恋愛・夫婦の心理学

男女関係が長続きする人・しない人の違いは「依存の扱い方」にある

男女関係が長続きする人・しない人の違いは「依存の扱い方」にある

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

さて、今日はこんなコラムをご用意しました。

「男女関係が長続きする人・しない人の違い」

この話は「自分らしさ・魅力の解放」や「パートナーの前でごきげんでいられるかどうか」という視点で語られることが多いもの。

僕もこの視点は大切にしています。

ただ・・・正直あまり書きたくないことですが

「パートナーとの関わり方」を間違うと、どれだけ魅力的で印象が良い方でも失敗する。

切ないけどそんな現実もあるわけですよね。

「自分磨き」と「パートナーとの関わり方」

どちらも大切で無視できない要素なんです。

今日はその両面にフォーカスした内容のコラムを書きたいと思います。

よろしければどうぞ。

「別れの予感」を的中させる自信だけはある?

「あ、彼と(彼女と)別れそう?このままだとまずいかも?」
「なんだか今日は彼と(彼女と)会いたくないかも・・・嫌な予感がする」

そんな予感が見事に的中。

会ってみると彼から(彼女から)「別れたい」と告げられた・・・。

そんな経験をされた方もいるのではないでしょうか?

「私って(僕って)恋愛の神様に愛されていないんだろうか?」

「どうしてこう何度も別ればかり繰り返してしまうんだろう・・・」

「もしかしたら自分になにか問題がるのかもしれないけれど、こんなにつらい思いを重ねるなら、もう恋愛はいいかもしれない」

そんなお声も実際に伺ったこと、ありますね・・・。

いわゆる「別れの予感」が当たるとき。

パートナーとの関係がうまくいかないとき。

実は「パートナーを愛する方法が、望ましくないカタチでパターン化してしまっている」ことも少なくないのです。

こういったこと、仕事でも起こりませんか。

自分の煮詰まったやり方を続けていて、なかなか結果が出せず「またダメか・・・」と感じるとき。

その恋愛バージョンだと思っていただくといいのかもしれないですね。

男女関係は依存の扱い方で大きく変わる

男女関係が長く続く人・しない人。

その違いは「依存の扱い方」「依存自体の認識」の違いです。

男女関係が長く続く人は「依存を許す」ことができます。

しかし、男女関係が長続きしない人は「甘やかし=依存」と捉えている場合も少なくないようです。

この差がパートナーシップの質そのものに関わることが多いようです。

依存を許している人は、依存を受け入れていて、嫌っていない。

自分の依存に許可が出ていているので、人の依存を受け止めることができます。

自分にも相手にも依存心が存在することを否定はしません。

それはまるで小さな子供さんが「怖いよぉ」と泣いているとき、「そうかそうか」と寄り添うようなイメージですね。

例えば、悲しい、寂しい、辛い、苦しい、少し泣き言を言いたい・・・

そんなとき、その気持ちを「そうなんだね」と受け止めることができます。

相手の考えていることに興味を持って、そこをいたずらに批判はしません。

だから

仕事で疲れてふさぎ込んでいるパートナーを「大丈夫」と受け止めることもできます。

悩んでいる彼女のそばで、気持ちを受け止めることもできます。

相手の怖さや苦しさを理解し、寄り添うこともできます。

パートナーが苦しんでいるときに理解する、寄り添う選択ができるわけですね。

その結果、パートナーとの信頼関係を深めていくことができる。

お互いに支え合う関係になっていけるのです。

※この話はあえて「依存心」にフォーカスした話として書いています。

全く依存心が解放できない恋愛や夫婦ってすごく辛いでしょう?依存が許されない関係って窮屈ですものね。

しかし、「頑張ること」を否定的に捉えた話ではないのですよ。

何もせず、闇雲に依存を許し続けることもまた問題になります。何事も度が過ぎると問題を作りますから、バランスをとっておきたいですよね。

 

「甘やかし」とはなにか

 

では、「甘やかし」とは何でしょうか。

「甘やかし」が依存と認識している人は

「何かしらの甘やかしアイテム」で、依存を満たそうとするのです。

・・・ん?なんだそれ?

 

さぁ、急にわかりにくくなってきました(笑)

 

なので、もう少し解説します。

・寂しいとき、パートナーと話し合う、ではなくお酒に依存する
・満たされない気持ちを抱えたとき、やたら買い物ばかりする
・虚しさを感じたとき、食に依存する

例えば僕たちが一人で生きている感覚が強まると、こういった状態になる可能性もありますよね。

自分自身の気持ちを、人との関わりではないもの・・・例えばモノで満たそうとする状態。

ここがポイントですな。

このような傾向持っていると、実はパートナーや友人・家族に対しても同じような言動を取るようになります。

 

 

例えば

 

・「相手が不快に思うことは遠慮しよう」

これは相手への配慮ですし、これ自体に問題はないですよね。

しかし「配慮」という理由のもと、相手を放置する人も多くないですか?
・「相手に喜んでほしい」と思う

 

いつも相手に喜んでほしくて努力することは素晴らしいことですね。
しかし、努力や労力、何かしらの結果・モノだけを相手に与えるだけでは、相手の気持ちは宙に浮きませんか?
「相手のためを思っていることは素晴らしい。けれど、相手との気持ちの交流がない」
「一方的に自分の思うように愛するばかりで、相手の気持ちに触れていない」
「愛情表現が努力やモノばかりになっている。ダイレクトに感情でつながっているわけではない」

