ほぼ30代からの心理学

「私は何もできていない」と感じやすい人の処方箋

私は何もできていない、と感じる理由を見つめる

第三者から見ると「すごく頑張ってる」と思える人であっても、ご自身の中では「私って何もできていない」とお感じの方がいらっしゃいます。

そのご本人が「何もできていない」と「感じる」のですから、それこそが実感なのだと思いますし、そうお感じの方のお話を伺うと、僕もその気持ちを受け止めさせていただきたいと思うのです。

つまり、僕としては、何もできていないと感じることを特別否定的に見つめたり、ダメなことだと認識しているわけではないのですね。

むしろ、何もできていないという感覚の中で必死に頑張ってこられたのではないかなぁ、と想像するのです。

ただ、どれだけ頑張っても「何もできていない」と感じるとしたら、自分自身が切ないし、しんどいですよね。

そこで、なぜ「何もできていない」と感じやすいのか、その理由と処方箋についてかんたんですがまとめてみようと思います。

よろしければお付き合いください。

 

「何もできていない」は一つの防衛と考えられる

自分は何もできていないと思う。

これは一つの思い込みや判断だ、と考えることができます。

実際のカウンセリングの中でも、なにもできていない気がする、とおっしゃるみなさんって、ちゃんと「何かに取り組んでいる」人がたくさんいらっしゃいますよ。

毎日家事をする、仕事に行く、お金を稼ぐ、生活する・・・当たり前と思われるかもしれませんけど、しかしちゃんと何かに取り組んでいらっしゃるものです。

しかし、自分の行動を「何もできていない」と判断すれば、それはその方の中で「無価値」なものになってしまうんです。言い方を変えれば、それはできて当たり前、みたいな感覚ですね。

だから、どれだげ頑張っても「自分は何もできていない」、すなわち「頑張っても無価値だ」という感覚が続いてしまうわけです。

ちなみに、先に答えを書いてしまいますが、これは自分自身が自分をどう見て、認め、どう受け容れるか、次第で変わるものです。

もし、自分のことを認め、いいところを評価していこう、という意欲を持って、自分とコツコツ向き合っていくなら、次第に「自分は自分でいいし、捨てたもんじゃないな」と思える方向に気持ちが流れ始めます。

が、「自分は何もできていない」と感じやすい人ほど、「自分を認めること」に抵抗を感じて、なかなか認められずにいる場合が多いものだな、と僕は思います。

つまり、自分を認めることをしない態度に、何かしらの意味があるのだろう、ということなんです。

これは僕の実感から来る話なのですが、実際にカウンセリングでお話を伺うと、「もう二度と感じたくない感情を感じないために、自分を責め、認めない態度をとっている」というケースは少なくないんです。

つまり、防衛として「自分を認めない」ようにしている場合が少なくないのです。

自分を認めないことで、感じたくない感情を感じないようにしている感じですね。

 

 

いわゆる心の傷の影響は大きい

ちょっと分かりにくい話かもしれませんが、僕たちは「自分に全く非がないにも関わらず、辛い気持ち、苦しい気持ちを感じるとき、その意味がわからなくて怖くなる」ものなんです。

例えば、子供自体、ご両親がとても厳しくて、自分の気持ちを分かってもらえなかった、という経験をした方がいるとしましょう。

すると、「自分の気持ちをわかってもらえない」という痛みを感じますが、同時に、「なぜ自分の気持ちをわかってもらえないのだろうか」という疑問と不安も感じるのですよね。

大人の視点で見れば、親の意思で子供を厳しく育て、強い子になってほしいと思っていたのかもしれませんが、子供からすればその大人の事情はよくわからないものでしょう。

むしろ、もっと大好きな親に気持ちをわかってほしい、そう思っていても不思議ではないのです。

だから、「なぜ分かってもらえないのだろう」という疑問は消えない。

そして、この疑問を持ち続けると怖れを感じるので、これを解消したくなるわけです。

 

そこで「それは親の事情だよね」と理解できるなら、まだ楽になりやすいです。

しかし、「自分だから(自分がダメな子・自分が愛されない子だから)」という答えを出す場合もあるわけですよ。

この答えを持つことで、自分が厳しくされ、気持ちをわかってもらえない理由が分かったことになり、「自分が親に分かってもらえない理由がないという怖れ」を感じなくて済むわけです。

それが真実かどうかは別にしてね。

となると、自分を認めないこと自体が「自分の気持ちをわかってもらえない」という痛みを感じないために必要なもの、となるんです。

自分を認めようとすると、愛されない悲しみや、分かってもらえない気持ちといった、「もう二度とあんな辛い気持ちになりたくない」と思える感情を感じてしまう。

だから、自分を認めることが(無意識的・反応として)難しいと感じる場合があるのです。

そして、今も本当は疑問のままになっている「どうして自分は分かってもらえなかったのか」という思いが、また湧き上がってきて辛くなってしまうことも怖れるわけです。

まさに「自分を認めないこと」が手放せない痛み止めのようになっているようなイメージですね。

 

 

自分の気持ちを癒やす視点を持ってみる

こんなときは、過去に抱えた「分かってもらえなかった」という感情(痛み)をまず認め、解放するアプローチを取ることで、「自分を認めない」という態度がそこまで必要ではない状態に近づけることがあります。

そもそも「分かってもらえなかった」痛みが癒やされれば、自分を認めることに自分なりに許可が出やすくなる、というわけですね。

だから、僕たちのカウンセリングでは、過去の痛みを癒す、というプロセスをご提供することも少なくないわけです。

その結果、少しづつ自分を認めるということへの抵抗感がなくなることを考えてのことなんです。

だから「なかなか自分を認められない」とお悩みの場合は、闇雲に頑張るよりは、「もし自分が自分を認めない態度を必要としているとしたら、それはなぜなんだろう」と考えてみるのも一つの自分を見つめる方法です。

また、カウンセリングのセッションなどで、実際に自分の感情にアプローチしてみることも一つの方法です。

ただ、もし、自分を認めないことが、なにか別の感情(痛み)をブロックするものだった場合、あまりいい気分にはならないかもしれませんので、あまり一人で頑張ってほしくないな、とも僕は思います。

そして、少なからず、どんな事情が自分にあったにせよ、自分を認めないことを必要としながら、頑張って今まで生きてきたのも、あなたではないでしょうか。

だとしたら、今までの自分を闇雲に否定する視点も持たなくていいのかもしれませんね。

自分を認められないことにも事情がある。

自分を認めることに抵抗感を感じることにも、事情がある。

ならば、あなたがダメだいう理由自体そもそもないんじゃないでしょうか。

だからこそ、自分の内面を見つめ、その事情を理解しながら、丁寧に自分と向き合っていくことが、自分は自分でいいよと感じられ、自分に自由さ楽さを許すプロセスだと僕は思いますよ。

一歩一歩自分に気づき、自分の内面を整えていけば、きっといつか「自分を認めない態度」をとっていた理由が腑に落ちる時が来ますから。

なーんだ、そうだったのか、という実感が出た時、きっとあなたは自分を認める意識が持てているのかもしれませんね。