恋愛・夫婦の心理学

彼のほうが私のことを好きなのでしょうが、その関係がもう辛いんです。私が頑張れていないのが悪いんでしょうか・・・

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

パートナーは愛してくれる。でも、一緒にいることが辛いし、私の気持ちを理解してくれない・・・。

そんなお話です。

よろしければどうぞ。


彼のほうが私のことを好きなのでしょう。でも・・・

『彼のほうが私のことが好きだと思っている。けれど、この関係を終わらせたほうがいいんじゃないかとも思う。

たしかに彼は普通に考えて悪い人ではない。私もそう思うんです。

このまま一緒にいてもやっていけないことはないのでしょうけど、それが辛いと感じるんです。』

こんな切実なご相談をいただくこともあります。

一見すると「彼に愛されてるんだからいいじゃない・・・」と思われがちなんですが、当のご本人はそうでもない、というか、むしろ辛いわけです。

「だったら別れればいいじゃない?」といった意見も出そうですが、しかし相手を傷つけてまで幸せになりたいとは思わない・・・なんてお感じの方も多いんですよ。

こういったお話を伺うと、なるほどなぁ・・・って思うんです。

『まさか自分を傷つけていませんよね』

僕はそんな事をしれっと伝えてしまうわけですけど、こういった問題で苦しまれている方ほど、なぜか「ご自分を傷つけている」事が多いのです。

自分が強い我慢する、もそう
自分が傷つけばいい、もそう
自分がリスクを負ってしまう、もそう

だからこういったお話の延長線上には「本来私はそんな人間ではなかったはずなんですが・・・実は今、別に彼がいるんです」といったお話を伺うことも少なくないわけです。

それはもう・・・仕方ないよね、そうでもしないと私が私でいられなくなっちゃいましたよね、って心情的には思います。だからそこで「彼がいる」からといって、特段あなたを偏って理解することはありません。

が、こうは思うかもしれない。

『そうやっていろんなものを背負ってきたんですね・・・。きっとその彼が本気になってくれればいいけど、そうなればそうなったできっとあなたはお困りになるんでしょうね・・・。』

だから「夫は悪い人ではないんですが、満たされません」といったご相談に多く登場する「彼」は、どこか優しいけどちょっと悩んでいる・困っている要素を持っている男性、が登場することも少なくないんです。

これも心のバランスから見つめると、納得できる話で

「大切な人を選んだはいいけど、今は頑張れていない私に意味を感じる相手」を選ぶ

という構図が見えてくるんです。

それがいい悪いという話ではなく・・・「それぐらい本来あなたは素晴らしいのに、なぜか自己価値を感じられなくなっている」ということのようなんですけどね。

僕のもとにお寄せいただく「いい人なんだけどパートナーが愛せない」という女性のお声。

これ、実は「夫や彼との関係がうまくいくとマズい」という構図になっているとしたらどう思います?

ぶっちゃけて書いちゃいますけど、そういったケースは本当に多いんです。

だからあなたがどれだけ愛情を投資しても、夫は私を理解しているように感じないし、彼の気持ちは上がってこないし・・・そんな状態が続きます。

さぁ、この状態、どう見ますか?

もちろん誰かに甘えたくって、夫が気に入らないから他に男性を作った、といった場合は別です。自分のことだけ考えて人を振り回しているケースも同じ。

が、どうしても今のパートナーと向き合っても私の気持ちは晴れない。相手の好きに付き合って生きることに限界を感じる、という感覚から生まれるこの問題は、それとは全く意味も状況も違うと僕は思うんです。

そもそもこういったご相談をいただくみなさんって「情にほだされやすく、NOが言えない」という要素を持っていることも多いんです。

そして「人の迷惑にならないように」と普段は振る舞い、相手を傷つける事を嫌います。

これこそなぜか「罪悪感・無価値感」が強まっている時に起きるもの。

だから、罪悪感・無価値感にふさわしい、自分が傷つく選択肢、我慢する選択肢を取るのです。

その結果・・・構図としては自分が価値のない人間になるような、悪者になるような行動を取り、今まで溜め込んできた心のオリのようなものを解放するしかなくなってしまう。

要は、「自分が幸せではない」という選択肢を、誰かのために選んでしまう、ということが起きているようなんです。

だとしたらそれこそ切なすぎるよなぁ・・・と思っちゃうんですけどね、僕はね。

なのでこういった「夫のほうが私を好き、だけどこのままでは・・・」といった皆さんには

「んーもっと自分を許しましょうか、そして自分の価値を感じられるようになりましょう」

なんてご提案をすることが多いものです。

「えー?私がこんな状態なのに、自分を許すですか?」なんてお声をいただきますけど、そうですね、僕はそうします。

実はこの問題の根底には「犠牲」が眠っています。犠牲あるところに罪悪感あり、なのです。

しかしこのようなご相談をいただく方ほど、自分を許さない人はいないので、「愛の形が犠牲」のままになってしまっていることが多いんです。

だから・・・

『もしかして・・・結婚する時も、夫がここまで好きになってくれるから、いつか私も好きになれるだろう、なんて考えていませんでした?』

そんなことまでしれっと僕は話しちゃいますよ~。

「誰かのために、夫のために今までいっぱい頑張ってきましたよね・・・そうやって思いを込めて生きてこられましたよね。

でも、もうこれ以上自分に無理は強いることができないですよね。

もう自分を追い込むのは止めませんか。」

そして気づいていただきたいのは「どうして私は自分のことを後回しにしてしまうんだろう・・・」「その心の癖はいつから始まったのだろう?」という部分。

ちょっと冷静になって落ち着いて考えていただきたいなぁと思います。

それがこういったお悩みの解決への入口になっていることも多いので。

表面的には私の不倫や浮気の問題でも、そうすることで自分を罰している、苦しめている方もいるようです。

だから、「今起きている事実」だけを見て一般的な観念だけでカウンセリングは進まないのです。

なぜあなたはそんなに大きな悩みを抱えて苦しまれているのか?その理由を大切にさせていただくんですね。

もし、このような問題でお悩みなら、どうか一人で抱えずご相談ください。一人で悩むほど
、また自分を追い込んでしまう結論を出してしまうことも多いようですからね。