恋愛と男性心理

「自分の気持ちさえあれば関係が続く」なんて風に思っている男ゴコロ

■心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は、パートナーシップと男性心理を語る上で、僕がいつも「難しいなぁ」と思う話をコラムにしてみます。

きっと明確な答えは出ないと思うんだけど・・・よろしければどうぞ。

男性は「自分の気持ちさえあれば関係が続く」と思っているのかも?

今までたくさんのパートナーシップ・カウンセリングを担当させていただいてきましたが。

男性の中は

「自分の気持ちさえあれば関係性は続いていく」

そう思い込んでいる部分があるようです。

自分がパートナーを好きだと思っているならば、それでいいんだ。

自分が仕事で成功していれば、それでいいんだ。

それで二人の関係はいい関係になるし、きっと終わることはない、と。

この話、もしかすると多数の男性にとって「あるある」な話なのかもしれません。

さてはて、どこに行ったんでしょうか・・・女性の気持ち。

自分さえパートナーのことを愛していれば、それでいい関係になる、と思う男性は、積極的に女性に関わることはあっても、女性の気持ちを見つめる・受け止めることをうっかり忘れてしまうことが多いんですね。

この「気持ちに気づく、寄り添う」ってこと

男性の中には「ちょっと難易度が高い」と感じる方もいるかもしれない。

自立的に生きている男性にとって、最も信頼できないモノが感情、なんて話があるぐらい。

男性の世界では「感情に振り回されるぐらいなら、切って生きていたほうがマシ」みたいな話も少なくないわけで。

そもそも感情を切り離している男性にとって

そこまで感情に意味を見出さない男性にとって

女性の感情に寄り添うって、意味不明であったり、どうすりゃいいのよとなるケース、多いはずなんです。

だから「自分を信じられていればいい」なんて風に感じるわけですよね。

これ、僕も悩むところであり、僕自身も相当意識していないと忘れてしまいがちなこと。

どうやったら妻に思いを届けることができるんだろう、と考えることはあっても

相手の気持ちを見て、受け止めていくって忘れちゃいがちなんですよ。

すごく大切なことなんだけど、すごく難しいことなんです。

ただ、一つ言えるのは。

男性って、確かに女性の気持ちにより添えないこともあるんだけど

寄り添えないからって、受け止められないからといって、愛していないわけじゃないってこと。

寄り添うことの意味、気持ちを理解することの意味が分からないときがある。

そんなケースも少なくないんですよねぇ。

あぁ。やっぱりまとまらない(笑)

でもとりあえず書いておこうと思いましたよ、というお話でした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...