恋愛・夫婦の心理学

安全を求めて別れを切り出す男性の気持ちと失恋からの回復のプロセスを考える

突然彼から別れを告げられ、落ち込み辛い毎日

浅野さんへの質問

いつも楽しみに拝見しています。

先週、突然彼から別れを告げられ落ち込み辛い毎日を送っています。
彼は職場の上司で約6年互いに思い続けていましたが付き合ったのは軽いデートを3カ月、肉体関係を持ったのは1カ月の計4カ月。

気が合うし一緒にいて楽しく周囲から見てもお似合いで惹かれ合っているのがバレバレでしたが彼は独身、私には主人がいるので不倫になるから互いに胸に秘め抑えていました。

彼は浅野さん仰る まさに “恥が苦手、イライラしいで期待の心理が強く、いつも素っ気なくシャイ、やたら否定形を使い言動が分かりにくく、嫌いではないを連発のハードワーカー” です。

私は主人とセックスレス、子供の為に仮面夫婦生活。子供も巣立ち私は別れたいのですが主人が何故だか首を縦に振らない変な生活。

そんな中、彼は私にだけ心を許してくれ、6年間一番気心知れた関係でした。

急展開し付き合い、あっという間に別れを告げられ、理由は不倫は互いにいけない、一番良い時に別れよう、と。

彼は今以上に役割も増え多忙になり更なる出世もあり得るかもと社内に流れてきました。

それを聞いたら別れの理由はこれではないか、と。そして復縁はないなと尚更落ち込んでいます。

別れの数日前まで次は何をしよう!と話していたのに突然の別れに戸惑っています。教えて下さい。

ネタ募集ネーム:MKさん

 

おまたせしました。今日はMKさんのご質問にお答えします。

お話を読ませていただきましたけど、MKさんに気持ちの置きどころがなくって辛いと思うんですよね。

その彼、あなたにとって大切な人だったんですね。

だとしたら、シャットダウン型の別れはホント辛いですからね・・・。

では、今日のコラムを書いてまいります。

なぜその彼はいつも一人なのか

彼は浅野さん仰る まさに “恥が苦手、イライラしいで期待の心理が強く、いつも素っ気なくシャイ、やたら否定形を使い言動が分かりにくく、嫌いではないを連発のハードワーカー” です。

なるほど・・・。では彼は親密な関係が苦手なタイプなのかもしれませんね。

適度に距離がある関係なら楽、しかし密な関係になると急に距離を置く。

そのきっかけが仕事の多忙さだった、と考えることもできそうなケースですね、あくまで一つの可能性として、ですけども。

人は怖れを強く感じていたり、ストレスを強く感じるとき、その状況から離れたいと思いますよね。

ただ、今のまま何の理由もなく急に離れるのは気が引ける、と考える人も少なくない。

例えば、今の仕事は辛い仕事だけど、何の理由もなく離れるのもなぁ・・・と。

すると、どこか「きっかけ」を待っていることも多いんですよね。

「自分が感じる耐え難い感情から離れるきっかけ」

これを僕は「トリガー」と呼んでいます。

例えば、会社やご近所さんとのお付き合いで、実はあまり得意ではない人と長く話さなきゃいけない状況があったとしたら、こう考えることってありません?

「うーん、このまま一人で話し続けるのは辛い・。しかし、あからさまに話を遮って離れるのもなぁ・・・。誰か呼び出しでもくれればいいのに。今ならホイホイ頼み事聞くのになぁ・・・。」

これが僕がいうところの「トリガー待ち」の状態ってやつです。

何かのきっかけで今の状況(今感じている感情)を切り離したいと願うってこと。

親密感が苦手な男性(恥ずかしさが苦手な人)って、恋愛の中でこのトリガーを待っているフシがあるんですよね。

言い方を変えれば、苦手な感情を切り離す理由を常に欲しがっている、ということ、

このタイプの男性って、心理的距離感がある関係では快適さを感じるので、やけに積極的だったり、人のために努力する人が多くて、いわゆる「トリガーとなる出来事を待つ」ことはないんです。

が、二人の関係がどんどん近づくと、自然と「トリガー待ち」の状態になるんですよね。

そして何かのきっかけがトリガーになって、関係が遮断される。

どうやらそうなることが多いようです。

つまり、今回のような別れの理由は「男性の中」にあることが多いので

「私が何かやらかしたからこの状態になったの?」と考えても

「どうして彼は急にシャッターを下ろすの?」と考えても、その心情は僕なりに理解できるんですが、なかなか答えは出ないのかもしれないですね。

もしあなたからの行動で彼が別れを切り出してきた理由を探すなら

「二人の距離が更に距離が近づいたから」

ということでしょうから。

いや、切ない。切ない話ですよ、これは。

いい関係になれると思って近づいて、二人の関係を大切にしていたらザザッと閉じられるわけですから。

でもね、よくよく考えてみれば、そもそも彼がそういう人であるなら、彼が一人でいる理由も何となく見えてこないでしょうか?

