恋愛・夫婦の心理学

恋愛はもういい? 女性・恋愛を警戒している男性心理とその対応を考える

女性や恋愛と距離をおく彼への対応を少し考えてみました

浅野寿和さん

いつもカウンセリングをありがとうございます。

質問があります。仕事上の付き合いがある方へのアプローチで注意しなければいけないことは何でしょうか?また、女性が怖いと思っている方への対応でこうするといいというのはありますか?

最近、仕事上の付き合いのある方で素敵と思う人と出会いました。

ただ、相手は仕事相手でもありますし(直接的な関わりはありません)かなり年上で役職もついている方ですので、色々と考えてしまう部分もあります。

バツイチで子持ちの方(シングルファーザー)ですが、一緒にいると楽しく、理屈じゃなく感覚的に安心感があります。元奥さんは依存的な方だったようで、子供を1番に考えない価値観の違いや、ややヒステリックな感じに女性は怖いという感覚があるみたいで、今は恋愛や再婚に消極的だそうです。モテると思うんですが、彼女はいないそうです。

その方が恋愛を望まないなら、あまり踏み込むことはやめたほうがいいのかとも思うんですが、この一緒にいると楽しい!という感覚を大事にしたいと思っている自分もいます。考え方なども勉強になる方なので、今はただ一緒に楽しく会う時間が持てたらいいな、と思っている感じです。相手の方は、私に悪い印象は持っていないと思います。

何かアドバイスがあればお願いします。

ネタ募集ネーム:カピバラさん

 

おまたせしました~。

カピバラさん、ネタ募集にご協力ありがとうございますm(_ _)m

それではお答えしますね~。

女性・恋愛を警戒している男性心理とは

(その男性の)元奥さんは依存的な方だったようで、子供を1番に考えない価値観の違いや、ややヒステリックな感じに女性は怖いという感覚があるみたいで、今は恋愛や再婚に消極的だそうです。モテると思うんですが、彼女はいないそうです。

なるほどなるほど。

今回は「過去の結婚生活が女性や恋愛を遠ざけているパターン」のようですね。

これ、ご相談の中でもよく伺うお話ですよね。

この場合、そもそも「彼はどうして恋愛や女性と距離をおいているのか」をある程度見極めておいたほうがいいですよね。

あまり女性の皆さんにお伝えしずらい話でもあるんですが

恋愛や女性との関係に「お腹いっぱい感」を感じている男性って少なからず存在します。

男性がそう感じるに至るには、それなりの事情があったのでしょう。

今回の場合は「女性のヒステリックな感情」がその事情といいますか、キーワードのようですね。

今回の男性の場合

「女性と関わっても満足感(報酬)を得られない」

そう内面で感じている可能性が高いかもしれません。

決して口にはしないと思いますけどね。

実は女性や恋愛にエネルギーを投資しない(興味を持たない)のは「満足感(報酬)がない」と感じているケースは多いのです。

 

「感情的な女性」な手を焼いた男性ほどこう考える

そもそも男性にとって最も恐ろしい存在こそ「感情的な女性」なんですよね・・・。

・わかりやすく怒ってる
・とても寂しそう
・とても傷ついている様子
・ヒステリック
・超不機嫌
・ムスッとした態度
・「お前、役に立たねぇな」的冷たい視線

例えばこのような女性の態度に、かなりのストレスや葛藤・恐れを感じやすいものです。

・男性は女性の感情が怖い(怖いからその真意がわからない)
・男性は女性が傷ついたり怒っている理由を自分自身にあると考えがち

こんな男性の事情から

「頼むよ、そんな感情的にならないで」
「自分もやるべきことをやるし、直すべきところは直すから」

と思っている人も多いのです。

「怒っている君もかわいいよ」
「僕の前で不機嫌になるだなんて更にキュートだ」

もしこのような反応する男性がいるなら

それは女性を理解している男性(悪意のあるなしは別)

もしくは、怖れを知らないお坊ちゃまタイプかも?

