ほぼ30代からの心理学

「自分の価値は自分で決めている」の法則

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は「自分の価値」についてのお話。

自分の価値は自分で決めている

自信を感じられないというご相談

自分に自信が持てません、というお話、個人的に意外と多く伺うものの一つ。

僕自身もかつて全く自分が信じられず、我がお師匠さんに命を救われたという経験を持っておりまして、自信がないという感覚はよく分かるんです、個人的にですが。

とかく「自信がない」ということは問題になりがちですよね。

自信がないからダメなんだ、自信がないからうまくいかないんだ、と考える方は多いのではないでしょうか。

そう考えてしまうこと自体、ある意味普通のことなのかもしれませんよね。

ただですよ。

自信がなくてもうまくいくこともある、というのが実情ではないでしょうか?

また、自信があっても失敗することってないでしょうか?

だから、自信がないことを大きな問題にすると、やっぱり辛くなりますね。

感じられるものなら感じていたいわけですから。

また、自信がないと感じると「不安」が強まりますからね。

自分を責めてしまったり、自分の価値をディスカウントしてしまうことが何より辛いわけです。

その結果、前向きになりにくい、自分を疑ってしまう、うまく人と関われない、といったことが起きるといってもいいのでしょう。

だから僕は、自信がないという言葉を「自己価値を感じられない」「自分を大切に感じられない」と言い換えて見るほうがいいのではないだろうか、と感じています。

 

自分の価値は自分で決めている

では、自分の価値(自己価値)は誰が決めて、誰が感じているのでしょうか?

もちろん「自分」ですよね。

たとえ人から馬鹿にされたとしても、愛されなかったとしても

「自分がダメのかなぁ・・・」と感じるのは自分なんですよね。

ただ、自分を守るために自分がダメなのかな、と思うこともあるので、これがいいの悪いのという話はできないなぁ・・・とも思いますが、しかしそう感じているのは自分、ということ。

もし、自分の価値が他人によって決められているものであれば、自分ではどうしようもないことになってしまいますね。

もちろん、他社からの評価、人望、成績評価など、私達は客観的に価値を決められることがありますね。その都度、いい成績、人気がある人が優れている、と感じ、そうではない自分を劣っている、と感じてしまうこともあるのかもしれません。

しかし、客観的な評価ですべてが決まってしまうと感じているのも自分です。

だから、自分の価値は自分で決めることができる、というわけです。

自分をどう感じたいか、ですね。

 

自分の価値を認めていこう

自分の価値を自分で見出していく作業は、自分にとってメリットのある作業です。

自分にできていることをスルーしないようにして、一つ一つ拾い上げていきます。

「今日はこれができた」「これを行った」といったふうに。

些細なことと思っても、一つ一つ認め続けていくことがポイントです。

また、自分に対して使う言葉も変えてみる。

「自信がないのはダメ」「これぐらいしかできなかった」「頑張れていない」といった言葉はできるだけ変化させてみましょう。

言葉がネガティブになってしまうと、それが強化されてしまいますし、自分への評価も固定化し、気分も下がってしまいますからね。

とにかく言葉は大きな影響力を持っているので、その言葉を自分に優しい、肯定的なものに意識して変えるだけでも随分と変化が起きるものです。

実際のカウンセリングでも「言葉を変えてみましょうか」とお願いすることもあります。

人に対してどんな言葉を使おうかと考えるように

自分に対してどんな言葉で対話しようかと意識してみるのもいいですね。

ただし、ショックな出来事があって急激に怖れ、不安などが上がって来ている状態の場合、自分を認めていくことが逆効果に働く場合もあります。認めようとすると苦しい、といった状態もあり得るんです。

そんなときは不安などの感情を人に話すなど、自分の内面にとどめず解放する方が先になることもありますよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...