから普通は好意を使って相手の興味を引く、ということがベターな方法なんですが、どこか自己嫌悪が強かったり、承認欲求が満たされていない人の場合、素直に助けて、仲良くしたいとはいえないケースもありえます。

今回のケースの場合、あなたの事情とは関係なく、彼女は自分の立場や居場所を失ってしまうことが気になっているのかな?と僕は見ているんですけどね。

じゃなきゃ、普段、普通に挨拶はしないでしょう、と僕は思うわけです。

ここでもし、あなたが自分自身のさらなるレベルアップを、と思われるのであれば。

あなたから彼女と少しづつ関わってみるのも一つの方法です。

こういった時は更に分離したり、自分が傷つかないようにガードを固めるより、親密感の方向に進むと問題が解決することも少なくないんです。ちょっと勇気は必要ですけどね。

敵がいない状態、すなわち無敵状態に近づくことができれば、対人関係レベルでは相当に楽、ですよね。

朝の挨拶一つでもいいですよ。ちょっとあなたからゴキゲンなイメージで挨拶をしておいたり、帰り際に一声かけてみたり。私はあなたに敵意なんてないですよというメッセージが出せると、相手
の攻撃性は減少するかもしれません。

ここであなたが相手を扱えることは、あなたが罪悪感や被害者意識にハマらないことでもあり、あなたがさらに心を強くし、自分の軸を持って行動できていることになるわけです。

つまり自信を持って自分らしくいられるようになるわけですね。

すると、あなたの気分も良くなり、その理解力はあなたの今後の対人関係力といて備わり、一つ強みができますね。

ここで相手とうまく関係性が結べると、あなたの株は急上昇するでしょうね。

ただ、こういった職場での対人関係での問題って、相手の事情もありますから「あなたがどこまでやるか」という前提もあると僕は思います。

全く話を受け付けない相手の場合は、しっかり相手との境界線を引いてみるのもありです。

が、人によっては、相手に何もしないで境界線を引くと恐れや罪悪感の影響を強く受けることもあるので、一応こちらかのアクションをしてみることはオススメしたいところです。

ということで

あなたが自分が嫌な気分にならないように、と考えるのか。

それとも「コレをチャンスにして自分の心を強くしたり、よりよい状態にしたい」と思うのか。

問題一つ扱うにも、その取り組む意識の違いで手に入れられる結果は変わってくる、とも言えそうですね。

ちなみにカウンセリングを受けることで、こういった対人関係に対してどんなメリットがあるのか?といいますと。

・心の余裕を作ること、自分の不安を解放し気持ちを整理すること
・心が不安や怖れに対してあまり敏感に反応しなくなるような癒し・トレーニングを積むことができる

あたりでしょうか。

人からの意見や攻撃によって揺れる心を、少しづつしなやかに、そして不安に踊らされないようなものにしていくイメージですね。

何か参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...