infomaiton

【お知らせ】「しくじり恋愛先生」なるイベントが僕の母校で開催されます

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

今日は僕の母校でもある「神戸メンタルサービス」主催の、この夏一番熱い!イベントについて軽くご紹介したいなと思っています。

しくじり恋愛先生~あの頃、私はバカだった~

しくじり恋愛先生~あの頃、私はバカだった~

このイベントは2日間あるそうで、合計8名の「しくじり恋愛先生なる」同僚カウンセラーが登場します。

その概要を僕もついさっき見たばかりなのですが・・・少しご紹介しましょうか?

1bf582d1-s

・男より男前すぎて男を潰してしまった大門先生
・ぼっちゃんでイケメンなのにいつも女性にビビっていた桑野先生
・結婚詐欺ならぬ離婚詐欺に遭ってしまった吉村先生
・国際線CAになったのにフラれまくった沼田先生

・尽くしすぎて、ダメ男を大量生産しちゃった服部先生
・プロポーション抜群のかわい子ちゃんだったのに振られ続けた小川先生
・理想の夫婦と言われながらも、実はとても痛かった池尾(夫妻)先生 
・東大卒なのに、劣等感ハンパない真鍋先生

※詳しくはしくじり恋愛先生特設ページ(神戸メンタルサービスWEBでどうぞ。このページにイベント概要としくじり先生ズのプロフィールが掲載されています。

もちろんこのイベントは一般の方のご参加いただけますよ。

登場する先生方は、僕と同じカウンセリングサービス所属のカウンセラーです。

まぁ今回のイベントの趣旨って「人の失敗を学ぶことで自分に活かす」ということのようですよ〜。

 

失敗からなにを学ぶかって大切です

かのエイブラハム・リンカーンはいいました。

「あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ」

かのダライ・ラマはいいました。

「九回失敗したとしても、それでも九回の結果を生んだではないか」

いや、深く頷ける言葉ですよね、ホント。

 

ただ、カウンセラーとして思うことがあるとすれば、失敗の最中にあるときは、なかなか「失敗も結果である」とは思えないこともあるでしょうし、「立ち上がろうにもどうすればいいか途方に暮れる」こともあるやもしれません。

そんなとき僕たちには常に先生がいます。

それが人生の先輩と呼ばれる方々です。

その方々は自身の失敗から学ぶべきことを知っているのです。

特にあなたと同じ失敗を経験した先輩は知っているのです。

あなたの抱えている辛さ、苦しさを。

そして、そこからなにを学ぶといいか、を。

自分自身が失敗から立ち上がった経験を通じて、あなたを理解し、その方なりの手を差し伸べるのでしょう。

今回のしくじり恋愛先生、つまり同僚のカウンセラーは、その役割を担う覚悟で今回のイベントに登場するのだと思います。

だから、きっと「しくじり」だけでなく、恋愛心理の真髄についても語られるのではないかな、と僕は想像しています。

 

あとね。

そもそも成功している人って「失敗談」を語ることが多いものだと僕は思いますよ。

本当に成功した人ほど、成功した経験を話してと言われても、自分の失敗ばかりを語るものでしょう。

その理由を僕なりに考えてみたところ

「自分の成功体験は、究極的に自分にしか当てはまらないもの」

ということを知っているからだと理解しています。

そもそも「自分が成功する理由」には、自分の努力や学びだけでなく、適正、才能、偶然性、時代やタイミングなどの影響も大きいと思いますしね。

だから、人の成功体験談は学びであり大きなヒントそのもの。

しかし、全く同じことを違う時代、違う人間が行ってもうまくいかないこともあるわねぇ、ということでしょうか。

だから、僕もカウンセリングやセミナーの場で、成功できるあなたになるサポートをさせてもらっている、というわけです。

あなたがあなたの求める幸せ、成功を手にするためのサポートですね。

 

しかし、失敗は違います。

自分が引き起こした失敗には必ず理由があります。

だから、失敗談は同じ失敗をしなための学びという意味で大いに人に役に立つものでしょう。

多くの成功者の方々が失敗を語る理由は、ココにあるように僕は思うのです。

そして、その失敗の積み重ねから生まれるものこそが「知恵」と呼ばれるものだと僕は思うのです。

失敗は恥でもなんでもなく、そこから自分なりの成功法則を導き出す秘訣そのものなんですよね。

僕もよく師匠であったカウンセラーに言われました。

「うまくいったことを見て自分を認めるのも大切。ただ失敗が続くなら、なぜうまくいかなかったのかを深く考えてみなさい。とくに自分ではうまくいったと感じていたが、しかし結果が出なかったことについて深く見つめなさい。」

そこには必ず理由がある、ということですね。そして、そこを突き詰めると忘れていた素晴らしい自分と出会うものなのですが、これはちーと難しい話なので今日は省略します。

きっとそのような恋愛事例を、今回のしくじり先生は語ってくれるのだと僕は思いますよ。

 

僕はイベント後に開催される恋愛心理学講座を担当します!

