ほぼ30代からの心理学

その光景をどう見るかは自分次第

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、明日から僕はちょっと長めの休暇をいただきます。ようやく夏休みが来た~と勝手にテンション上がってます。ま、おっさんですが中身は子供、って感じでしょうかね(笑)

それでは今日のコラムです。

よろしければどうぞ。


例えば、お盆でね・・・

今はもういらっしゃらない方に、手を合わせている方がいるとします。

そこでスーッと涙を流されている方がいる。

その光景を見た時、何を感じるかは自分次第だと思うんですね。

あぁ、ご心痛お察しします、と感じる方もいるかもしれないし。

あぁ、お寂しいのかな、と感じる方もいるかもしれない。

何をどう感じるかは、その人次第なんですよね。

これが「投影」なんです。自分の感情を映し出す、ということ。

ちなみに、昔は僕も、きっとお寂しいのだろうな、と思うことが多かったんですよ。

ただ、最近は少し感じ方が変わっているんです。

先に書いたような光景を見ると

あぁ、その方にとって、涙するぐらい愛おしく大切な方なんだな

と思うんです。

それぐらい想われているのだな、と。

これが今の僕の投影の世界、になりましたね。

もちろん何が正解、とは言えない話ですけどね。

ただ、自分が感じているものを、外の世界に映し出すのが投影。

今の自分が、この世界を見て

何をどう感じるかは

自分の抱えている感情、自分自身へ向けた思いや

実際に人を大切にした数や

自分の意味を受け取った度合いだけ

変化していくと言えそうですね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...