恋愛・夫婦の心理学

「結婚するならこんな人」が好きなれないんです。

今日もいただいたご質問にお答えしています。

よろしければどうぞ。

浅野さんへの質問

 

こんにちは。何か心にモヤモヤしたことがあるときは、浅野さんのブログを読み漁って、そのたびに優しさをもらっています。ありがとうございます。

 

しかし、今またモヤモヤしております。もしかすると同じ年くらいの女性が同じ悩みを持っているのではないかと思い、30歳前の独身女性を代表して相談させていただきます。笑

 

今、27歳です。彼氏はいません。お食事に行ったり、お誘いをうけることはあります。また、私に好意をもってくれる男性もいます。

 

その人は、優しくて、悩みをとことん聞いてくれて、ポジティブで、家庭環境も似ていて、家族思いで、お仕事も尊敬できて、頭もよくて、話も合うし、笑わせてくれます。この人と結婚したら幸せになれるだろうと思います。しかし、どうしても男性としてみることができないのです。

 

背も高くないので、ハグをされてもいまいちだし、手も小さいから手を繋いでも女の子と手を繋いでいるようで・・・

 

すごくいいひとなのですが、「好きーーーーー!」という感情にならないのです。

 

実は、来年海外に留学に行きたいと思っています。
すごく悪い考え方ですが、留学先で誰かもっと好きになれる人と出会えるのではないかと思ったりします。なぜなら、海外の人のほうが魅力的に感じることが多いからです。(内面的にも外見的にも)しかし、出会わなかったら、もう30歳ですし、今後この人以上に優しい男性が現れないのではとも思っています。

 

完璧な人はいないと思っています。だからこそ、その人を好きになれたらどんなに幸せなことだろうと思います。でも、好きになれないのです。もうすぐ30歳ですし、年齢は関係ないと言い聞かせてもやはり焦ります。私のどの感情が曲がっていて、どのような心の持ちようでいたらいいのでしょうか。どうすることがベストなのか分かりません。私は人を好きになること、愛することができるのでしょうか。宜しくお願い致します。

 

(あかねこさん ※原文のまま掲載します)
あかねこさん、ネタ募集にご協力ありがとうございます~!
何か心にモヤモヤしたことがあるときは、浅野さんのブログを読み漁って、そのたびに優しさをもらっています。ありがとうございます。

めちゃめちゃ嬉しいご感想ありがとうございます!

更にやる気が出ます!いつもありがとうございます~。

ではでは、ご質問にお答えしますね。

私は人を好きになること、愛することができるのでしょうか。

結論から先に書きますと、できると思います。

いや、むしろ既に人を愛するマインドは培われていると思うのです。

でなけば、このご質問が思い浮かぶことはありえないと僕は思うんですよ。

ちなみに、ご年齢が27歳とのこと。

だとしたら、あなたのマインドがかなり大きく変化している時期なのかもしれませんね。

10代や20代前半には感じなかったような、「大切な人を愛する」ことへの意欲が高まりはじめる時期、とも考えられるので。

だから今までであれば感じなかった疑問が浮かびやすい。

もちろん個人差がありますけど、20代後半から30代前半はそういう時期なんですよね。

これを僕は勝手に「愛が覚醒する時期」なんて呼んでますけどね(笑)

 

すごくいいひとなのですが、「好きーーーーー!」という感情にならないのです。

「彼(夫)はいい人なんだけど好きと思えず、なんだか楽しめなくて。

どこか一緒にいても虚しいし、申し訳ない気持ちでいっぱいになるんです。」

 

僕もそんなお話をしてくださる方に出会ったことは一度や二度ではないんです。

 

ただ、みなさんのお話には微妙な違い、パターンがありますよ。

「家族が一番居心地いい。」
「女子といるのは好き、楽しい。」
「そもそも1人がいい。気楽。」
「どんな男性も、じっくり眺めるとただの子供だと思えちゃう。」
「男性は恋愛対象ではなく、接待?お客?。」
「そもそも何かに縛られることが嫌い。」