なーんて真面目な話を書きましたが、あのーですね・・・

僕はこのイベントにでませんよ(キッパリ!)

でないでない。

でないよ、でない。

でないですから〜。

 

しかしですね。

同じ名古屋地区の同僚、池尾カウンセラー夫妻や、服部希美カウンセラーがしくじり恋愛先生として登場するとのことで、今からザワザワ胸騒ぎがしているのです。

池尾夫妻の話は僕も今から興味津々でして(もはや外野の発想)どこかでこっそり聞いてやろうかしらんと思うぐらいです。今では「二人を見るだけで安心する」とまで言われている、仲良し先輩夫婦が何を話すのでしょうか。

いやー気になる。

あかん、気になりすぎて、今から電話して聞いてしまいそう(自主規制)

また同じ名古屋の服部カウンセラーのネタは秀逸だと思いますよ。

彼女も結構な辛苦を乗り越えてきた人で、優しさや人の痛みの意味がわかる人なのでね。なのに恋愛でしくじるってどういうことなんでしょうね?気になるなー。

・・・電話して聞こうかな(さらに自主規制)

 

え?

しくじり先生が活躍しているその日、浅野は何をしているのか?ですって?

恐ろしくなってどこかに逃亡してるんじゃないだろうな?ですって?

えぇ、出張で名古屋を離れております。

23日は大阪で面談カウンセリング、24日はZOOMでのオンラインカウンセリングをさせていただくことになっておりまして、既に満席をいただいています。

本当にいつもご利用ありがとうございますm(_ _)m

 

そして、ここからが本題!

このイベント「しくじり恋愛先生」の2日後、7月26日(日)に「オンライン恋愛心理学講座(神戸メンタルサービス主催講座)」の講師として登場いたします。

そう、みなさんに失敗談ではなく「恋愛がうまくいく自分になる方法」をお伝えせよ、という天の声をいただいております。

こちらの恋愛心理学講座、しくじり先生のイベントに隠れていますけど、なんと「1日2講座開催という大盤振る舞い」ですよ。

僕もいつもお世話になってる東京の大野愛子カウンセラーとともに、「1日2本立て」でオンライン(ZOOM)恋愛心理学講座をお届けします。

○7/26(日) 13:00-14:50
恋愛心理学講座 講師:浅野寿和
『恋愛を成功させる自分になる方法 ~オープンハートセッションを添えて~』

○7/26(日) 16:00-17:50
恋愛心理学講座 講師:大野愛子
『男と女、すれ違いのナゾを解き明かそう!』

両講座とも初めての方でもご参加いただけますよ。

僕と大野カウンセラーで、皆さんに恋愛心理と愛について、そして僕からは簡単な「癒やしのひととき」をお届けしようと思っています。

ご興味がありましたらよろしければご参加くださいね。

お申込、講座の詳細は神戸メンタルサービスWEBをご覧ください。

 

 

・・・え?

浅野もなにかしくじりを話せ?

んーそもそも僕の人生なんてたいしたことありませんからね。

ドラマティックな話もないですし、すんごい大失恋とか・・・

 

したな(笑)

 

したした。

大失敗も、メッチャメチャ人を傷つけたことも、自分がメッタメタに傷ついたこともありましたねぇ(遠い目・)

ただ僕なんて、今回の先生方に比べたら足元にもおよびませんよ。なのでしくじり先生は遠慮させていただきます(笑)

ということで、イベント「しくじり恋愛先生」ぜひオススメですので、ぜひご参加くださいね。

しくじり恋愛先生~あの頃、私はバカだった~特設ページ

※イベント「恋愛しくじり先生」「オンライン恋愛心理学講座」は、カウンセリングサービス(僕がいつもカウンセリングやワークショップをご提供している団体)の「母体」である、「神戸メンタルサービス」主催のイベントです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...