【オススメ記事】

結婚まで考えていた彼が「今は距離をおきたい」と話す心理

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

それでは今日のコラム。

今の恋愛が愛し合える関係になるか、そうではないのか・・・

その瀬戸際で起こり得る話を、男性心理などから分析していきます。

よろしければどうぞ。

「今は距離をおきたい」に込められた意味

「今は距離をおきたいと思っている。このままでは君に申し訳ない。」

そんな言葉やLineメッセージがやってくると切ないですよね・・・。

この言葉ってやっぱり「彼が別れを考えているから伝えてくる言葉」ともいえるんです。

残念だけどお別れとなってしまうケースもあるでしょう。

しかし、実際に僕にお寄せいただくカウンセリング事例の中には

「それって・・・彼、本気で別れたいと願っているのかな?むしろ苦しんでいるだけなのではないだろうか・・・」

そう感じるケースもあるものです。

特に

「結婚まで約束したような関係」
「付き合ったり別れたりを繰り返す関係」
「そもそも彼はとても誠実で前向きな人」
「彼は人望がある優しい自立男子」

そんなケースに当てはまる事が多いですね。

「私のためにも今、できる限りのことをしたい」

そんなクライエントさまのお声をたくさん伺いますし、少しでも応援になればと思い、今日のコラムを書いていきます。

 

距離をおきたいと男性が思う理由を探る

今回のお話は

・その男性が自立的な生き方をしている(自立男子)
・恋愛中も分かりあえていた。ケンカなどを頻繁に繰り返してきたわけではない。
・「人には優しい」「仕事ができる」「普段は朗らか」といった特徴がある
・はっきりとまでではないが、結婚願望やお子さんを望む気持ちがある

しかし、なぜか二人の距離が詰めきれない。いい関係になれない。

そういったケースを想定して話を続けます。

もし、こういった特徴があるのに、あなたと距離を置きたいと男性が伝えてきたなら

その男性が「恋愛(幸せ・親密感)から距離を置かなきゃいけない」と感じる事情

がありそうです。

この事情がその男性の内面で「恋愛を遠ざける理由」を作っていることは多いものです。

こういったタイプの男性は「愛すること」は得意でしょう。

しかし「人から愛される」「自分が幸せな環境にいる」ことに、心理的葛藤しやすいとも言えます。

この葛藤が恋愛を遠ざける理由になっているのです。

が、おそらく「距離をおいたほうがいい」と感じている男性本人は、「もう別れることがお互いのために正解だ」と感じているでしょう。

それが理由で彼は「距離を置くこと」を譲らないわけですが、それもこれも心理的葛藤があるからだ、と考えられるのです。

こういった男性は

「彼女を幸せにしたい気持ちはある。しかし、自分が幸せになることに不安を覚える」

このような葛藤を抱えています。

こう書くと「なんて不思議な話だろう」と思われるかもしれません。

たしかに客観的に見ればおかしな話です。

しかしそれはあくまで「思考的な感想」だと僕は思うのです。

ココロや感情がもたらすパワーは思考を遥かに凌駕するもの。

考えて紐解けるものではない事が多いのです。

「理解、実感、体感」が揃うことで初めてブレイクスルーが起きる。

その視点で見れば、その男性自身も「なぜ自分は親密で幸せな関係になれないのか」と悩んでいるはずなのです。

 

