ほぼ30代からの心理学

学生時代から社会人になった今でも、気がおけない友人がいません

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日もいただいたご質問にお答えしております。

よろしければどうぞ。

浅野さんへの質問

 

学生時代から社会人になった今でも、気がおけない友人がいません。
学生時代の楽しかった思い出というのもあんまりなくて、遊んでるときも喧嘩してしまったり、私の方がきつく当たってしまうことがありました。
こんな自分が嫌いです。変えたいと思ってるのに、なかなか変われません。どうしたら変われますか?

 

(yuiさん ※原文のまま掲載してます)

まずは、そんな自分も自分なんだよなぁ・・・が入り口でしょうか。

気が置けない友達がいないって寂しいし、切ないし、なんだかなぁ・・・って感じやすいかもしれませんよね。

僕もそもそも分離感の中で生きていた人間なので、なんとなくその感覚は分かる気がします。

が、そうであっても、しっかり今まで生きてきた私もいるわけですよね。

だとしたら、そんな自分は自分だよなぁ・・・って受け容れることは、自分を大切にすること、その一つの要素になると思うんですね。

遊んでるときも喧嘩してしまったり、私の方がきつく当たってしまうことがありました。

不思議なんですけどね、こういったことは確かに起きますね。

例えば

どこか寂しさを抱えすぎている。
自分のことをあまり良く思っていない。
満たされないニーズをたくさん我慢してきた。

ココロがそういった状態になると、そういった自分をあまり肯定できない人が多いのではないでしょうか。

むしろそんな自分って・・・とネガティヴに感じちゃうこともあるかもしれませんね。

すると、そんな自分を隠そうとすることが多いはず。

気づかれちゃいけない、とね。

しかし、友達との付き合いなど親密感を感じたり、そもそも「人がいる」状態になると、私の感情を刺激されることもあるでしょう。

そのとき、つい嫌な気分を感じちゃうんですね。

要は、自己嫌悪や隠してきた自分、我慢してきた感情を感じちゃうわけです。

それはあまりいい気分ではないので、怒りで蓋をしようとすることもあるでしょう。

その結果、友達と喧嘩してしまったり、怒ってしまったり、不快だという態度をとったり・・・

いろんな事が起きるかもしれませんね。

だから自分を嫌うのはしゃーないとしても、否定するとあまりいい結果が出てこないかもしれませんよ。

こんな自分が嫌いです。変えたいと思ってるのに、なかなか変われません。どうしたら変われますか?

私達のカウンセリング的な視点で見るなら

「今まで抱えてきた感情の解放」を行うこと

「自分のことを理解する」こと

そのあたりが鍵になるでしょうか。

あなたが抱えている感情が多い度合いだけ嫌な気分になり、更に怒らなきゃいけなくなるので、上手な人付き合いのためにカウンセリングなどで感情の解放を行ってみるといいかもしれない。

また、自分への理解についてですが・・・

例えば、友だちが少ない・いない自分ってどうしても自分で嫌いがち。

少なからず、悪い、ダメといった評価は外すことでしょうか。

ダメなのではなく、何か自分に人とうまく繋がれない事情があるのではないか?

そう考えてみる。その理由に気づいてみる。

そういった部分は確かに心理学がお役に立てるジャンルでしょうね。

その上で・・・

今まで、あなたに優しく接したり、受け容れてくれた人はいなかったでしょうか?

そんな人はどんな目で私を見ていてくれたのだろう?と理解し気づくこともいい感じですね。

そして、自分を評価する。

過剰に盛る必要もありませんが遠慮する必要もありません。

自分のいいところ、価値、魅力をしっかり自分で認めていくことですね。

これはセルフワークでもできると思います。日々、思いつく私の価値を紙にに書き出してまとめていくとか。

こういったことを繰り返すといいかもしれませんね。

また、どこか自分のサポートが必要かも?思われたなら、カウンセリングに来てくださいね。

以上、なにか参考になりましたら幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...