思いつく限りざっくり書きますとこんな感じでしょうか。

このような男性に「好き」だと感じられない心の事情には、ある程度共通している場合が多いものですけどね。
 

一番分かりやすい原因は

「過去の大失恋」「対人関係でのハートブレイク」「家族との関係性」というケースですね。

・失恋してから男性に興味をもつことへの恐れを持った
・対人関係の中で、いじめなどひどい経験をして、どこか人を信じられない、信じたくない
・そもそも親密なはずの家族関係で親密感が感じ取りにくかった、いい子だった。

その結果、

上に書いたような理由を作って、親密な関係、感情的には「親密感」をブロックして毎日を過ごすようになり。

更にその結果、

「どれだけいい人でも「好き」とは感じられず、申し訳ないなと思ってしまう」
「このままでは結婚できるかどうか不安です」

というお悩みを抱えてしまわれた、という構図でしょうか。

もちろんこれはあくまで一例ですけれども。

背も高くないので、ハグをされてもいまいちだし、手も小さいから手を繋いでも女の子と手を繋いでいるようで・・・

これはシンプルに

あなたにとってその男性が好みじゃなかった

ということかもしれません。

ただ、あえて別の理由として考えてみると

男性を男性として感じてしまうと怖い、もしくは、不安・・・。

そういった感情が深層心理に眠っていると、「男」を感じる人とは接近できなくなります。

その結果「穏やか人」「かわいい人」「女子っぽい要素が見える人」をいいなと思うのですが、

自分が「女だ~!」と感じることができない、なんて話もあるんです。

そもそも、僕たちが異性と向き合っているときの心動きについて説明すると、

男性は女性を見て「僕は男性なんだな」と感じ。
女性は男性を見て「私は女性なんだな」と感じるのです。

つまり

「自分が女だ」と感じることに対する抵抗感(殆どが誤解ですけど)があると

「男性に親密感を感じにくくなる」とうお話に繋がるケースもありますね。

これは男性も同じで

「自分の男」という部分に誤解なんですけど「疑い」があると

なかなか女性が好きになれない、という感じですよね。

また、あかねこさんは質問の中にこう書いてくださっていますよね。

実は、来年海外に留学に行きたいと思っています。
すごく悪い考え方ですが、留学先で誰かもっと好きになれる人と出会えるのではないかと思ったりします。なぜなら、海外の人のほうが魅力的に感じることが多いからです。(内面的にも外見的にも)

この考え方、僕は悪いとは感じなかったんです。

ただ、なぜあかねこさんが「悪い考え方」だと感じたのか?

ここに僕は超興味を持ってしまいました。すみません^^;

そもそもこのお話って

海外での出会いへの希望、のお話でもありつつ

「距離」についてのお話だな、と僕には見えたんですよね。

海外への留学がいい悪いという話ではなくて

ホーム(日本)から心理的な「距離を取る」

ということを書いてくださっているな、ということ。

それが悪いこと、のようにお感じになっている。

それはなぜなんだろう・・・。

なにか理由があるのかな?と。

深読みですよ・・・と言われればそうかも、なんですが。

ただ、僕も真剣に考えたんですが、

今回書いていただいてある情報だけでは、ごめんなさい、これ以上分からなかったんです。

ただ、少なからず僕の推測として言えることは

距離を取ることが悪い
いい男性なんだけど好きになれない

そう感じるなら

何かしらあなたの親密な人との関係で感じている

心理ブロックが残っている可能性はありますね。

恋愛とは全く関係のないレベルで

「親密な人への申し訳無さ」

があると、「好き」という感情をブロックしてしまうこともありますから。

申し訳無さは放置すると

「私は近づいてはいけない」「私は幸せになってはいけない」

こんな観念を生み出しますもんね。

ただ、これは問題ではなく、すべて「事情」だと僕は思います。

今回のお話を伺って、あなたに愛情がない人だとは僕は感じないのですよ。

むしろその逆です。

なのに、その気持ちを感じられない・・・のであれば、ホント切ないお話ですね。

ただ、どんな感情や感覚にも意味はあります。

そして逆説的ですけれど学びもあります。

その感覚があるからこそ

「人を好きになることの意味」をあなたは知っているのではないか

ぐらい僕は感じています。

どうかまずは今の自分、その愛情を信頼してあげてくださいね。

それがまず一歩目の癒やし・許しなんでしょうね。

その上で、もう一歩自分が安心し、更に楽になるために、その心の「事情」について考えてみてはいかがでしょうか。

なにか参考になりましたら幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...