恋愛・夫婦の心理学

失恋から立ち直るために 「別れ」がやってときに気づくべきメッセージとは 【忍耐女子が心を癒やすと最強になる理由その31】

「別れ」がやってときに気づくべきメッセージとは

カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

いつの時代も変わることのないもの。

それは良いものもありながら、辛さを感じるものもあるようです。

突然の失恋・別れはその典型例でしょうか。

そもそも辛い失恋とは「愛の補給路」が絶たれたような状態だ。

僕はこのように表現することがあるのですけどね・・・。

自分を見せてもいいと思えた人って、やっぱり特別

普段から人とのつながりを大切にしていたり、対人関係の中で「対等さ」を感じられていれば、まだマシなのかもしれません。

しかし

「この人にだけは弱さを見せられたのに」
「この人その場にいるときだけは安心できたのに」

そんな恋愛が終わってしまうとしたら、感じる痛みはとても大きくなりがちです。

僕たちは普段、どこか自分を全て表現して生きていない場合も多いもの。

普段は決して人に見せないような自分。

その自分を見せてもいいと思えた人って、やっぱり特別なんですよね。

だから、その関係が終りを迎えると、自分でも想像以上の悲しみや辛さを感じ、「いつもの私らしくない私」と出会うのです。

すごく怒っている私
別れた彼に対する恨みつらみがたくさん出てくる私
何もやる気が起きない私
ただただ悲しみしか感じていない私
ありえないほど自信を失った私

それこそ、普段は誰にも見せないだろう自分が表面化するのですよね。

「愛の補給路」が絶たれたような状態

「この人だけには本当の自分を見せられた」

そう思える恋愛って素敵ですよね。

ただ、そう思うからこそ

ついつい忙しい毎日の中で「人との親密感・つながり」を感じる機会を逸してしまうこともあるのかもしれません。

あなたの周りにもいませんか?

彼氏・彼女ができたら急に付き合が悪くなった友人や仲間。

知らず知らずのうちに、自分自身の心の支え、親密感を感じる機会を「大切なパートナーとの関係」に依存してしまうことも多いのです。

中には、普段から一人で頑張りつづけている人もいるわけですね。

どこかパートナー以外の人との関わりは希薄なまま・・・

その生き方がいい悪いってないんですけど、ついついパートナーとの関係にのみ「愛の補給路」を求めている人もいるのですね。

そんな人ほど「一つの恋愛」に大きな意味が生まれます。

だから「失恋」の意味、そこで感じるダメージも、悲しいことですが大きくなるわけです。

その人にとって「失ったもの」が大きすぎる。

そんなイメージに近いですよね。

その中ではまるで「世界から見捨てられなような感覚」を感じることもあるんですよ。

「私は誰にも必要とされず、求められていない」
「私に意味なんてない」

そう感じるしかない、ぐらいの状態になることもあるのです。

ここで他の誰かと比較する意味はほぼほぼない、といえます。

誰かにとっての失恋の辛さと、自分の辛さを比較しても辛さは変わりませんから。

自分のこととして大切に今を過ごし、心を癒やす時間を設けていくこと、なんです。

だから、と書くと妙ですが・・・

離婚や失恋にまつわるカウンセリングって僕も慎重になりますし、焦らずゆっくり進めるんですよ。

丁寧にゆっくり進めることが癒やし、なんですよね。

丁寧に痛みを解放しながら、気持ちの整理をするサポートを心がけています。

痛いときほど「早く癒やされたい」と思いやすいし、いろんな焦りも出てくるけど、ある程度時間を使って手当していきましょうね、といつもお話しています。

それこそここでこじらせないように。

半年後、1年後スッキリ笑えている私にでいるために。

3.失恋が教えてくれること

ただ、この強烈な失恋の痛み。

何かしら自分にメッセージを与えている場合もありますよ。

実はものすごく辛い失恋(離婚など)って

「人とのつながり・対等さを思い出しなさいね」

そんなメッセージを出している場合が多いんです。

あなたは対等に人とつながっていましたか?
たった一人で何かを背負って頑張りすぎてなかったですか?
仲間や友達、家族との信頼関係を結べていましたか?

ちゃんとパートナー以外の「愛の補給路」って確保できていますか?
辛い時に本気で相談できる仲間、いますか?
人に遠慮ばかりしてこなかったですか?
いつも人を愛してばかりで、人の思いを受け取っていましたか?

人の想い、愛を受け取らない事情って持っていないですか?

そんなつながりに関するメッセージがやってきている場合が多いようですよ。

人間って不思議なんですけど、痛い思いをしたときにこそ生まれ変われるチャンスがやってくることも多いんです。

まぁ、痛みなんてできればないほうがいいんですけどね。

でも、今が辛いから、長年変えられなかった自分を「変えよう」と思うことってないでしょうか。

だとしたら、今がとても大事な時期なんですよね。

今こそ、自分のために動き、自分を癒すときなんでしょうね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...