【オススメ記事】

その夫・彼が怒る理由(2) ~自立的で依存嫌いの男性が怒る理由はこんな感じ~

それでは今日のコラムの続きです。

しかしどうしてこういったパートナーとのすれ違いが起こるのでしょうか。

これは、逆の立場で考えてみるとその理由が見えてきます。
パートナーが私に向けて不機嫌な態度を取っていたり、時には怒ってくるとき。

それは常に「パートナーの依存だ、わがままだ」と感じてしまう大人、自立的な人って多いようです。

しかしそれは、あなた自身が「人に気持ちをわかってほしい」と思うことが、依存的で甘えていることだと思いこんでいるだけかもしれません。

そんなあなたはきっと「自分の気持ちに対し、人の理解を求めない」ようになるでしょう。

ここに「禁止の心理」が見えてきます。

私は「人に依存心を表現すること禁止する」のです。

しかし「禁止は欲求を作るの法則」から、依存心を禁止すればするほど人に理解を求めたくなるもの。

それが私たちの気持ちのようです。
ただここでは、自分が本来禁止しているはずの依存心を感じますね。

だから、依存心を嫌っている人ほど、ここでは自分に対する評価はあまりいいものにはなりません。

自分は依存的で、パートナーに対して愛のない態度をとっている、と感じるのです。

私は頑張っていないと感じるようになるのです。

実は自分がいつもパートナーのことを思って頑張っているとか、日頃どれだけ自分を律して生きているとか、そういった自分のことを感じなくなるのです。
つまり

「自分が自分の依存心を嫌っている度合いだけ、自分には愛がないと思ってしまいがち」

これがオトナである私たちが自立的に生きているときにハマりやすい罠です。
だから、パートナーに愛情を受けとってもらえないと怒るのです。

オレがだめだっていうのか、どれだけ頑張ればいいんだ・・・と話すようになるのです。

それが行き過ぎると激怒になり、時には「もう別れてくれ!」という言葉になるのです。

実はそういった男性って意外と少なくありません。

さて、こういったお話を伺うとき。

実は女性側も、自立し、自分の依存心を嫌っていたり、パートナーを愛し受け入れることばかり(与えることばかり)考えているケースも多いんです。

相手の愛情や頑張りを認めるのではなく、あなたがパートナーを愛することばかり考えてしまいます。

むしろパートナーに私の愛情を理解してほしくて必死だ、というケースのほうが多いし、何度パートナーに拒絶されても諦めずに愛し続けている方のお話を伺うと、それはもう頭が下がる思いがしますし、

もうこれ以上傷つけないですよね

とも思います。。
が、あなたもどこか依存的である自分を嫌うと、つい自立しすぎてしまい「相手を認めるのではなく、相手に与え受け取らせること」ばかり考えてしまうのです。

これが、夫や彼が怒る理由になっていることが多いのですよ。
苦労はこっちだけでいいんだよ。君が苦労するな。

そう心の中ではつぶやいている男性も少なくないんですよ・・・。

こういった状況、その心理をじっくり見つめていくと、お互いに

「私が頑張ることや、依存したい気持ちを抑えることは当たり前でしょう?」

という気持ちが見えてきます。
だから、私が

毎日仕事するのが当たり前。
毎日家事が育児をして当たり前。
パートナーのことを心配して当たり前。
パートナーのことを気遣って当たり前。
パートナーに対して愛を持っていることが当たり前。
パートナーのためにどんな苦労だっていとわないと思うことが当たり前。

そう自分自身にいい続けている人が多いのです。

はっきり言っておきます。
それ、当たり前じゃねえし!(笑)
それ、当たり前にするからうまくいかないんです。

そこで、あなたが自分のことを「頑張っている・愛がある」と承認できると、「人からの好意も受け取りやすくなる」わけです。

自分のことを許せた度合いだけ、パートナーからの愛を受け取ることも出来るわけですから。

それを夫や彼は、ずっと待っているのです。

しかし、夫や彼は「自分が愛を受け取る」ということをなかなか許可できないんです・・・。それぐらい男性は「与えること」にこだわる文化を持っています。

そんなときは、夫や彼に、真正面からあなたの愛情を受け取らせようとするのではなく、「自分が自分の価値を受け取るとき」なんですよね。

まずそこから。そこからはじめるといいですよ。

そして、相手なりの愛情を理解できたら、それを受け取ることです。与えるのではなく、ありがとう、と。

受け取ることは、与えることの女性性的側面、ですから。

それを続けることが相手のココロをもう一度開く鍵になることも多いんですね。

・・・え?

あぁ、はい。そうですよね。

あわわ、わかりますよ、そのイライラ・・・^^;

でもね、そうだなぁ・・・。

もうどうしようもなくイライラするときは・・・「イ」と「ラ」を入れ替えて話すと少しマシになりますよ。

「イライライラ・・・」ではなく「ライライライ・・・・」

すみません。くだらないこと言いました・・・。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...