ほぼ30代からの心理学

ここで彼を許して彼を受け入れなければならないのか? こんなことした彼を私は愛せるのか?とグルグルしてしまいます。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日はいただいたメッセージから書いたコラム。ちょっと難しいですよ~と先に前置きしなきゃいけないほど、少しトリッキーなテキストになっているかもしれません。

浮気をした私の彼。もう信じられない・・・とショックを受けて悲しくてたまらない気持ちになった。

その気持ちも少し言えてきた頃に感じる「このまま彼を許していいのだろうか?」という不安や怒り。

出てきますよね、うん。

ただそのままにしておくとなかなか強い葛藤がやってきてしまうので・・・

よろしければお付き合いください。

心理学では、(浮気をした彼を)許したのちにさらにパワーアップした自分
幸せな二人になること頭では分かります。
ただ、ここで彼を許して彼を受け入れなければならないのか?
こんなことした彼を私は愛せるのか?
幸せな笑っている将来が想像できる?
ネガティブな気持ちがグルグルとめぐります。

 

浮気をした彼、私から距離を置こうとした彼。

そんな彼を愛しているけれど、しかしここで許して受け容れてもいいのか?

そう悩んじゃう状況もあるのかもしれませんね。意外とカウンセリングでそういったお話を伺うことは少なくないんです。

僕も心情的には「そりゃそうですよね。相手を許していいのか?また相手はやらかすんじゃないか?」と思いますよね、と思いますよ。

この時、彼はあなたを傷つける人、のままになっています。

もちろん実際に傷つけたことがあるなら、そりゃそう思いますよね。

だから、私が彼を許したらまた・・・と感じてしまうこと自体を否定的には僕は考えないのです。

ここで自分の気持ちを否定して「いやいや、彼を愛するなら信じないと・・・」とうまく頑張れればいいのですが、まだ辛い気持ちを抱えているのに無理やりに頑張りすぎると、ネガティブな気持ちや彼への疑いが増幅してしまうこともあるのでね。

そんな自分を嫌いになっちゃったら元も子もないといいますか・・・。

その許せないという気持ちも、今のあなたの一つの気持ち、ではないでしょうか。

その上で、ですが。

心理学では「アカウンタビリティ(自己責任の原則)」を考えてみると。

『私はどうして、許したい彼を「裏切る人」のにしておきたいのだろう・・・』

となります。

こんなことした彼を私は愛せるのか?
幸せな笑っている将来が想像できる?

ここで直面しているのは、未来への不安、もありますが・・・

「彼をうまく愛せない私」のようです。

これは気づきにくいけれど、結構辛いことなんですよ・・・。

うまく愛せない私、うまく許せずに苦しんでいる私。

これは罰になると思いません?

でも、どうしてその私があなたに必要なんでしょう?

ちょっと不思議な考え方ですけど、こう考えてみると、意外とあなたが自分に向けている思いが見えてくるものなんですよ。

例えば、この「彼をうまく愛せない私」って、

浮気をされちゃった私、という強い自己否定から生まれるものもあり得るんですが・・・

意外と浮気などの問題が起きる前にも登場していた、というケースもあるんです。

例えば、

彼に冷たく当たっていた私。
彼に不満をぶつけていた私。
いつも不機嫌だった私。

いろんな私がそれに該当します。

「私が彼を責めたから、彼に冷たくしたから・・・だから私も悪いんですよね・。」

そんな想いを抱えてカウンセリングに来てくださる方も少なくないんです。

その私のこと、どう許しましょうか。どう受け容れましょうか。

ここで悩まれるということは、きっとあなたの中に愛情がたくさんあったという証拠。それがいろんなスレ違いの中で伝わらなかったり、思い自体が傷ついたり、いろんな出来事があったのかもしれません。

だから、ここで許す対象になるのは、まず自分かもしれません。

もちろん言うは易しな話かもしれません。ですが、ここでの許しが入れば、意外と今の状況もまだ受け入れやすくなることがあるんです。

多くの人が好き好んで相手を裏切り傷つけようとは思わないもの。もしそう思うならすぐに大切な人から離れたほうがいいでしょう。お互いが傷つかないために。

そうではなく、オトナな人ほど「私が相手をうまく愛せない」から、不満を持ったり、傷ついたり、不機嫌になることも多いもの。

その私をあなたが罰していると、つい「うまく愛せない私」のままでいるなんてこともあるわけです。

これもまたつらいことです。

そこにいる私は、傷ついた私でもありますが、傷つくにふさわしいと感じている私でもあります。

ここで自分が許せない度合いだけ、また彼が私の方を向く(私のことを彼が受け容れる)とは思えなくなってしまう。

この「投影」が働くものだよなぁ・・・と、僕は考えることも多いですね。

なかなか彼を許せず受け入れがたい時は、なかなかきれいには許せない、それだけのことが起きている、と考えてもいいかもしれません。

そして、今、起きたことでダメージを受けたあなたのハートをそのままにしないことが大切です。

その上で、まずは許し、自分に対する。相手のことよりも先に自分を回復させる時、なんです。

なかなか見えないけれど、あなたの中に強い自己否定が存在しているときほど、パートナーを許せないことって多いんです。

だから、彼を許したいけれど許せない時は、今までの自分を含め、もっと自分を楽にしてあげるときかもしれませんね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...