 

自分の思いや気持ちを

そのまま相手に届けているのではなく、何かしら結果・モノ(努力なども含めて)別の形で表現されている状態。

 

これを僕は「甘やかし」と表現しています。

 

恋愛・結婚生活も「気持ち(感情)のやり取り」が重要です。

 

みなさんもロジックではなく「感情」で恋愛するわけですよね。

 

しかし、気持ちのやり取りが苦手な人ほど、人との関わり・感情のやり取りの代わりになるものを使うようになるのです。
それはまるで

 

稼いでいれば、問題ないだろうと考える。

しっかり家事をしていれば、愛されると思う。
間違ったことをしていなければ、幸せになれる。

そんなイメージですね。

 

これ、たしかに間違いじゃありません。いや、むしろ正しいでしょう。

ただ、そう願うだけでは・・・・

「あなたの目の前にいるパートナーの気持ち、触れずに見逃してしまう」と思いませんか?

自分の愛情や、誰かのための努力はとても尊いものです。

ただ、恋愛感情や依存心の表現が「甘やかし」になっていると

「彼はものすごく頑張って愛してくれるけど、私の気持ちには触れてこない」
「愛そうと頑張ってくれていることはわかる。けれど愛されている実感がない」

そんなすれ違いが起きるのです。

もし、パートナーから愛されている実感がないと、人は「自分で自分を満たそうとします」よね。

例えば、モノで満たそうとしたり、別の恋愛で満たそうとしたり・・・

だから、パートナーシップに別れの影が近づき始めるのです。

 

つまり「甘やかし」があるところには関わり、気持ちのやり取りがない。

「男女間の心理的な距離」が生まれるので、結果的に別れを導きやすいのです。

 

「そうだなぁ、とりあえず甘やかしはさけたいですね」

 

僕がもしそういった言葉を使うなら

 

「自分やパートナーの依存を許すな」という意味ではないことが多いです。

 

「もっと自分や相手の気持ちを見つめましょう。そして人と関わり、つながりを考えましょう」という意味なのです。

 

甘やかしてしまうにも事情がある。一度自分を見つめ直してみよう

今日はここからの話がとても重要なのですが

実は「甘やかし」を使っている人にも、それなりの事情があるものです。

そもそも「甘やかし」のパターンを作る事情・理由の多くは

「自分自身の依存を許されなかった・受け止めてもらえなかった」という経験が元になっているでしょう。

ついつい人ではなくモノで自分を満たす、人と関わるのは

「自分自身も同じような経験をしているから」と考えたほうが妥当なのだと僕は考えます。

そもそも幼い頃の僕たちは人と関わることが好きでした。

そして、大切な人に惜しげもなく好意を表現していたものです。

僕には今、2歳になる娘がいますが、娘は惜しげもなく甘えたい気持ちも、好意をも僕に向けます。

それぐらい僕たちは依存心も好意も素直に表現していた時期があったのです。

もし、自分の思いに反応してもらえず、「モノ」をあてがわれ続けたとしたら、どんな気持ちになるでしょう。

「ハイハイ」と適当にあしらわれたとしたら、どんな状態になるでしょう。

「今、甘えたい」「触れ合いたい・そばにいたい」という気持ちを別のもので満たされようとすれば、どうなるでしょう。

おそらく「自分の気持ちを、人ではなくモノで埋めようとする」でしょう。

しょうがないですよね、そういう状況だったのであれば。

自分の気持ちに気づいてもらえない不安。

それを抱えたまま何もしないでいるなんて無理。

どんな方法でも不安に対処しようと思いますもんね。

ただ、この「気持ちをモノで埋める」が、今の恋愛や対人関係のパターンになると、それはそれで切ない問題が起きちゃうんです。

『自分としては精一杯頑張って相手のために与えているつもりだった。

しかし相手はいつも浮かない顔・・・。

そこで「なぜだ・・・」と考えても答えが出ない。』

そもそも依存心(感情)を扱う方法、それはもはや個々の文化が違いすぎるから。

そんなケースも少なくないのです。

ホント、すれ違いですよね。

また、恋愛でも親子関係でも

「甘やかし」の手段を使う人もまた、同じように「甘やかされた」経験をしている可能性が高いのです。

つまり、私の気持ちに気づいてくれないパートナーも、その親・そしてその親も

「自分の気持ち」を受け止めてもらえずに、何かしらのモノで自分の気持ちを満たしていた。

その可能性はかなりあるのでしょう。

この話って「もうどうすりゃいいのよ」と思えるぐらい根が深いんです。

ただ、甘やかしのパターンをそのままにしておいても問題は解決しないので

例えば僕ならば、カウンセリング中に「親子関係」「今までの過ごし方」についてご質問し、そこにアプローチするセッションをご提供することも多いですね。

実は、あなたの依存心や欲求の扱い方に、問題解決のさまざまなヒントが隠れていて

そこにアプローチしていくと、依存心との向き合い方が変わっていくことも多いのです。

一般的な言葉の意味とは少し異なる意味を持つ

「依存を許す」と「甘やかし」

この違いに気づくことは、より長く続くパートナーシップの秘訣の一つといえます。

今の自分のあり方に気づき、ものの見方を変えて良い方向に変化していくとは、僕たちは大人になった今、選択できる「自分癒やし」そのもの。

僕はそう思うのです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...