ここ、冷静さを取り戻してからでいいので、少し考えてみておくと不安を手放せますからね。

人は必ず何かしらの理由があって行動しているし、今の状況を作っていますから。

 

親密感や安心感ではなく、安全を求める男性の気持ち

このタイプの男性とか変わったときの特徴をいくつか書いておきます。

・お互いの心理的距離が遠いときは、とても優しく、私のことも求めてくれる
・しかし、近い距離になると急に距離を取るような行動をする
・お互いが物理的に近くにいても、お互いの心の距離は遠いまま

ここでの「遠さ」とは、安全な感覚のこと

このタイプの人が重視しているものは安心感でも親密感でもないようです。

安全であるかどうか」のようです。

そもそも親密感が苦手で、恥ずかしさが大嫌いな人にとって、それを感じる関係は「危機的状況」です。

だから別れるということにもなりやすい。(ここ、かなり意味不明な部分でしょうが)

君のことは本当に好きだけれど・・・なんて言葉が彼から出てくることもあるでしょうが、何より安全を考えているので、その言葉はあまり女性に響かないようですね。

僕もなるほどなぁといつも思う部分で、そりゃ男性が安全を求めているなら、男性はおそらくリスクは取ってこないし、男性の言葉は女性にとって自分勝手な印象を与えるだろうなと思うのです。

もし、女性が自分もリスクをとっていい・それでも彼がいい、と思っていらしゃるならなおさらに。

人はそれぞれ満たしたい欲求が違うから愛し方も違う

そもそも人それぞれ、満たしたい欲求が違います。

そして、人にはいろんな欲求があります。

例えば

・人に大切にされたい、認められたい、という承認などへの欲求を持つ人もいれば。
・自分が一人ぼっちではなく誰かとともにいる感覚がほしい、と思う人もいます。
・毎日がリスキーでチャレンジだから、とにかく安全で安心できる感覚がほしいと思う人もいます。
・とにかく自分の夢を叶えたいという欲求を持つ人もいます。
・毎日がとにかくつつがなく過ごせ、食いっぱぐれないように、感じている人もいるでしょう。

これにいいも悪いもありません。その人のプロセスで求めるものも変わるでしょうし。

そして、この自分の欲求が相手への愛情の形をつくることが多いんです。

ここを自分の思いと違うからと言って批判したりぶっ叩くと、まぁまぁ関係はあまりいい方向には進まないし、お互いが不満をためますね。

例えば、こう書くと分かりやすいでしょうか。

もうなくなった僕の祖母はいつも会うたびにお菓子をくれました。

僕も小さい頃はそれが嬉しかったですけど、ある程度成長するとお菓子をもらっても喜べなくなったものです。

すると、お菓子より現金(お小遣い)がいいのに・・・なんてことを考えるガキでしたよ、僕はね(笑)

かつての僕はその祖母の思いを受け取れない人間でした。

どこまでも自分の感覚で事実を割り切っていて、視野が狭かったんです。

祖母は戦後のものがない時代を経験した人。だから食べ物に思いを込めたんでしょうね。

それこそ祖母の欲求がその行為を生み出したのでしょう。でもその形はどうであれ、そこに込められた思いに変わりはないでしょう?

今となってはそのお菓子をもらった思い出は大切な記憶で、祖母の思いがありがたくてたまらないのです。

祖母にそんなに思ってもらえていた事実を理解できず、受け止めきれなかったのは僕だった。

欲しいものがもらえていないとだけ感じていたのは僕だった。

今はそう思うんです。

・・・実はちょっとだけ後悔もしていたりします(笑)もうちょっと自分が成長していたら、もっと喜ばせることができたのに、と悔しさも感じているんです。

今、もしもう一度会えるなら、そのお菓子、誰よりも美味しそうに目の前で食べたいとも思うんです。

あぁ、こんな事を書いていると泣きそうになるので、もうやめときます(笑)

僕は「人が何かを求める気持ち」は「自分なりに与えたいと思う気持ち」を生み出すと思うんです。

自分はこれが欲しかった。でも手に入らなかったから、大切な人には与えたい。

いいか悪いかは別にして、そう願うものではないか、と。

これ、彼にもあなたにも言えることじゃないかな、と僕は思うんです。

僕たちは完璧ではないですから、いつも100%相手のためを願っていたわけじゃないかもしれないけど、しかし100%自分のことしか考えていたわけでもない。

その事実にどんな答えを出すかで、きっと次の自分の気持ちのあり方はずいぶんと変わると思いますよ。

 

まず自分の回復を優先しよう!