彼が放つ「どうか自分を罰してほしい」というメッセージ

しかし、彼がとっている行動は「喜ばしいもの」ではありませんよね。

もちろんその男性も分かっているでしょう。

「こんなことを言い出す自分が悪い」と。

ただそれがその男性の「罪悪感」の影響だとは、きっと本人にも見えていないかもしれない。

それぐらい罪悪感は巧妙な動きをします。

まるで「愛の代わり」のような作用を持つのです。

「自分は彼女を幸せにしたい。

しかし、今の関係のままでは幸せにすることができないだろう。

ならば、自分とは距離をおいたほうがいい。」

身勝手な話なのですが、男性にとっては

「本気でそれが愛(のような正しさ)だと感じる」

のです。

こういった男性の話をお友達に相談したとしたら、「その男性なんてやめておいたほうがいい」と言うかもしれません。

もちろんそれはあなたを思うからこその意見。ありがたいものですね。

ただ、そんなお話を伺うと、僕は思うのです。

「なるほど。お友達も彼の罪悪感に反応したのかもしれないな」と。

「自分が悪い」と表現する人の深層心理では、「誰かに罰してほしい」と感じているもの。

もちろんどんな人も「思考」では「罰してほしい」と思っていないでしょう。

しかし、それはあくまで思考の話なのです。感情や心理の話ではない。

それは何も難しい話ではなくて

「あなたが彼のために喜んでほしいとご飯を作った」とき、彼が喜んでくれないと違和感を感じ、喜んでくれると嬉しいものですね。

それと同じです。

「罪悪感」を感じていると

「そんなことないよ」と言われると違和感を感じ、「罰される」と納得するのです。

「罪悪感」を感じて人と向き合うと

その深層心理は「どうか自分を罰してください」といったメッセージを発します。

女性が友達に彼の話を相談すると「その人はやめておきなよ」といった声が聞こえてくるのはそのためです。

それは何も特別なことではないのです。

罪悪感の効果なのです。

 

その彼の葛藤に共感する人はだれもいない

少し客観的に考えてみてください。

「本当に好きで一緒にいたいと願った人と、距離を置きたいと考えてしまう」

これ、考える方も相当つらいものですよね。

しかし「その選択がベターだ」と思うなら、彼はどれだけ「自分は人を不幸にしてしまう」という感覚を所有しているのだろう、と僕は推測します。

そしてそこに気づいた女性ほど「彼を愛そう」とします。

持てる限りの愛を持って、彼に向かって「押す」のです。彼の葛藤を否定したくなるのです。

が、その方法がうまくいく・・・とは限りません。

いくら女性の愛を持って彼に接しても、彼にシャットアウトされてしまうことが多いようです。

その理由はたった一つ。

彼の葛藤、罪悪感、感情への共感や理解がすっかり抜けている。

誰も好き好んで彼女を傷つけたいと願っている人などいません。

男性も身勝手なことを思いつつ、悩んで答えを出しています。

しかし「そうするしかない」と感じてしまう男性の苦しみの存在に、どれだけの人が気づけるでしょうか。

もちろん、男性自身もその苦しみは女性の前で表現しませんから、女性から「手の打ちようがなくなる」ことも仕方のないことです。

女性が自分を責めたり、疑う必要はありません。

いわば「しゃーないこと」なんですよ。

しかし、多くの女性の皆さんのお話は

「どう愛したらいいか」「どう愛を伝えたらよいか」になるのです。

もちろんそれはそれで素晴らしいことなんですよ。きっとその気持ちは男性を幸せにするでしょう。

今はそう信じられなくても、その力はあなたにあるはずです。

しかし、どれだけ素晴らしい力があったとしても

その前に男性の心の扉をどうノックするか。

これもとても大切なことだとは思いませんか?

男性の感情に誰も手を差し伸べていない。

この現実は男性の中にかなり重い心の扉を作ります。

その結果、二人のプロセスが前に進まないこともよくあることなのです。

共感されることの意味、大きさを知らない男性は少なくないもの。

そこには

「こんな自分を誰か理解してくれるのか、もはや共感など求められない」

そんな申し訳無さにも、諦めにも似た思いがあるのです。

 

共感なき愛情は、相手にとって「妨害行為」に取られてしまう。

あなたがどれだけ間違っていなくても、これが悲しみを生む理由なのです。

なにか参考になりましたら幸いです。

次回は「女性側の心理」とそのクリアリングについて考えていきます。

 

<Point!>

罪悪感まみれの男性の気持ちに、誰も手が届いていない。
それがパートナーシップのプロセスを停滞させてしまう。
そんなときは彼の葛藤に共感することが前に進むプロセス。
「共感なき愛情」は「妨害行為」のように取られてしまうので要注意。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...