恋愛・夫婦の心理学

伝わらなかった「想い」の価値を見ること

どんなことにも価値があると見つめる視点を持つ

恋愛やご夫婦のカウンセリングの中で必ずと言っていいほど登場する気持ち。

それが「受け取ってもらえなかった想い」「伝わらなかった想い」

自分なりに想ったこと、相手を好きになったこと、大切に思い、それゆえに行動したこと。

それらはときとして譲れなかった「自分のこだわり」と認識されることがありますね。

だから逆に「こだわってしまったのは私」という発想が生まれて、自分を疑ってしまうこともあるのかもしれません。

ときには、その思いにこだわってしまう自分に執着心を感じることもあるやもしれません。

今日は「そんなときはこう考えてみるのはいかが?」という僕からのご提案です。

よろしければお付き合いください。

 

こだわってしまう想いの「向き」はどうか

人の心とはなかなか素直なもので、口では愛してるといいながら、自分が愛されることだけを考えていたり、自分の気持ちにしか意識が向いていないと、もれなく罪悪感を感じるものなんです。

私は愛するといいながら、やるべきことをやっていない、という罪悪感ですね。

どこか自分に自信がなかったり、愛してほしくて、愛されることしか考えられない時、この罪悪感の影響で、気分がとても重くなったり、もう愛してもらえないと感じるものです。

 

ただし、相手のことを十分に思い、受け容れ、大切にしようとお考えになっていた方の中にも、私はもう愛してもらえないのではないか、とお感じになる方がいます。

それはとてもつらい気持ちを伴うものなんですよね。なぜなら「相手を向いて、自分なりの思いを伝えようとされてきた」から。

自分が何もしていないときに味わう罪悪感もキツイですが、自分なりにベストを尽くしたにも関わらず、二人の関係がうまくいかなくなる切なさたるや、こんな書き方はどうかと思うのですが、やはり逆の意味での格別さと、深刻さを伴うことが多いものかもしれません。

 

ただ、そうであっても、あなたの思いの向きが本当に「相手」に対して向いていたのなら、その思いは十分に認めてあげていいものなのだろうと僕はいつも感じます。

相手に伝わっていないなら意味ないですよね、というお声も伺います。たしかにそう感じるかもしれませんね。

ただ、伝わってないかも、と思いながらも、思いを向け続けてきたのは一体誰なのでしょうね。

そんなあなたはきっともっと認めてもいいはず。

もちろんその承認はパートナーからもらいたいものですが、それがうまくいかないときこそ、一旦自分を見つめて、自分を大切にするときだと思うのです。

 

こだわってしまう想いに「込めた気持ち」がどうか

あなたがあなたなりにパートナーに届けようとした気持ちには、やはり価値があります。

無価値ということはありえないでしょう。

しかし、そのように考えたとしても、なかなか自分の思いの価値を認められないこともあるかもしれませんね。

届けたい思いが相手に伝わらないと、それこそハートブレイクを引き起こしますし、心が傷つき、自分の想いの価値がわからなくなることもあるやもしれません。

自分に手厳しい人ほど、何でも当たり前、のように感じていて、あなたの想いの価値、込められた気持ちの意味が、まるで何もなかったかのように感じてしまうこともあるかもしれません。

それであっても自分が込めようとした気持ちには価値があるんです。

 

丁寧に自分の感情と向き合うこと

ただ、届かなかった思いというものは、そもそももう二度と感じたくない、と感じるものである場合も少なくありません。

いくらそこに価値があっても、そこに伴う痛み、悲しみ、やるせなさ、無意味感、虚しさ、などが、自分の想いの価値を隠してしまうことも少なくないんですね。

だから、もう愛することはやめよう、パートナーを求める気持ちには蓋を使用、と思うようになっても不思議ではないし、それが悪い選択肢だとは誰も言い切れないものなんでしょう。

目的なく過去のつらい気持ちと向き合うことには、リスクが高すぎると僕も思いますしね。

しかし、もし、もう一度誰かと幸せになる、寄り添うことを目指したいと思われるなら、丁寧に自分の感情と向き合ってみてもいいかもしれませんね。

それはつらい気持ちを解放することだけに意味があるわけではなく、本当の私の想いの価値に気づくため。

すなわち、私の幸せのために、です。

 

あなたは過去、誰にどんな気持ちを届けられなかったと感じているのでしょうか。

まず素直な気持ちを、丁寧に嘘偽りなく、ノートに書くなり、信頼できる人に聞いてもらうなりしてみてください。

そして、それはどんな言葉で、どんな意味だったのでしょうか。

丁寧に思い出してみてください。

無理をして認めるのではなく、素直な気持ちを解放しなら、少しづつ丁寧に認めていくことがポイントです。

ときには認められないと感じたっていいんです。今はそれでいいと受け容れてみましょう。

 

そして、自分のハートに向かって、「その気持ちに価値があるよ」と語りかけてみたり、胸を手にあてながら、それでいいよ、と認めてみてください。

誰かにとってどうか、ではなく、ただただ「それでいい」と認めてみてください。