今日はいろいろ書きましたけど、今のつらい気持ちを我慢しろってことではないんですよ。

たしかに彼はあなたの気持ちを考えず、急に置き去りにしたのかもしれません。それってひどいよと思う気持ちは僕なりに理解できます。

そこはもう、きっちりケアしておいていただきたいと思うんです。

僕のブログにはいろいろな男性の気持ちが書かれていますけど、

大切なことは「そもそも彼は彼なりの思い(欲求)を持った人」であるこということ。

ここが見えないと闇雲に不安だけが強まりますから、何かのお役に立てばと思い書いております。皆さんの気持ちが少しでも不安から解放されて行けばいいなと思いつつ。

この考え方を用いれば・・・どうでしょう。

まずご自分の気持ち、思いから大切にすることの意味って見えてこないでしょうか?

彼がどうか、ではなく「あなたの気持ちがどうであるか」がなにより大切。

そのための男性心理だということなんです。

彼がどうして私の手を離したのかは、彼の事情です。

しかし少なくともあなたは彼を思い、愛したわけですよね。

その自分のことを大切にすることが何よりも優先されるべきことだとは思いませんか?

実は別れの辛さの多くは、自分なりの愛情にボカンと傷がついてしまうことにあります。

ここまで思いを寄せたのに、それが全部無駄で伝わらなかったという傷心なんです。

この傷心によって、人は孤独感を感じることもあります。人を遠ざけたくなるんですね、あまりに心が痛むので人を頼りたいけど、人に触れられたくもないと思うのです。

だから、悶々と自分だけで耐え忍ぶこともあります。

どこか自分が失ってしまった自信の分だけ「相手はひどい男だった」と思いたくなる「引き下げの心理」が働くこともあります。

急になにかに八つ当たりしたくなることもあれば、周りの人に文句ばかり言いたくなることも起こります。

もう一度彼の思いに期待して、痛みを和らげようともします。

感じる苦痛をブロックするために、自分を責める人もいますし、何か別のもので紛らわせようとする場合もあります。

ただ、僕たちはつらい経験を思いやりに変える力も持っています。

実はこの経験を使って更に人を愛することもできるんです。

それはときに極上の優しさ、幅広い理解、深い慈愛といった、今よりもさらに成熟した私になるきっかけとすることもできるんです。

むしろ傷心ってこの使い方しかできないぐらい、扱い方が難しいものでもあるんです。

僕たちって、自分を傷つけた人を恨もうと思えばいくらでも人を恨めます。時には恨むしかなかったという苦しみだってあるでしょうけども。

どこか自分を傷つけた人を許さないことで、自分の心を固くして痛みを感じないように頑張ることもできます。

たった一人で生きる選択だってできます。

僕はそれらの選択がどうのこうの言いたいわけじゃありません。

しかしそれは「もう一度愛する=もう一度自分の愛情を信じる」ことが難しく選択ではあるんです。

だからもう一度幸せを願われるならば「自分の心を癒やしませんか」「自分を認めていきませんか」と僕はお伝えしている次第です。

「彼の愛情は本物だったのでしょうか」

カウンセリングルームで僕にそう聞いてくださる方もいます。

確かにカウンセリングルームでは、僕もある程度の分析から相手の気持ちについてお話することもあります。

ただ、本当に大切なことは「あなたの愛情こそ本物だったんでしょう」ということに尽きる。

だったら、彼にもう一度あなたの思いを上手に伝えたったいいだろう、と僕は思うぐらい。

執着も、犠牲も、期待も、相手の気持を考えすぎることも、これは相手を愛しているってことではないから苦しいんです。

与えても与えても苦しいものは愛じゃないですから、お互いのためにならないんですよね。

まずは、そこにある事情をしっかりクリアにすること=自分を大切にすること、気持ちを整理すること、ですよね。

そういえば最近、僕のカウンセリングって「離婚・失恋からもう一度幸せになるプロセス」をお手伝いすることがとても多いんです。

そしてこのプロセスを進めて幸せになっていかれる方って、自分のことも大切にし、相手のことを理解していかれる方が多いようです。

自分を徹底的に癒やして、その心の痛みから卒業していった方が多いってことなんですけどね。

だから「まず自分」とお考えいただくといいのではないでしょうか。

彼のことも何となく理解しながら、不安を手放し。

自分自身にもっと優しい言葉掛けをしながら。

辛い時ほどいろんな人の手を借りながら、本来の自分に戻ること。

以上、何か参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...