恋愛・夫婦の心理学

たとえ二人が激しいケンカをしても「続く関係」と「終わる関係」がある

それでも「続く関係」とやっぱり「終わる関係」がある

長くパートナーシップに関するカウンセリングをさせていただいていると、思うことがあります。

「パートナーとの関係というものは、問題が起きても続く関係と、やはり終わる(しかない)関係があるのかもしれない」

もちろんどちらがよくて、どちらがダメという話ではありません。

関係が続くこと自体がいい結果をもたらす場合もあれば、関係を完了させることがいい結果を導く場合もありますからね。

時々、「浅野さん、私が選んだ道は間違いだったんでしょうか?どうなんでしょう?」という質問をたくさん受けるんですけど、自分の選択の結果がどうなるかは正直「結果論」といいますか、あとになって見えてくる話でもありますよね。

未来のことが今分かればいいのかもしれませんが、誰にもそれは分からないし、分かっていたらつまんないって思いません?

だから、望む未来を見据えながら、今できることに集中するのが大切ですよね。

これからの自分がどのように生きるか、何を選択するかが大切になってくるのではないでしょうか。

 

あ、いきなり話が逸れましたね。

「パートナーとの関係というものは、問題が起きても続く関係と、やはり終わる(しかない)関係があるのかもしれない」という話でした。

これ、ある一つの要素によって続く関係と終わる関係に分けることができる、と僕は考えています。

今日はそんなお話を一つ。

 

もう一度二人つなげるもの

まぁどう考えたって、二人が分かりあえず、向き合えなくなったときって辛いんです。

突き放す方も、突き放される方も辛い。

理解できない側も、理解されない側も辛い。

思いが伝わらない側も、思いを受け取らない側も辛い。

だから、もう別れるしかない、と考えてしまうことも少なくないようです。

が、そうであっても別れに至らない、別れるという選択が本当にいいものかどうか分からない、と悩まれている方も少なくないんですよ。

まぁ究極的な答えは「やりたいようにすればいい」「ちゃんと自分なりに(相手と)向き合って答えを出せばいい」なんでしょうけど、それでも悩まれる方は少なくないようですよ。

とかく不安が強いときほど、「別れてどうなるんだろう?」「これから大丈夫なのか?」「別れたらもう次はないんじゃないか」と思うものかもしれません。

反面、「かといって今の関係を続けていても辛いだけ」という現実があると、その現実に打ちひしがれてしまうと、もう別れるしかない、と思ってしまうのかもしれません。

例えばこのような悩ましい状態になれば、もう二人のことを、今の関係をつなげるものって「ない」と思いません?

そう、今この状態には「ない」のかもしれません。探しても見つからない、見当たらないと言いますかね。

だから、どうにも向き合えないようになって、トラブルやケンカばかりしてしまう、今目の前にいる相手のことを、まるっと愛するという覚悟を持つことって相当に難しいんです。

まぁ、できないこともないと思うのですけど、結構苦しいはずですよ。自分が相手のことを傷つけているんだから、その相手の傷を見るだけで罪悪感を感じますしね。

 

ただね。

二人をつなげるものって、今までのプロセスの中には「ある」場合が少なくないんです。

まぁ言ってしまえば、二人の過去にある、ということです。

逆に言えば、二人の過去にこれがないとしたら、関係は終わってしまうかもしれない、と僕は思いますし、むしろ、それが「ない」ことが決めていた未来が今なのかもしれない、と思うことがあるぐらいです。

では、その「二人をもう一度つなげるもの」って何なのでしょうか?

 

その答えは、また来週!

ではなくて、次の項目にまとめますm(_ _)m

 

二人をつなげるものはロマンス

たとえ二人が分かり会えなくなったとしても「続く関係」と「終わる関係」があるとしたら、それこそ「ロマンスの時代にどれだけ愛し合えていたか」ということ。

関係が始まったときに、相手のすべてが愛おしく思え、二人がどれだけイチャイチャ、ベタベタできていたか、ってことなんです。

いわゆる二人が出会ったとき、最長3年間続くと言われているロマンス期に、ちゃーんと楽しんでいましたか?って話なんです。

これが、今、向き合えなくなってしまった二人をつなげるものになることって少なくないんですよ。

人ってね、自分が心から愛したものや、自分の影響をちゃんと受け入れてくれた人のことは、どこかで大切にしたいと感じるものなんです。

特に、お互いが好きという感情を持ち、許し合い、相互理解を深め支え合っていた、という経験は、「こんなにも幸せでいいのだろうか」と思えるほどのロマンスをもたらします。

しかし、悲しいことのように思えるかもしれませんが、そのロマンスはずっと続くわけではありません。

多くの場合、お互いがお互いの価値観、愛の形、正しさを持ち、それをパートナーにぶつけます。要は自分のやりたいように愛し、やりたいように生きはじめるってことです。

 

