【オススメ記事】

自立男性に好かれやすい女性像って何? 【忍耐女子が心を癒やすと最強になる理由 その24】

自立男性に好かれやすい女性像って?

今日は男性心理分析を基に「自立男性の好かれやすいであろう女性像」を3点ほどテキスト化してみます。

※今回はあえて「女性性」などのフェミニンな要素を省いてまとめています。

一人の時間を楽しめる

「一人で過ごすことを楽しめる女性」に、男性は好感を感じやすいもの。

男性の価値観と女性の価値観がリンクしている部分が多いほど、男性は魅力を感じるということです。

「共感(シンパシー)」を感じやすい女性なんですよ。

この「価値観がリンクしている人に魅力を感じる」のはすべての人に共通している要素。

女心がわかっている男性に惹かれる、子供の気持ちがわかる先生は人気者、と同じですね。

そもそも自立男性はどのような価値観で生きているかというと・・・

まま、一匹狼な世界観で行きています。心の中は常に孤独なんですわねぇ。

僕の学ぶ心理学では

「男性は一人になることでココロのバランスを取り」
「女性は集団(つながり)の中でココロのバランスを取る」

なんて話があるぐらいです。

まま、ココロの安定の図り方が男女違うんですよね。

だから「一人の時間をしっかり使いこなせている女性」は、男性と同じような価値観を共有できるだろうな、と感じ、魅力的に見えるものですね。

無理や我慢ばかりしない

これは先の話と矛盾するように思われるかもしれませんが、そうじゃないんですよね。

まま、話を先の進めましょう。

人は、物事に向き合う前にすぐ諦める態度を示すと、周囲に「依存的」という印象を与えます。

これはあまり大人という意味で魅力的には見えません。可愛らしいですけどね。

だからといって

「何でもかんでも頑張る。無理ばかりする。我慢を続けて強がる。」

この姿もあまり魅力的には映らないものですね。

むしろ頑張っている分だけ

「プライドの高さ」「頑固っぽい」「怖さ」「お取り込み中ですか?」

といった印象を与えてしまうもの。

魅力的な人って「心に余裕がある」「楽しんでいる」「自分の力量を知っている」人です。

自分を肯定していて、自分らしく行きていて、

自分にできること・できないことの線引を知っている、そんな人。

だから自立男性には

「助けやサポートが欲しい時は素直に求める女性」って魅力的に見えるんです。

自立男性って「弱音を吐かない」「何でもかんでも抱える」そんな人が多いですからね。

男性自身が「難しいな」と感じる行動が取れて、自分らしく生きている女性は一目置かれます。

・・・いや、正直眩しいっす(ここは個人的な主観)

これ、「普段から仕事ができて行動力がある女性」も当てはまりますよ。

周囲の男性からそういった評価を受けているなら、周りはとてもあなたに魅力を感じる可能性大。

しかし、あなたの我慢(もしくは気合と根性)で、それが成り立っていると逆の評価がやってきちゃいますから要注意。

いつも頑張って笑顔で乗り切る自立女子・忍耐女子さんも多いですけど・・・

あんまり無理しないでね、と僕は思っちゃいますね。

自分らしくいられなくなると、あなたが望む結果が手に入りにくくなるから。

その不安やストレスなどを緩めて楽になっちゃってくださいね。

 

執着しない・手放しができる

自立男性は割り切りの世界で生きている・・・ように見えて、意外と物事あれこれ考えているものです。

だから物事の引き際、決断で悩む。

そもそも男性の記憶は「フォルダ形式」

過去の思い出と記憶をフォルダに収めて残しているわけです。それは仕事でも学生時代の話でも恋愛でも同じ。

だから、過去のデータベースを引っ張り出しては、一人であれこれ考えることも多いもの。

そんな男性の前で

「私、頑張ってきたけど・・・うん、手放そう、私のために」と決断できる女性は魅力的に見えるでしょう。

自立男性には、どこか「潔さ」としてみえるんですね。

これ、いわゆる「さっぱり感」と言えばそうなのかもしれませんが、それは見切りが早いという意味ではなく、自分なりに考えた上で決断が出せるってことですね。

ココロのレベルで常に一人で戦っている自立男性にとっては、このタイプの女性はきっと追いかけたくなるでしょうね。

彼女を尊敬できるし、もっと支えたい、と思う人も少なくないはずです。

 

自立女子・忍耐女子こそ魅力的

ということで、自立女子・愛深き忍耐女子ほど魅力的と言えそう。

いや、ホントそうなんですよ。

ただ、女性の皆さんそれぞれに自分の価値観があって、感情があって、愛を感じるポイントがあるはず。

例えば女性の皆さんの中でも

「自立的に生きることに肯定感を感じている人」もいれば

「自立的に生きることを批判的に感じてしまう人」もいます。

また、過去の失恋や対人関係の影響、家族関係、コンプレックスなどの影響もで、自分らしさって何?と見失ってしまうこともあるかもしれません。

すると、

「少し偏った私らしさ」

を作っちゃうこともあるんですよね。

その偏りが「自分の制限、フレーム」になって自分らしくなくなって不自由な恋愛、生き方、愛し方を作るんです。

しかし「本来の私」はそういった存在じゃありません。

だから僕は「あなたに足りないものなんてないよ」とお伝えしてますし、「自分らしく、でいいですよ」とお伝えしています。

例えば

私はもっと頑張らなきゃ、もそう。

私は女性的な要素が足りないのかも?もそう。

私はもう少し優しくならなきゃ、もそう。

こういった悩みになり得る感覚がやってきているときほど、

「私」のイメージが、本来の自分から少し外れた私になっていることが多いんです。

だから、ゆっくり心を見つめて「偏った心理状態」を見つめて癒やしていくことで、本来の私は取り戻せます。

そもそも・・・ダメな私なんて存在しねぇよ(てやんでい)

事情があって偏ってるだけなんだから、理解して元に戻すイメージを持てばいい。

だから、自分を恥じたり、更に追い込む必要もありませんぜ。

もし、そこに抱えたココロの傷・感情があるなら、自分に大きな影響がないぐらいにまで癒やせばいいってことですわねぇ。

そうして出会う私こそ

とても愛情深くて、軸があって、笑顔にあふれていて、肩の力が抜けていて、自分を素直に認めている素敵な存在。

そんな私こそが男性を「魅力的だ」と魅了する私、ということ。

だから今回のテキストでお伝えした「自立男性に好かれやすい女性像」って、「私らしい私」ということ。

私を肯定し、それでいいと思えれば、執着もしないし、自分の軸もできるし、人と関わりながら生きられるようになるわけですからね。

何か参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...