 

※もちろん女性の不機嫌や感情的になるにも事情がありますよね。

時には「不機嫌になること」が「日々感じる不安への対処法だった」ケースも多いのです。

僕はこの手のお話を「善悪の視点」は解釈してはいませんので念の為お伝えしておきます。

それでもなお、女性の不機嫌や感情が収まらないとしたら・・・。

うーん、おそらく二人の素直なコミュニケーションや、関わり合いが少ない。

そんなケースが多いものですね。

ただですよ。

そもそも「不機嫌な人」「怖い人」にあえて話しかけるって勇気が必要だと思いませんか?

※女性の場合は、例えば若干暴力的な感情を表現している男性、ってことになります。

ゆえに、多くの人は「相手に関わる」以外の選択をとる事が多いんです。

その結果・・・

・「相手はなんと愛のない人なんだ」と判断したり。
・「自分が悪いんですよ」と自分を責める反応を見せて、相手の不機嫌を収めようとしたり。
・「もう勝手にしてよ」と無関心さを見せることが多いわけです。

・・・こうなるとお互いにストレスがたまってうんざりします。

ここを長い間、何度も繰り返すと「一緒にいる意味を見失う」のですな。

ここでの一緒にいる意味とは

「自分がエネルギー(愛情など)を投資して意味(報酬)がない」ということ。

もし、このようなプロセスを経験した男性がいるならば、そもそも恋愛や女性にエネルギーを投資しようとはしないでしょう。

自分がエネルギーを投資して「報酬が得られるもの」に向き合うはずです。

どんな人もエネルギーを投資したら、その分だけの報酬が欲しいものですからね。

今回の場合であれば

・仕事やそこで関わる人達(同僚や仲間)
・子供さんがいる場合は、子供さんのこれからの人生。

ここにエネルギーを投資すれば、それなりの結果(反応)が返ってくる。

だから、それで十分であり、むしろ余計なエネルギーのロスは避けたいと思うはず。

ちなみにここでの「報酬」とは「内的報酬」のことを指します。

「仕事のやりがい」「子供の成長・その喜び」など自分が満足感を得られるものに意識が向くのですね。

ちなみに「外的報酬」というものもあり、これはいわゆる「不満を抑える」ために働くものですね。

男性が安心感や充足感を感じるかどうかが鍵

仕事上の付き合いがある方へのアプローチで注意しなければいけないことは何でしょうか?また、女性が怖いと思っている方への対応でこうするといいというのはありますか?

これは「注意しなければいけないこと」ではないのですが

お互いに向き合ったときに

「関わることの安心感・充足感を感じることができるか」

これに尽きると思います。

今回の場合、あなたと男性の年齢が離れている、役職も上とのことなので、「尊敬」「敬意」を持って接する、ということで十分だと思います。

また、相手の配慮に素直に感謝していけば、まずは好感を持ってもらいやすいでしょうし。

その上で、あなたがあなたらしく自然でいればいいんです。

相手に好かれたいと思う気持ち自体は持っていてもいいのですが、だからといって我慢や警戒心を持てば持つほど、相手との距離は埋まりませんよ~。

不思議なほどすれ違うか、ご縁がなかったと思えるほど関わらなくなると思います。

できるだけフラットな気持ちで、自然体で、好意と敬意を持って接することです。

この大人な対応が「感情的な女性」のイメージを中和していきます。

これ、ものすごく大切なことです。特に情熱的な女子、忍耐女子の皆さん、ご注意を~!

今回の場合、もし相手に近づくなら「大人な女性」のイメージは欠かせないかもしれませんね。

それぐらい相手も「大人」なのです。その感覚でつながることで安心感と充足感を感じるはず。

最後にあえてではありますが「注意点」を書き出すとすれば

どこか少女・母親のイメージで近づかないこと。

相手の少年的な要素を意図的に引っ張り出さないこと。

もし、あなたに恋愛や男性に対する不安や怖れがあるなら、そこにうまくに対応できるようになること。成熟した不安への対処法を身につけておくこと。

ぜひぜひ、あなたの中にもとても魅力的で成熟した女性のイメージを強めておいてもいいかもしれませんよね。

その男性の魅力に反応したということは、あなたの中にもそれに対応したイメージが存在している、ということでしょうから

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...