ほぼ30代からの心理学

言いたいことが言えない私を、いい意味で「変える」方法

言いたいことが言えない私を変える方法

カウンセリングサービス・心理カウンセラーの浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

今日は自己表現についての話。よろしければどうぞ。

 

言いたいことが言えない、というお悩み

恋愛やパートナーシップも恋愛や夫婦関係だけでなく対人関係やお仕事の中でもこの自己表現がうまくできないと言うお悩みでカウンセリングを受けてくださる方はたくさんいらっしゃいます。

 

例えば「私は言いたいことが言えないタイプでいつも我慢ばかりしています。」と言うお話や、本当は言いたいことがあるんだけれどついつい感情的になってしまいます、と言うお話もあります

 

本当は素直な気持ちを伝えればいいってわかってる。
できれば素直な自分でいたい。でも自分の気持ちを表現して変な人だって思われるのが嫌だから、ついつい自分のことを人に見せたくないと思うのかもしまうのかもしれません。
そんな皆さんは多く僕にこういうお話をしてくださいます。

 

「言いたいことが言えるようになりたいって思うんですけどそれが難しいんです。」

 

「言いたいことを言えない私がダメなんですよね。」

 

「言いたいことが言えるようになれば、問題が解決するんですよね。でもそれが解決できない自分はダメなんですよね。」
 

問題意識は必要なのか

こういったお話を伺うと、ほんとにその気持ちはよくわかるんです。

 

言いたいことが言えない自分が問題を作っている。
恋愛や夫婦関係の悩みを作っている。

 

問題と言う部分だけを見ればそうなのかもしれませんけどね。

 

そこだけを意識していると、おそらくあなたは良い気分になる事は難しいかもしれません。

言いたいことが言えないとつらい気持ちになることもあると思いますが、それは我慢と自己否定の影響なんです。

 

僕がいつもカウンセリングなどでお伝えしている「自己表現」の意味は、言いたいことが言えない私に対する問題意識を持つこととは、ちょっと違うものなんです。

 

確かに、言いたいことが言えるようになることが「自己表現できる私」でもありますが、

 

今の自分のまま「これが私です」と表現できることも、今の時点での自己表現なのですよ。

今の自分を表現することも自己表現

例えば

 

はずがしがりやな私。

 

好きな人の前でいい人を演じてしまう(と思っている)私。

 

つい、言いたいことがあっても言わない私。

 

怖がりな私。

 

人見知りな私。

 

人と距離を作っている私。
そんな私も私であって、別に悪いわけではないのです。

 

しかし、そんな自分が問題だと思うと、ついつい自分を否定してしまうことになります。
 
これが「自分嫌い」の要因になるんですよ。
 
自分が悪い、ではなく、自分が嫌い。

まさに自己嫌悪だというわけです。

この嫌いって部分が「感情」であり、ポイントです。

今の自分のまま、自分を表現するために

言いたいことが言えない私でいることは、ときに辛いことかもしれませんが、嫌うべき私ではないわけです。

そこを嫌ってしまうと、人から隠すしかなくなりますからね。

「私って恥ずかしがり屋なんだよね」

「私って言いたいことを言わない、物静かでおしとやかなタイプなんです」

などと表現できるようになることが、自己表現できている私でもあるわけですよ。

僕もよくこの表現は使います。

 

「僕はねぇ、褒められると伸びるタイプなんだ(笑)」

実際にそうなんですもの、しかたない~。

これは言っていいんです。人に伝えていい言葉です。

相手を傷つけているわけでも、迷惑をかけているわけでもないですから。

ただ、この自分になるための何よりの関門は

「自分を表現して傷つけられたり、嫌われたらどうしよう」

という不安でしょう。

それぐらい辛い思いをした、ということかもしれませんし、実際に傷ついたことがある、という場合もあるでしょう。

そういった感情は丁寧に解放しておきたいところですね。

ただ、この世の中には「えーそれって変だよ」という意見を言う人もいるかもしれません。

が、その人の意見が絶対的に正しいわけでもありませんよね?

例えば、「実はめっちゃ恥ずかしがりなんだよね~」「口下手なんです・・・」と伝えると、「知ってたー」とか「かわいいじゃん」と言われる可能性も案外あって、受け入れられる可能性もあります。

ただ、こういった話をさせていただいても

「いいや!傷つくぐらいなら自分を表現しないほうがマシだ」と思われる方もいらっしゃって、それはまぁそうだよな~と僕も思うのですよ。

だから、自分を表現できないことが悪、だと考える必要はないと僕は思うのです。

ただもし、自分を表現して傷つけられると思うなら、自分にとってこの世界は「怖いもの」ですよね。

だから、こちらが世界に対して警戒心を持ち、傷つかないようにディフェンスしますね。

そのとき、自分がこの世界に対して、攻撃性を持っていることが多いものです。

そして、自分が攻撃性を持つ限り、相手からいつ責められるかわからない、と感じる。

これが心理学の「投影」の法則(自分の感情を世界に映し出す)です。

だから、もし、自分のことを上手に表現できないなぁ・・・と悩むなら、こうするといいのです。

・自分のことを嫌わない、受け容れる方向でみつめる

・自分以外の誰かを理解し、受け容れる方向で世界と接する

自分で自分を嫌うと、自己肯定できないですからね。

今の自分を受け容れる事を考えてみましょう。

そして、この世界への恐れを手放すために、自分から誰かを理解し、受け入れたり、心から応援するようにしていくといいんです。

自分から愛を与えることができれば、与えた対象に感じる怖れはゆっくり手放せるものですよ。

ちなみに、自分が責められないように人に優しくしている場合は、補償行為「埋め合わせの行動」になり、なかなか恐れは消えてくれないって部分がポイントです。

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから!
 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...