ほぼ30代からの心理学

あなたは何色?

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は東京心理学ワークショップですね。

実は今日のワークショップ、たくさんのお申込みと同時に、実はたくさんのキャンセルもいただいています。もちろん急にご都合が悪くなられた方もいらっしゃると思いますから、全然問題ないんですよ。

またの機会にお会いできれば嬉しいなぁ、と思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

なので、今日ワークショップに飛び込んでいただいても、ご用意できるお席はある程度ございますよ。

ちなみに今回のワークショップ告知に、東京所属の大塚統子カウンセラー大野愛子カウンセラーがしれっと協力してくださいました。こういった温かく素敵な仲間がいることは幸せです、ホント。

(大塚カウンセラーは今日ワークショップに来てくれますし、愛子さんには、お世話になってんのは僕の方ですよ、と伝えたいですけれど(笑))

手前味噌ですけど、私達カウンセリングサービスはそういうチームなんです。

今も昔も、これからも。

それでは今日のコラムです。

よろしければどうぞ。


あなたは何色を感じていますか?

今、あなたはあなた自身を何色に感じていますか?

あなたは今のパートナーを何色だと感じていますか?

あなたの仕事は、あなたの家族は、あなたのココロは、あなたの日常は・・・

何色だと思うでしょうか?

今日のワークショップはこの話から始まります。

ココロはイメージの世界、感覚的な世界、でもあります。

つまり、そこにある「色」は、そのあなたの心の状態、感じ方を示すものでもあるんです。

だから、カウンセリングセッションでも、セミナーでも、僕はこういったご質問をすることがあるんです。

あなたは幸せとイメージすると、何色を思い浮かべますか?

逆に、ガンと聴くと、何色を思い浮かべますか?

幸せはきっとそれぞれ色が違うものであることが多いんです。それはとても大事なこと。

ただ、ガンについては、黒系の色を思い浮かべる方が多いようです。

が、どうやら実際のガンの色は・・・「白」らしいのです。

どうでしょう、あなたのイメージ通りでしょうか?それとも違和感を感じますか?違和感を感じるとしたら、それはなぜでしょうか?

僕たちは自分の感情、感覚、イメージの中で生きている。

ならばそのイメージを変えることは、あなたの感じ方を変え、あなたを変えることでもあるんですよ。

僕が好きな色は「紺」です。

だからなんでもまず「紺」のアイテムを選びます。

しかし、僕の心の中って・・・「赤」なのです(笑)

どうやらそれが僕の本質。

かつて僕は自分で「理性的でクールでドライな人間」だと思っていましたが、心を知るたびに、心理学の仲間に聞くたびに、「そうではない」と知ることになったんですね。

そうか、自分は情熱的なのか・・・。

自分のことを隠していたことに気づいたわけです。

もちろん、今までの理性的な自分は消えないんです。それは身についた能力として残るんです。

ただ、自分の中にある、その熱と感性を開放することを許可した途端、ものすごい「生きやすさ」を感じたものですよ。

なんだよこれ、もう「どうすればいいんだろう」と悩んで考えてる場合じゃなかった・・・。

かつては毎日帰って寝るだけの生活、嫌々生きていた(笑)僕が、生きててよかった、もっと生きたいと思い始めた瞬間でもあります。

自分を開放する。自分らしい言い方、伝え方、生き方、感じ方を表現する。

自分を生きる、楽しむ、とはそういうことのような、そんな感覚が僕の中にはあります。

あなたはあなたをどう見つめているでしょうか?

あなたは自分を何色だと感じているでしょうか?

しかし、本当のあなたは・・・何色なのでしょうか?

あなたはどんな色を感じていたいでしょうか?

何を感じて生きていたいでしょうか?

今日のワークショップは、そんな内面的な変化にアプローチする6時間をご提供しようと思います。

どうぞお楽しみに!

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...