恋愛・夫婦の心理学

もう一度幸せな恋愛を培う「ハートをオープンにする」癒やし カウンセリング事例より

弱い私も見せられたからこそ傷ついた失恋と癒やし

カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は一つのカウンセリングレポートをまとめてみたいと思います。

僕がかつて受けたご相談にまつわるお話。(ネタにしてOKのお話です。)

ある30代の女性がカウンセリングルームにお越しいただいたのです。

僕が彼女とパッとお会いしたときの印象では、彼女はオープンさを感じさせ、彼女独特の魅力を感じさせる人だったからこそ、まさか恋愛でお悩みだとは僕も想像できなかったのです。

が、実際は

最近は全く恋愛できていないけれど、そろそろ結婚を考えているんです。
ただ、今までいつも好きな人との関係がダメになるんです。
今、気になる人がいるけれどその男性の気持ちが知りたいし、今度はいい恋愛をしたい。

そうおっしゃるのです。


「あぁ、しまったな・・・」と僕が思った瞬間でもありますね。

僕が「彼女にどんな問題があるのだろう」と感じたことそのものが

きっと彼女の周囲の人々が感じていたことなんだろう、と。

「なるほどなぁ・・・彼女はもしかすると内面的にひとりぼっちだったのかもしれないな」

そこから彼女とのカウンセリングは始まるのです。

 

「自分を理解されない」という悲しみ

カウンセリングがはじまると、実際に彼女から気になる彼のことや、今までの恋愛歴、必要ならば家族のお話など、様々な経緯などを伺っていくことになるんですけどね。

詳しい内容は省略しますが

・彼との距離は詰められていない。相手が私のことをどう思っているかわからないこと。
・今までの恋愛はいつも思いが伝わらなくて辛い思いをしてきたこと。
・男性はどうして分かり合おうとすると逃げるのか?それが不思議だ。

彼女からそんなお話を伺っていた記憶があります。

彼女のお話をうかがうたび

僕は、彼女は「自分を理解されない」という悲しみを抱えている可能性を感じたんですよね。

彼女の本当の気持ち、そこには不安もわかってほしい気持ちも、大切な人に向けた愛情もあるでしょう。

そんな様々な気持ちを彼女は理解されず、スルーされつづけてきたのかもしれないな。

だとしたらこんなに傷つくことはないだろう。

「私の表面的な魅力は伝わっても、思いは伝わらない」

彼女はそんな場所に長い間いたようなんです。

だから彼女は僕に「彼の気持ちが知りたい」とおっしゃっているような気がしてならなかったんですよ。

それでも彼女はまた男性を上手に愛そうとされているんだな、と僕には思えたといいますか。

私さえうまく愛せれば、きっと関係はうまくいく。

彼女はそんな自立の位置にいたのかもしれません。

その彼女にとって「自分を理解してくれる彼の存在」がどれほど大切で

理解されないことで感じる苦痛、悲しさはいかほどのものなのだろう・・・

なぜか僕の感情がそう動いていたんですよ。ずっとそのイメージばかり持っていたんですよね。

このあたりがカウンセラーの性といいますかね。理屈を超えた部分がカウンセリングでは若干発揮されることもあるわけです。

ただこの時点では「どうして彼女が理解されることをここまで望むのか」まで明確になっていなかったんですけどね。

 

普段のオープンな私とは違う、とても内向的な私

彼女は自分自身がどれだけ優れているか、ではなく。

誰かを愛することで、自分自身に寄り添い、理解してくれる人がそばに居てくれることをひたすらに求めていたのですよね。

しかしその過去で分かり合えない関係を持つたびに、彼女はつい自分の内面を閉ざして恋愛から遠ざかった。

普段のオープンな彼女とは違う、とても内向的な彼女がそこにいたんです。

もちろんそんな彼女の内面的な事情は社会の中で理解されることは稀、なんでしょう。

だから彼女は無意識的に自分を隠し、いつしか「お取り込み中感」を醸し出していたんです。

気になる彼とも距離がある状態を作っていたわけですね。

僕が見る限り、その彼も彼女への警戒心が解けていない様子だったのですよね。

 

セッションだからこそ出てきた感情

もちろん僕も男性心理の分析、彼女にお伝えしましたよ。

彼の傾向をお伝えすることはそんなに難しいことじゃありませんから。

このとき、彼女から伺った話を分析した結果

僕は「彼はきっと彼女から誘ってもらえるとは思ってないだろうな・・・」

つまり「まさか彼女が僕に好意を持っているとは思っていないじゃないだろうか」だったんですけどね・・・。

彼だって勝手に勘違いして、恥をかきたくないと思うでしょうからね。

まぁいくら彼女に伝えても彼女は「そうなんですか?」としかおっしゃりませんでしたけどね。

それぐらい「彼の状態を知ることで得られる安心感より、彼女の怖れのほうが強かった」ということなんですけどね。

そこで、僕は彼女に一つのご提案をされてもらったんですよね。

「これはあくまで僕の見解なんですけどね。

あなたの中にある『理解されないことの怖れ』『思いが伝わらないショック』、今のまま抱えてはおけないかもしれませんね。

きっとあなたはその理解されない怖れを回避するために、きっと頑張って彼を愛するでしょう。

ただ、もしあなたの恋愛をはじめる動機の中に「理解されないことへの怖れ」が色濃く残っているならば、あなたも不安に煽られて辛いし、彼はなかば自動的に「あなたを理解しなきゃいけない人」になってしまいます。

