恋愛・夫婦の心理学

愛する時は「心地よいこと」を選ぶといいですよ

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

最近、いろいろと物事深く考えることが多かったのですが、今日はふと思いついたことをコラムにしてみます。

よろしければどうぞ。


愛する時は「心地よさ」を選ぶ

「あなたが心地よいことを選び続けてみてくださいね」

僕がカウンセリングでもお話することの一つです。

恋愛でもご夫婦のご相談でも、お仕事でも同じ。

自分が「心地良い」とか「好き」とか「コレは素晴らしい」と感じるように動けば、僕達のココロはゴキゲンになるものですよね。

しかし、一時的な忍耐はあるにしても、「心から心地よい・好き」と感じられないものを選び続ければ、確かにつまらないし、しんどいし、心から喜べなくなるかもしれない。

だから、本来は好きなもの、人であっても、心から愛せない、喜べなくなることもありますよ。

僕が師匠から学んだ話はいくつもありますが

特に「自分が心地よいことを選ぶこと」の大切さは、いつもココロの中においています。

そのために自分のコンディションをいかに整えるか、という考え方ですね。

***

僕達が多く自己実現や幸せを考えた時、どうしても拭い去れない観念。

「頑張っただけ報われる」「苦手なことを克服したら幸せになる」

確かにそうかもしれない。

少し思い出したことがあります。

僕も学生時代に苦手な勉強に取り組む時(特に数学がからっきしダメでした(笑))は、そう言い聞かせていた時期があります。

この視点で僕は長い間、仕事、結婚、家庭のイメージを見ていたので、どうにもやる気にならなかった過去がありますよ。まぁ燃え尽きていたんですね・・・。

しかし、僕が得意な科目(現代文や社会科でしたね、特に地理)では、自分でハッキリいいますが(笑)何でもかんでも頭のなかにスーッと入ってきたわけです。

まぁ平たく言えば、好きだった、だけです(笑)

だから、この科目はほぼ苦労が伴う勉強なんてしたことがなかった。

興味があるから勝手に入ってきて定着して、もっと知りたい、もっと学びたいと喜んでいたものです。

とても「心地よかった」のです。

ただ、自分自身に病気があって酷いコンプレックスを抱えていた頃の僕は、自己嫌悪が強すぎて「自分が心地よいと感じる勉強」にそんなに大した意味を見出していなかったのですよね。

うまく行っていることが「ただの気休め」程度にしか感じていなかったわけです。辛いことを克服すること、できないことをやり遂げることに意味を見出していたんです。

今思うと、「好き、や、愛することはとても心地よいこと」だということを知ってて忘れてた、自分のことで手一杯になってしまって遠ざけていたんだな、と痛感するんです。

ここに「自分癒し」や「自分を好きになる」ことの大切さを感じるといいますかね。

もしあなたが「愛することが心地よくない」と感じるなら、「心地よいこと」以外のものにあなたの意識が向いているときなのかもしれませんね。

だから僕は多くのクライエントさまに「まずは自分を大切にしてください」とお願いしています。

今、頑張って彼と向き合えないなら、それはそれで大切にする気持ちだと思うし。

今、なんだかやる気にならないな、ということなら、それにも意味があることだと思う。

僕が、前のめりになって、どこか焦って仕事をしていた時に「焦ってやる気を出すよりも、やりたくなるまで待てば」と言われたこともありましたっけね。

そりゃそうだ、と思ったものです。不安よりも心地よさを選ぶってそ~いうことだよね、と。

やりたくなること=心地よくなること、まで休むこともあり、ですしね。

とにかくあなたが自分を許した度合いだけ、自分に余裕ができて、自分を好きになった分だけ、「心地よさ」を感じられるようになりますから。

このあたりが・・・僕の甘さ、いや気の長さかもしれないけれど、まぁそう考えています。

「うまく愛せないのはあなたの問題」と考えることもできるんですが、そこはなんというか・・・たしかにそうなんだけど仕方ないこともあるよね、なんて思っちゃうのが僕ですね。

なんだか僕のイメージとして、怖い人・手厳しい人、と見えているらしいというリサーチ結果が出ているのですが(笑)

思いのほか、「追い込む」ような考え方は使っていないんですよね。

もちろん僕は提案型のカウンセラーなので、「こう考えてくださいね」「こうしてみてください」とお願いすることはあります。

が、毎日頑張って生きている中では、時に疲れたり、心地よさを感じにくくなる理由も、それなりに出てくると思うんですよ。

だから、あなたが自分を責めたり追い込む発想より、今、あなたがうまく心地良さを感じられない、と思うならそれは手放す方向を考えればいい、なんて思っています。

思っている以上に、僕達のココロは素直に反応しているんですよね。

好きな人を愛すること。

好きなものに触れること。

好きな仕事に夢中になること。

それは本来とても心地よいことです。

そしてその心地よいことを「人に与える」ことができれば、更に喜びを感じられる。

相手が喜んでくれれば、もっと喜びを感じられる。

もし、あなたが出会った超美味しいスイーツがあるなら、それを友だちに薦めるとき。

あなたが出会った楽しいイベントに、人を誘うとき。

あなたがわざわざ嫌な気持ちを選択するでしょうか?

それと同じですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...