【オススメ記事】

優しかった夫が豹変。その理由を探ると意外なことが見えてくる。

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日はご夫婦のご相談、復縁のご相談などにまつわるコラム。

よろしければお付き合いください。


優しかった夫が豹変。その理由は・・・

一言で言うと「男性なりの愛情が意味をなさなかった」と感じている可能性が高いということなんでしょうね。

「優しくて男気があっていい人だった夫が、急に豹変した。私を突き放すようになった」

そういった恋愛・ご夫婦のご相談をいただくことがあります。

「私は私なりに思いを伝えているけれど、彼には伝わっていないし、どう接したらよいかわからないんです」

そんな切ない思いをカウンセリングでお話しいただくことも少なくないんですよね。

こういったケースを男心的に考えた時。

もしその男性が、優しく男気にあふれているタイプなら

「自分が全く役に立っていない」

ということを何よりも怖れるでしょう。

そういった思いがあればあるほど苦しむでしょう。

何をしてもパートナーの機嫌が良くならない。
何をしてもパートナがふさぎ込んでいる。
何をしても二人の間に横たわる問題が解決しない。

時には自分がうまくパートナーに関われない、愛せない。そんな自分を責めてしまってどうにも扱えなくなっている男性のお話も伺います。

僕がこういったお話をすると

「そんなふうに思わなくていいのに・・・」

という女性の皆さんのお声を伺います。

「私にも悪いところがあったと思うし、彼だけの問題じゃないのに」

そう理解されている皆さんのお声も伺います。

そういったお話をクライエント様から伺う度に、「だから二人の関係がうまくいかないことが切ないですよね・・・」と僕も心情的には思うんですよ。

それぐらい男性を想っているというお気持ちも伝わってきますし。

が、それこそが罠かもしれないなぁ、とも僕は思うのです。

この手のタイプの男性は役に立っていたい人が多いようです。

それを男のプライドといってしまえばそれまでかもしれませんけどね。

ただ少し考えてみてくださいね。

もし、その男性が今、機嫌を損ねてしまうぐらい頑張った過去があるなら、それは誰のために頑張ったことなのでしょうか。

もし、その男性が、自信を失うぐらい耐えてチャレンジしたことがあるなら、そこにはどんな目的があったのでしょうか。

その男性が持っていたエネルギー、パワー、想いは、一体誰に向かっていたのでしょうか。

もちろん男気がある人ほど「誰かの為に頑張っているんだ」とはなかなか言わないかもしれません。

だからその態度で誰を想っているかは見えづらいんですよね。

しかし、想いがなければ関係は続かないですよね。

人が人に失望するとき。

相手が自分の思うように愛してくれない、と嘆き、不満をぶつけるのは依存的な人だけです。

表面的には同じような行動をしていても

実はその内面で「相手が自分の思いを理解し、受け取ってはくれない」と嘆いているのが自立的な人です。

優しかった夫が手のひらを返すように冷たくなった。

そんなケースを伺うと、今の問題より前に「夫側が愛情を注いでもそれが無力化されていた」というケースも少なくないものなんですよ。

だから、こういったタイプの男性や、分かり合えない関係性を扱うには、まずあなたが「愛を受け取る自覚」が必要なのかもしれません。

そして、相手が相手なりに与えようとしていたことを、悪意はなくとも否定しない、そこにあることを認めていくことです。

そのためにあなたの心を癒やし、その制限は取り外したほうがいいでしょうね。

自分が思っている以上に、あなたに向けられている思いは少なくはないはず、ということに。

これがなかなか分かり合えない関係性を好転させるための前提条件だと僕は思いますよ。


※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら!

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...