また、いわゆるロマンス期には「お互いの違い」って魅力であり、愛したいと思える要素なんですよ。

「君ってそんなところがあるんだね、でも可愛い」

「あなたって私と違うところがある、でもそれがいい」

そんな風に思っているわけです。

しかし、その数年後。

パートナーとケンカしているときには、その魅力だった「お互いの違い」が「壮絶なバトルの理由」「批判の理由」になるんですなぁ。

「どうしてわからないの?」「何であなたはこうなのよ?」といった風にね。

ついつい相手の価値観、やり方を批判したくなり、自分の価値観に合わせてもらいたくなるんですよ。

あれだけ魅力だと思っていた部分が、今はただただムカつく理由になってしまうってことなんですなぁ。

だから、「私ってパートナー選びを間違えたのかしら?」と思いたくなるというか、覆水盆に返らず感が強くなると言いますかね。

実際カウンセリングでも「浅野さん、私、どうしてあの人を選んじゃったんでしょう?」というお声を伺うことも稀じゃないですよ。

もちろん僕もカウンセリングの中では「そーですよね、そう思いますよね」とお伝えすることも稀ではありません。

が、実は「今は愛せないと思うパートナーと私の【違い】を、受け容れ、愛していたのは私だった」って事実も存在したはずなのです。

だから、二人がロマンス期にどのような関係であったかが重要になってくるんですよ。

「私が相手に違いを愛してもらえた事実」と「相手が私の違いを愛した事実」がちゃんと存在したかどうかって意味で。

とはいえ、カウンセリングなどで実際にこのようなお話をすると、「そうかもしれませんけど、でも今はもう愛せないんです」とおっしゃる方もいますよ。

そんなお話をうががうと

「そう。そう思いますよね。」とお伝えしつつも

「でも、それが辛さの理由だって分かります?今、どのように向き合えばいいか分からなくなっている理由だって分かりますか?」

といった話をさせてもらうことがあるんです。

要は、かつて「相手と私の違いを愛していたのは私。受け容れていたのは私。」という事実があって。

しかし今は「相手と私の違いを愛せなくなったのは私。相手を拒絶しているのは私。」という現実になっている。

もちろん、自分なりに愛し尽くして、それでも相手に気持ちが伝わらなくて、強い無力感に打ちひしがれてしまい愛せなくなった自分がいる、という場合もありますしよ。

ただ、どんな事情があれ、「相手の違いを受け容れていない、愛していないのは自分だ」という状態が生まれれば、どうしたって罪悪感や無価値感を感じてしまうわけです。

それぐらい僕たちは「愛したい生き物」であって、相手の喜びになることで自分を肯定できる側面があるからです。

つまり、自分から愛することをやめ、相手を批判し、相手をコントロールしたくなっているならば、そんな自分にすばらしさを感じられなくなってしまうわけです。

それを「相手が私のことを理解しないからだ」と責めている状態が「分かり合えない」という状態なんでしょう。

しかし、そもそもそこまで「愛したい」という気持ちを持っている自分が、パートナーのことを責めているわけですから、そりゃ地獄のような感情を感じるに違いないですよね?

だから、この嫌な(相手を愛していない)自分を終わらせ、今感じる苦しい気持ちから逃れるために、「もう別れるしかない」と考える人も出てくるわけですね。

 

すなわち、ここには「もう愛せない」という気持ちがあるわけです。

そして、この「もう愛せない」という気持ちは自分自身の限界を示すのです。

このような自分の内面と向き合わず、「パートナーを愛さない」という選択をするということは、自分の限界を受け容れない限り「うまくいかなかったのは相手のせいだ」とか「自分が悪いからだ」といった罪悪感にとらわれてしまうし、結局自分か人を責めることになるので、次のパートナーシップに進んでも同じことが起きるかもね〜、なんてふうに僕は考えています。

 

がしかし。

今はそうであったとしても、実はかつての自分自身が「相手の違い」を魅力だと思い、受け容れ、愛していたこともあれば、相手も同じように愛してくれていた時期があったんです。

まぁ「そんなものは過去のこと」と言ってしまえばそれまでですが、大切なことは「ちゃんと愛せていた自分がいた」ということであり、許し合い、お互いに感謝しあえていた二人がいたという事実なんです。

だから、二人がロマンス期にどれだけ愛し合えていたかは、二人の間に問題が発生したときに「続く関係になるか」「終わる関係となるか」を決める一つの要素なってくる、と考えられるのです。

そもそも二人がお互いの違いを愛し合えずにいたとしたら、まぁ「やっぱり違っていたんだから、終わったほうがいいよね」と思うことになるでしょうしね。

それももし「価値観の相違」というなら、そもそも違いを愛し合うということができていなかったんじゃないか、ぐらい僕は思っちゃうこともありますね。

 

だから、犠牲や補償行為を続けると関係は長く続かないと言える

つまり、恋愛初期や結婚当初からどちらか一方が(共に)「楽しめない」「違いを愛し合えない」といった感覚を所有していると、なかなかパートナーシップは長く続かない傾向がある、といえます。

たとえば、犠牲や尽くしまくる恋愛、不満や要求の多い態度、分離した関係(なかなか会えない関係・自立が強いタイプ)といった状態を続けると、どうしても別れやすくなるのだろうな、と僕は思うのです。

もちろん「私は愛してもらえない」「私では相手は喜ばないだろう」という防衛的な発想、自分が傷つくかもしれないという恐れが強い状態も同じですね。

もちろん僕は「そんなこたーねぇよ」と言い続けている人間ですけど、なかなかね、僕の言葉を信じて失敗して傷つくなら嫌だ、といった怖れのほうが強いでしょうから、なかなか素直に「Yes!」と思えないかもしれませんけど(^^;

まぁどうあれ、今から恋愛を始める方にとっても、今の関係性に限界を感じていらっしゃる方にとっても、「恋愛初期で起きること」、つまりロマンスって大切なことになるってことなんですね。

パートナーとの今を楽しみ、違いを受け容れ愛することが、実は未来の「転ばぬ先の杖」となるかもしれませんよって話なんです。

逆に、パートナーのことを責めてしまうにも事情があるのですが、その事情を解決せずにいると、その「杖」はどっかにぶっ飛んじゃうってことになるとも言えそうですね。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...