恋愛・夫婦の心理学

恋愛が長く続かない理由は「相手を不安がらせる」にあった

恋愛が長く続かない理由は「相手を不安がらせる」にあった

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

昨日は名古屋で「癒やしの1DAYワークショップ」を開催。

たくさんの皆さんにお越しいただきました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

このブログでも1DAYでお話した内容の忘備録ではないですが、何かしらのフィードバックを行います。

ご参加いただいた皆さまだけでなく、ブログ読者のみなさんもたのしみにしていてくださいね。

そして、今日は恋愛心理学講座。連日名古屋でセミナー開催しています。

今日のコラムは恋愛心理学講座の内容を少しだけおすそ分け♡

少しだけですよ~。

恋愛が長く続かない最大の理由は「相手を不安がらせる」

恋愛が長く続かなく理由。

いつもケンカばかり続く理由。

それって意外と難しいものじゃないんですよ。

一言で表現すれば「相手の不安解消行動を頭ごなしに批判する・止めようとする」からトラブルになるんです。

 

相手の「不安への対処法」を頭ごなしに批判しない

人はその深層心理で、何かしらの不安を抱えているものです。

まぁ無意識的な不安、感じないように抑圧された不安はなかなか自覚できないものですけどね。

それゆえ、人は「自分なりの不安の対処法」を持っています。

・スポーツなどで体を動かす
・趣味を楽しむ
・お酒を好む
・食を好む
・パートナーとの時間を楽しむ
・友人と遊ぶ

それ以外にも・・・・

・仕事に没頭する
・趣味の世界に没頭する
・深酒しちゃう
・妄想にふける
・自分なんてなーと自分を責める

まぁいいか悪いかは別にして、いろいろあるわけですよ。

この不安の対処法の中で「最も自分が必要としているもの」を、他人に頭ごなしに否定されたり、取り上げられると、人はすごくイライラするんです。

(漠然とした)不安に対処している方法を奪われるわけですから、ストレスや怒りを感じるんです。

人によっては「君は僕のことを何も考えていない」と思わせる要因にすらなります。

例えば、普段から仕事に没頭することで不安を解消している人に

「なんでいつも遅いの?」とだけ伝えてしまうと

彼がとても不機嫌になり、時にはケンカに発展するのはそのため。

もちろん仕事が遅い彼に「もっと一緒にいたい」と伝えたかっただけであっても、その言動次第で相手に与えるインパクトは全く違うわけですよ。

だから気持ちのすれ違いって切ないわけですよね・・・。

3.「そうするにも事情がある」と考える心の余裕を作ろう

人は「自分の不安の対処法」を取り上げられることにものすごいストレスを感じる。

それが表面的にあまりよろしくない行動であっても、ストレスを感じるんです。

それは誰しも同じですよ。

僕の扱った案件では「お金を使いすぎて貯蓄できないことで悩んでいる女性」の話が典型例。

その女性はこう言いました。

「お金をもっと上手に管理できればいいんですけど、私がダメなんでしょうね」

僕の答えは、NOなんです。

彼女がダメだとは思わないのです。

彼女はお金を使わないと何かしらの不安を感じる」からついつい使ってしまう、と僕は考えるのですよ。

お金を使うことが彼女の「不安への対処法」なら、それを取り上げること自体、心のバランスを崩すこと、彼女にとっての苦痛になるだろうと考えるんですよ。

しかし、多くの人は、不安を感じながらも頑張って生きていますよね。

この「不安を抱えながらも頑張って生きている人」ほど、他人の不安ゆえの行動を見るとイラッとしてしまうんです。

平たく言い換えれば「自分も頑張っているのに、なんでそんなことを・・・」と相手の言動を否定的に見てしまうのです。

つまり「自分も不安を抱えて生きている」ので、自分の不安を優先して考え、相手の不安への対処法を批判したくなるんですよ。

もしあなたが恋愛が長く続かない、ケンカばかり起きるのであれば

相手の「不安への対処法」を批判していないかチェックしてみてください。

もし、批判しているなら、それをいったん手放して「まぁしゃーない」といったん受け止め、その上でコミュニケーションしてみてください。

ただ、コレを実現するには、どうしても

「自分自身が心の余裕を持つ」ことが不可欠です。

自分に心の余裕がなく、不安への対処で必死なときに人のことを許している気持ちの余裕はないはず。

「どうして私はこんなに頑張っているんだろう」
「自分が抱えている不安って一体なんだろう」

そう考えながら、自分の不安と上手に付き合う方法を見つけるのも一つの方法ですよ。

以前、カウンセリングで「彼との関係の不安」を抱えた方のお話を伺いましたが

クライエントさまの「不安」や「その対処法」を見つめて、上手に不安と付き合えるようにセッション(心理療法)をご提供させていただいたんです。

すると、その方は劇的に「彼の不安とその対処法」を見つけることができ、彼を批判せず、上手に付き合えるようになったというお話を伺いました。

そういったご感想を伺うたびに

「自分の不安をほうっておくと、相手の不安(とその対処法)を無視する理由になるんだよね~」とつくづく思うのです。

ちょっとしたことなんですけど、心理を学び、感情を癒やしておくだけで恋愛の質が変わるんですよね。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...