その男性がもし恋愛に責任感・義務感を感じすぎてしまえば、お互いに楽しめなくなる理由になりかねませんしね。

もちろん、あなたがこれ以上傷つかないためにココロを閉ざしたままでいることも同じ。

相手の男性もあなたのことをしっかり感じ取れず、また誤解されてしまうかもしれない。

もちろんそんなときはまた僕がサポートしますよ。

ただ少なからず「また理解されないんじゃないか」という不安は「無価値感」を刺激してしまいます。

あなたが本来の自分の魅力を発揮できなくなったり、不安で心を痛めてしまう理由になるんです。

だからここで一つご提案です。

あなたがもっと恋愛を楽しめるように、もっとハートをオープンにして恋愛できるように、あなたの内面を癒やしてみませんか?

あなたが「理解されないこと」をどうして恐れるのか、少し見つめて癒やしていきませんか?」

彼女には僕からご提案し同意していただいた上で、セッションを受けていただいたんです。

・・・僕自身、このセッションを今でも鮮明に覚えているんですけどね。

彼女、本当に怖かったようなんですよ。

これ以上自分の思いを理解されず傷つくことが何より怖かったし痛かったようです。

決して彼女のプライドが高いのではなくてね。

 

忘れられなかった元カレ

実は彼女、過去に付き合っていた彼のこと、本当に好きだったんですよ。

別れてからも気持
ちが残っていてどうしようもなくて随分彼女は苦しい思いをされたそうです。

その過去に付き合った彼にだけは、弱い私も見せられていたみたいなんですね。

なるほど。

ここに理由が一つあったんだなと僕もいろいろな事情が腑に落ちた瞬間です。

今、彼女が恋愛で距離をおいたり、お取り込み中的雰囲気を醸し出していた理由は

「彼女が本気で愛した人との関係」にあった。

彼女はその元彼と一緒にいられるのであれば、なんだってできたのかもしれません。

それでも関係が壊れてしまったならば、彼女にとってこんなに辛いことはないですよね。

この話、実際にセッションをしなければ分からなかったことだったんですよ。

彼女も僕にお話にならなかったし、彼女の意識でも普段は思い出さないように封印していたことだったらしく、イメージワークの中ではじめて彼女も思い出したそうです。

まぁ出てきた感情は癒やすべきものですからね。

彼女には「元彼のことが好きだった」と思い出し、そこで傷ついた気持ち、伝えたかった思い、わかってほしかった気持ちをすべて表現してもらったんですよね。

それからの彼女は少し雰囲気が変わりました。

どこかお取り込み中的雰囲気も薄くなり、彼女らしさ、生き生きとした印象が強まってきたんです。

いわゆるハートがオープンになっていく様子がありありとそこにあったんですね。

これこそカウンセリングの効果だよなぁ、と(勝手に)思ってたんですけども(笑)

それから数回のカウンセリングを経て、彼女は彼に軽くアプローチします。

すると不思議なぐらい普通にご飯に行けたそうで、その後、彼からも連絡が頻繁に入るように。

彼は彼女に言ったそうです。

「まさか○○さんから誘ってもらえるとは思わなかった」と。

・・・ほらね、ほらほらね。

やっぱり。

言わんこっちゃない(笑)

それから彼女は彼との次のステップに進んでいくわけなんですけども。

まま、彼女には「自分の想いの大きさは自覚したほうがいいですよ」と、彼女の才能を理解してねとお願いしている次第なんでございますけどね・・・。

もう一度幸せな恋愛を培う「ハートをオープンにする」癒やし。

今回の場合は「隠しておきたかった痛みの解放」がテーマでした。

もちろん人それぞれ形も事情も違います。

ただ、私達にとっての「痛み」は、

私達を強くすることもありながら

自分を隠しわかりにくくしてしまう事情になることも多いようです。

このあたりを丁寧に見つめて理解し、癒やすことができたなら、もっと簡単にいい恋愛ができるようになりますよ。

彼女が教えてくれたことは

・「表面的な強さがお取り込み中感を作り、気になる男性にわかりにくさを作っていた」こと。
・しかしそうせざるを得ない事情があったこと(過去の恋愛の傷)。

そう考えると、表面的な問題だけを捉えて「これが問題だ!」と決めつけてしまうことも怖いよなぁ・・・とも思いますし。

じっくり内面を見つめてその「事情」を理解する大切さを感じるのでした。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...